認知症者へのアプローチの一つとして、回想法があります。今回、回想法の概要と実施方法、注意点についてまとめていきたいと思います。

回想法の概要と実施方法、注意点!作業療法の視点から!

回想法の概要

回想法について、

回想法とは、昔の懐かしい写真や音楽、昔使っていた馴染み深い家庭用品などを見たり、触れたりしながら、昔の経験や思い出を語り合う一種の心理療法です。1960年代にアメリカの精神科医、ロバート・バトラー氏が提唱し、認知症の方へのアプロ―チとして注目されています。

https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/ninchishou/kaisou.html

とあります。

回想法では過去を振り返りますが、過去を振り返ることは、我々にとってごく日常的なことです。
普段から以前にあった楽しいことを振り返ることで安心したりできると思います。
このような事を通じて、認知症高齢者の心理的安定を図ることが目的となります。

回想法は主に2種類に分けられます。
①ライフレビュー:人生の整理や意味を探求、人格の統合を目指していきます。
②一般回想法:人生の折々の思い出を自然に思い出します。

集団で回想法を行うことで、皆で思い出を共有し、楽しんだり分かち合うことができます。
これにより、その人らしさが認められたり、見られ方、接せられ方、存在感に変化が出てくることにつながります。

回想法を行う意義としては、長期記憶を通じて、個人的な経験や思いを尊重することができることにあります。

回想法の効果

回想法の効果としては、以下のようなことが挙げられます。
・情動の安定、情動機能の回復
・意欲の向上
・発話回数の増加
・表情などの非言語的要素の表現の増加
・問題行動の軽減
・社会的交流の促進
・他者への関心の増大

回想法の実施方法

人数設定:
・個人回想法
・グループ回想法

事前準備:
 情報収集:あらかじめ、個人史を把握しておくと進行が行いやすくなります。
 *基本情報、エピソード、話しやすい話題、人との関係の取り方、コミュニケーションをとる上で必要になる援助など。
 参加者の設定:個人の目標や留意事項を確認しておきます。
 グループ構成:グループにおける目標を設定します。
 場所、時間、座席、テーマ、スタッフ構成・役割:
 評価方法:

プログラムの進め方:
 ①始まりの挨拶
 ②自己紹介
 ③回想
 ④茶話会
 ⑤終わりの挨拶

テーマの設定:
 はじめは時系列に沿ったテーマの方が導入はしやすくなります。
 これには例えば、
 ・自己紹介
 ・子供時代のこと
 ・遊び
 ・生まれ育った場所
 ・両親
 ・友達
 ・仕事
 ・初恋
 ・結婚
 などのテーマがあります。

 次に、時系列ではないテーマについても話してもらいます。
 これには例えば、
 ・自分の健康法
 ・若い世代に伝えたいこと
 など、比較的自由にテーマを設定していきます。

回想法実施における注意点

回想法を含め、どのようなアプローチにおいても、対象者は高齢者であり、対象者が中心となって話してもらうことが大切になります。
そのため、こちら側は待つ姿勢が重要になります。
待ちながら、話しやすいように誘導したり、ヒントを与えながら、コミュニケーションが円滑になるようにしていきます。

その際には、こちら側の先入観や価値観を押し付けずに、対象者の話を傾聴することが大切です。

対象者は昔の話を繰り返すことがよくありますが、それにはどのような意味があるのかもこちら側は考えていく必要があります。
対象者の中でその話をすることで他者に認めて欲しいのか、自分自身の中で整理ができていなくて不安になっているためなのかなどと推測ができるでしょう。

回想法で得られた情報は、日常生活の中のケアに活かせることがあります。
例えば、回想場面である話題では笑顔が見られた場合には、日常の中でもそのような話題は積極的に取り入れていくべきでしょう。