脳卒中片麻痺者においては、神経的な影響による筋力低下がみられることがあります。数ある運動の中でも、ブリッジ動作はベッド上で行えることから自主トレとしても最適なトレーニング方法です。今回、脳卒中片麻痺の下肢(股関節)のリハビリ・自主トレとして、ブリッジ動作についてまとめていきたいと思います。

脳卒中片麻痺の下肢(股関節)のリハビリ・自主トレ!ブリッジ動作で筋力を鍛える!

脳卒中片麻痺における運動療法を勉強したい方にオススメの書籍

 

目標を決めることが訓練の原動力に!

何も目標がなく、ただ言われた訓練を行っているだけでは面白くもなにもなく、ただしんどいことをやっているだけという感覚に陥ってしまいます。
リハビリテーションでは目標を定めるのですが、そのことにより訓練意欲が増し、より積極的に訓練に取り組むことが可能になります。
腕のリハビリにおいては、腕の動きが良くなったらどんなことをしたいのかを自分の中で考え、それに向けて訓練を組み立てていくことが大切です。
作業療法士・理学療法士とともに考えることで、お互いに目標を共有しながら、それに向かって進んでいくことができます。
リハビリスタッフにはなんでも相談してみてください!

脳卒中片麻痺と筋力低下

脳卒中が起こると、脳の神経細胞が損傷を受けます。
すると、脳から脊髄までの運動指令がうまく行き届かず、腕が動きにくいという現象が起きます。
運動指令が今までは100%だったものが、30%、50%というように伝達されにくくなってしまいます。
これにより、筋肉の収縮量が減少(筋出力の低下)してしまいます。
この状態を神経原性筋力低下といいます。

脳卒中と筋力低下については、以下の記事を参照してください。
脳卒中運動麻痺〜一次運動野と皮質脊髄路による捉え方の違い〜

脳卒中片麻痺者の筋力低下のエビデンス

筋力トレーニンングで痙縮は増大するのか

脳卒中片麻痺の筋力低下を克服するには

運動指令が低下し、筋肉の収縮量が減っている状態に対しては、しっかりと動かして筋肉の収縮量を上げていく必要があります。
(うろ覚えではありますが)ラットを使った実験では、一つの部位の運動機能の回復を促すには、1日200回以上動かす必要があるとの報告があったように思います。
私は患者さまには「1日1000回動かすつもりでいてください」と伝えており、そのため患者さまに「鬼みたいやな」とよく言われています。

筋力強化の原理原則

筋収縮量を向上させるには、抵抗をかけることにより、通常よりもより筋肉を収縮させることを行う必要があります。
筋力強化の原理原則では、1回で持ち上げられる最大の重さの60%程度の重さを10回1セットで3セット行うことで筋力強化が行えるとされています。
脳卒中片麻痺者の自主トレーニングでは、そこまで考えられるのは軽度者かと思いますが、それでも自主トレーニングの中で上記のように抵抗や重りを使用してのトレーニングは非常に重要だと考えています。
脳卒中片麻痺者では神経性の筋力低下が起きていることから、しっかりと動かして鍛えていくことが大切になります。

筋力トレーニングの原理原則については以下の記事を参照してください。
筋力強化の原理原則!負荷の設定、頻度、回数の考え方!

 

【スポンサーリンク】

下肢(股関節)のリハビリ、自主トレの方法と解説

今回紹介するブリッジ動作は、適応は中等度〜軽度の運動麻痺がある方と考えてください。

まずはブリッジ動作について紹介します。
「ブリッジ」と言われると、両手両足を使って体の背面を持ち上げる動きを想像する方が多いと思いますが、リハビリテーション対象者ではそのような動きはまずできないと思います。

リハビリテーションにおける「ブリッジ」=ヒップアップ(お尻上げ)というイメージになるかと思います。
動きとしては、下図のように両足の足底で地面を支持して、お尻から腰、背中にかけて空中に浮かせる動きになります。

このブリッジ運動により鍛えることができる筋肉は、
・大臀筋
・ハムストリングス
・脊柱起立筋などの背筋群
になります。
股関節を伸展させる筋肉の筋出力を向上させることが期待できるわけです。

ブリッジ運動における注意点としては、
①手での支持はできるだけ行わない
②支持している足はできるだけ真っ直ぐに保つ
③お尻を上げてから、ゆっくりと下ろす
ことです。

①の「手での支持はできるだけ行わない」理由としては、運動において主に下肢の力を使ってお尻を持ち上げたいので、腕で床を支えながら行うと腕+下肢の力によりお尻を持ち上げていることになります。
そのため、腕は胸の前で組むなどして、手や腕で床を支えないようにして行うことがポイントになります。

②の「支持している足はできるだけ真っ直ぐに保つ」理由としては、脳卒中片麻痺の方がこのブリッジ動作を行うと、麻痺側の支持している足でうまく支えられずに足全体が横に倒れそうになることが多く見られます。

そのため、麻痺側の足に意識を向け、支持している足をできるだけ真っ直ぐに保つことがポイントになります。
股関節周囲の筋の力が安定してくると、足は自然と真っ直ぐに保つことができるようになります。

③の「お尻を上げてから、ゆっくりと下ろす」理由としては、脳卒中片麻痺者の筋緊張との関係があります。
片麻痺の方のお尻の筋肉(主に大臀筋)を触ってみると、非麻痺側と比較してプニプニして張りがないような状態が多いと思います。
これは、大臀筋の筋緊張が低下することにより起こっていると考えられます。
筋緊張を高めるには、筋肉の性質である粘性に対してアプローチする必要があるのですが、それには筋肉の遠心性収縮がポイントになります。

床にお尻がついている状態からお尻を上げる時には、大臀筋やハムストリングスは求心性収縮が行われます。
遠心性収縮を促そうと思うと、ブレーキをかけるようにゆっくりとお尻を下ろすことが必要になるのです。
さらに、常に臀筋群から力が抜けないように、できるのであればゆっくりと下ろしたお尻を床につけずに、床ギリギリのところでとどめて、再度お尻を上げていく動作を行うことがよいと思われます。

筋の遠心性収縮と筋緊張の関係については、以下の記事を参照してください。
筋緊張のコントロールに関わる遠心性収縮とγ系!筋緊張を高めるアプローチ

 

ブリッジ動作をさらに深く考えたトレーニング

今までは、基本形のブリッジ動作について説明してきました。
ブリッジ動作は、足の関節の位置関係により発揮される筋活動に違いがあります。

まずは、股関節の角度からブリッジ動作と筋活動を考えていきます。

①股関節を屈曲伸展の中間位で行った場合
この肢位は、下の図ような肢位になります。

図をみるとわかるように、股関節を曲げず、ベッドより膝から下を垂らした状態で行うブリッジ運動です。
この場合のブリッジ運動では、大臀筋、ハムストリングス、脊柱起立筋のうち、大臀筋の筋活動が大きく高まります。
さらに大臀筋の筋活動を高めたい場合は、頭を上に上げながら行うと効果的です。

②股関節を屈曲位で行った場合
この肢位は、下の図のような肢位になります。

図をみるとわかるように、股関節を曲げて行うブリッジ運動になります。
この場合のブリッジ運動では、ハムストリングスと大内転筋が主な股関節伸展の力源となります。

このようなことから、大臀筋を優位にトレーニングしたい場合は股関節を伸ばしたままで実施し、ハムストリングを優位にトレーニングしたい場合は股関節を曲げてトレーニングすることがポイントになります。

次に、膝関節の屈曲角度からブリッジ動作を考えていきます。
①膝関節屈曲位で行った場合
膝関節を屈曲位で行うと主に大臀筋の筋活動が高まります。
これは、今まで説明してきた図にあるようなブリッジ運動になります。

②膝関節伸展位で行った場合
膝関節を伸展位で行うと、主にハムストリングスの筋活動が高まります。
これは、下図のような肢位をとりながら行います。

これまでに様々なブリッジ運動を紹介しましたが、健康な方であればどのような肢位においてもブリッジ運動が行えるので、脳卒中片麻痺の方においても、様々な肢位でトレーニングを行えるということは大切な要素だと考えています。

 

【スポンサーリンク】

片脚ブリッジは様々な効果が期待できる

ここまでは両足による支持でのブリッジ動作を紹介してきました。
次に紹介するのは、片脚でのブリッジ運動になります。
両足でのブリッジ動作では、主に股関節伸筋のトレーニングを行うことができました。

これが、片脚ブリッジになると、股関節伸展筋に加えて、中臀筋などの股関節外転筋のトレーニング効果も期待できます。
初めは下図のように、非麻痺側の足を麻痺側の足の上に組んで行うと行いやすいと思います。

レベルを上げるためには、麻痺側の足で支持しながらブリッジし、非麻痺側の足は空中に浮かせるようにコントロールします。

この方法では、麻痺側、非麻痺側の足を両方コントロールする必要があるため、難易度は確実に上がります。

ブリッジ運動は歩行につながるのか

歩行においては、大臀筋の求心性収縮が特に重要になります。
踵からつま先に体重が移動し、逆の足が振り出される時に、特に筋活動が高まります。

その大臀筋の筋活動を高めるという点では、ブリッジ運動も自主トレとしては安全に行えるトレーニングとしては大切だと思います。

ブリッジ運動について、

この活動を容易に行えるようになれば、歩行時に膝を過伸展してロックすることを防ぐことができるようになる。

ステップス・トゥ・フォロー 改訂第2版

とあります。

踵設置時に膝を安定させるのは大臀筋の筋活動が重要になるので、歩行時の膝の過伸展を防ぐという意味でも、ブリッジ運動は大切なのかもしれません。