こんなことないですか?
痛みがある→湿布を患部に貼る。
湿布は万能的なものではないので、痛みの原因によっては全く効果的でないことがあります。
湿布薬は炎症を鎮める効果があります。そのため痛み止めと同様、一時的に痛みを感じにくくする効果は期待できると思います。炎症を鎮める役割があるのですから、本当の適応は捻挫などで患部が腫れている場合、炎症がある場合になります。
では、生活習慣や職業柄の姿勢や作業からくる痛みの場合はどうでしょうか。
生活習慣や職業的なものの場合、湿布薬は一時的には痛みを鎮め楽に感じることはできると思いますが、根本的な解決にはなりません。
根本は姿勢や無理な体の使い方からきているのですから。
痛みは「体に何か変な事が起こっているサイン」とも捉えることができるので、むやみやたらに痛み止めや湿布薬を使用することはお勧めできません。かといって我慢の限界の場合は飲むことも一つの選択肢です。人それぞれで感じ方も異なるので、生活上痛み止めが必要な場合を基準と考えてもらえれば良いと思います。
話を戻しますが湿布には温湿布と冷湿布がありますね。温湿布は普段あまり目にする機会はないかもしれませんが。
温湿布、冷湿布の違いは何でしょうか。
どちらも効果は患部を冷やすことにあります。温湿布、冷湿布とも患部の熱下げるようにできています。
違いは暖かくて気持ち良いと感じるか、冷たくて気持ち良いと感じるかのみになります。
なるほど、どちらを選んでも良いということになりますね。
よく患者さんから「ここ(患部)熱っぽいんよ、こんな時はどうしたらいい?」と聞かれることがあります。そのような時は患部を冷やしたらいいことを伝えてあげてください。その時には湿布薬でも構わないですし、保冷剤のようなものにタオルを巻いて患部を冷やす方法をとってもらっても良いと思います。
今回の話のポイントとしては、湿布薬の効果的な使い方は、患部の炎症で熱がある時には湿布薬を使用するということです。生活習慣などが原因の痛みの場合はボディワーク等でしっかりと原因を取り去るようにしましょう。