橈骨遠位端骨折の評価指標として、森谷・斎藤の評価法(MS-2010)があります。今回、森谷・斎藤の評価法(MS-2010)の概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきたいと思います。

森谷・斎藤の評価法の概要と評価方法、結果の解釈

ハンドセラピィについてもっと勉強したい方は

 

森谷・斎藤の評価法(MS-2010)の概要

森谷・斎藤の評価法(MS-2010)は、橈骨遠位端骨折の評価指標として開発されたものです。
自覚的評価(痛み、変形、ADLなどにおける障害)では主観的な意見が反映され、他覚的評価(変形、関節可動域、握力、関節症の変化、合併症)はセラピストによる評価を行い、総合的な評価を出していきます。

森谷・斎藤の評価法(MS-2010)では、術後約1年での評価を実施することが推奨されています。

そのため、術後から1年までの評価指標では、
・浮腫計測
・疼痛(VASなど)
・関節可動域
・筋力
・簡易上肢機能検査(STEF)
・DASH
などにより評価していきます。
DASHについては以下の記事を参照してください。
上肢障害評価票(日本語版DASH)の概要と評価方法、結果の解釈

 

【スポンサーリンク】

森谷・斎藤の評価法(MS-2010)の評価方法(評価項目)

自覚的評価

・痛み
・変形
・ADL・家事・職業・レクリエーションでの障害

他覚的評価

・選択変形
 尺骨バリアンス
 掌側傾斜角
 尺側傾斜角
 関節面の段差
・関節可動域
 手関節掌屈、背屈、橈屈、尺屈
 前腕回外、回内
・握力
・関節症性変化(骨棘形成、関節裂隙の狭小化など)
・合併症
 神経合併症
 手指拘縮
 腱断裂

 

森谷・斎藤の評価法(MS-2010)の結果の解釈

森谷・斎藤の評価法(MS-2010)では、各評価項目で減点される点数の合計点(総減点数)により、
・Excellent
・Good
・Fair
・Poor
に分けられます。

なお、手関節や前腕の関節可動域に関しては、

ADL遂行に必要な可動域は、回外50°程度、手関節掌屈20°程度が必要である。
臨床的には前腕回内外60°、手関節掌背屈30°程度の可動域獲得が最低目標となる。

リハビリテーション終了時の成績目標は、健側比で手関節可動域は80〜90%、前腕回旋可動域95%以上、握力は70%以上が妥当と考えられる。

臨床ハンドセラピイ

とあります。

 

【スポンサーリンク】

床上動作を行う上では、手関節背屈は80°〜90°必要になります。
リハビリテーションにおいて大切なことは、評価を通じて機能的に改善できる点はあるか、機能的に改善が難しければ環境調整(自助具、福祉用具の使用、人的支援の利用)を通じて動作遂行が可能になるかなどを考えていくことです。
 

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加