脊髄損傷者の移乗では、直角移乗、側方移乗など、対象車の状態により適した方法が選択されます。リハビリ訓練では、やみくもに移乗訓練を行うだけではなかなか上達にはつながらず、動作のコツを対象者に伝え、感じてもらうことが大切です。

脊髄損傷と移乗(側方移乗)のリハビリ訓練とポイント

文献

側方移乗とは

側方移乗は、ベッドに対して車椅子を真横につけておこなう方法です。
脊髄損傷者だけでなく、様々な方々がおこなう方法でもあります。
脊髄損傷者にとって側方移乗は、ベッドへの乗り移りだけではなく、車への乗り移りにも関わるため、獲得しておきたい動作になります。



リハビリ訓練で大切なこと

脊髄損傷では、損傷部位にもよりますが、多くの方が手足の麻痺や感覚障害を抱えています。
麻痺があると自分が思うように体が動かないために、動作練習においてもなかなか上達しないという焦りや歯がゆさを感じてしまいます。
そのため、セラピストは移乗動作に必要な動作のポイントを伝えるとともに、対象者に焦る必要がない(徐々に上達していく)ことをわかってもらう必要があります。

側方移乗のポイント(車椅子のアプローチ)

側方移乗では、ベッドに対しての車椅子の置く位置がポイントになります。
ベッドに対しては角度を斜め約30度とします。
乗り移る際に車椅子の前方に体重がかかり、後輪が浮くことを防ぐために、以下のことにも気をつけます。
バックして車椅子を斜めにつけることで、車椅子の前輪が進行方向と逆向きになり、車椅子の安定につながります。

【スポンサーリンク】



側方移乗のポイント(手の位置)

手の置く位置、置き方によって、移乗動作が格段に安定します。
まず、力源を生むためには、片方の手を車椅子の前方のパイプでしっかりと握ります。
そして、ベッドにつくては指をしっかり開き(支持面が広く安定する)、手首をしっかりとそらせて置きます。
手を置く距離ですが、自分のお尻分の幅を開けておくと、行いやすいことが多いです。
手首の損傷をさけるためにも、はじめは手首を反った(背屈)状態でおこなう方がベターです。

側方移乗のポイント(足の置きどころ)

移乗の際に、足はどうすればよいのかも、対象者の状態により異なります。
車椅子の足置きを上げて足を床につける方法がオーソドックスです。
ベッド側の足だけ足置きに乗せる場合、ベッドと車椅子の高さが異なる場合にメリットがあります。
両足を足置きに乗せる場合、足の痙性が高く、足が伸びる傾向にあるときに用いられます。
ただし、足を乗せたままの方法では、プッシュアップ動作が正確に行えないと車椅子が動いてしまい転倒のリスクが高まってしまいます。
移乗を行うとときに痙性により膝が伸びる、曲がるなどが見られる場合、転倒リスクが高まるため注意します。
移乗動作では靴を履いて行わないと、足の外傷を招く危険性があります。
足のかかとをベッドの方向に向けておくことで、お尻の回転がスムーズに行いやすくなります。足の回転が妨げられると、回転不足により動作が完了できません。

側方移乗のポイント(プッシュアップ)

移乗動作において一番大切なポイントになります。
動作前に体を前にずらしておくことで、アームレストに体がひっかっかることがなくなり、動作が行いやすくなります。
プッシュアップを行う際には、パイプを持つ側の肘の曲がりを強めすぎないようにします。
肘が曲がりすぎていると、肩甲骨下制が出にくくなり、また広背筋や大胸筋といった、体幹の前後から安定性に関与する筋肉が働きにくくなるためです。
体幹前屈は20〜30程度であれば許しますが、これ以上大きくなると危険になるため注意します。
体幹前屈の目安については、

肩峰から床に下ろした垂線が膝より前方に出ないことである。

脊髄損傷理学療法マニュアル

となっています。

【スポンサーリンク】



側方移乗のポイント(一度でだめなら二度行う)

側方移乗で、一度で殿部がベッドに乗らないのであれば動作を2度行うことで完了できるようにします。
この場合、殿部が車椅子のパイプに乗ってしまう恐れがあり、外傷などにつながりやすくなるため注意が必要です。
これを防ぐにはパイプ部分にタオルを巻いたりすることで防ぐことが多少は可能になります。

プッシュアップが不十分であればトランスファーボードを使用すると、殿部を滑らせながら移乗動作が行えるため、動作が完了しやすくなります。
トランスファーボードには、殿部に差し込んで使用するタイプと、アームレスト部分に金具で引っ掛けるタイプなど、様々なものがあります。
対象者と試行錯誤を繰り返しながら、最も安全で効率の良い動作方法を習得していく必要があります。