介護が必要な状態になったときには、はじめに公的介護保険を使用することによりサービスを利用することができます。しかし、それだけでは介護が十分に受けられるとは限らず、また家庭事情などもその要因に含まれます。そのようなときの備えとして、民間介護保険サービスがあります。今回、公的介護保険と民間介護保険サービスについてまとめていきたいと思います。

公的介護保険と民間介護保険サービス!足りない分は民間保険を活用できる!

公的介護保険とは

公的介護保険とは、私たちが介護保険料を支払っていれば利用できるものです。

公的介護保険では、日常生活でどの程度の介護が必要かを予測される介護時間を元に「要支援」「要介護」として認定がなされます。

その認定された介護度に応じて、区分支給限度額の範囲内でサービスを利用したうちの1〜3割を負担金として支払います。

区分支給限度額を超える範囲でサービスを利用する場合には、利用者は全額自己負担となってしまいます。

 

【スポンサーリンク】

公的介護保険で日常生活の介護を全てまかなえるのか

公的介護保険は自己負担も少ないため、利用しやすい制度ですが、果たして公的介護保険のみで全ての介護をまかなえるのでしょうか?

例えば、要介護状態の高齢者が家族と同居しており、主な介護者が就業をしていないのであれば、公的介護保険の利用のみでも日常生活を送ることはできると思います。

しかし、主な介護者が就業している、要介護状態の者が独居であれば話は変わってくることが予想されます。

 

例えば、毎日デイサービスを利用して、夜間のトイレ介護もしてほしいというような場合、要介護度にもよりますが、区分支給限度額を超えない範囲でその希望を満たすことは難しいことが考えられます。

どこかで介護の空白期間ができてしまうのが仕方がないというのが、現在の公的介護保険の問題点でもあります。

民間介護保険とは

民間介護保険とは、公的介護保険ではまかないきれないサービスの利用料を補償してくれるものです。

あくまでその方に必要なサービスであった場合に補償されると考えてください。

民間介護保険を利用することで、前途した介護の空白時間が少なくなるなどのメリットがあります。

また、公的介護保険サービス以外のサービス(民間の調理サービスや通院介助(院内の付き添い含む)など)に対しても、補償される場合もあります。

 

民間介護保険サービスを利用するメリットは、要介護者のみではありません。

利用する家族は、手厚い介護を任せられることによって、休息時間を設けることもできます。

家族介護負担に関して、

親族を介護した結果, 介護者が情緒的,身体的健康,社会生活および経済状態 に関して被った被害の程度

Zarit介護負担尺度日本語版の短縮版(J-ZBI _8)の作成: その信頼性と妥当に 関する検討

とあります。

介護をするということは、いくら親族であってもやはり身体・心理的にストレスがかかるものです。

なお、認知症者においては、介護負担に感じるのは認知症の重症度ではなく問題行動がどの程度あるかということに関連しているとされています。

 

【スポンサーリンク】



公的保険、年金に民間保険、年金をいかに組み合わせるか

公的介護保険や年金のみでまかなえるような方は、自分の資産が多いような方であると思われます。

そのような方であれば、民間介護保険は必要ではないかもしれません。

一方、自分の資産が少ない方であれば、民間介護保険に入っておくことで、万一の備えになる可能性もあります。

このあたりは、個人の経済事情により異なってくることなので一概には言えないのですが、家族と話し合いの機会を持つことで、将来的なリスクに対する備えをする準備にもなると思われます。

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加