せっかくトレーニングをしても、筋肉痛がひどかったり、疲労を感じやすい場合、タンパク質を賢く摂取することで予防できることがあります。今回、運動による筋肉痛や筋肉疲労の予防とタンパク質の関係について、まとめていきたいと思います。

運動による筋肉痛や筋肉疲労の予防とタンパク質の関係

イミダゾールジペプチドの役割

運動による筋肉痛や筋疲労に抗する物質として、イミダゾールジペプチドがあります。
イミダゾールジペプチドはβーアラニンとヒスチジンの2つのアミノ酸により構成されています。
イミダゾールジペプチドには2種類があります。
ひとつはアンセリン、もうひとつはカルノシンです。
人の体にあるのはカルノシンしかなく、筋肉中の含有量が多いほど寿命が長いとされています。
アンセリンは鶏やウサギに多く含まれています(カルノシンも含まれている)。

鶏肉由来のカルノシンとアンセリンを含む飲み物を1日1回飲み、30分後の運動量を測定した実験では、飲んでいない場合と比較するとパフォーマンスが向上したとの報告があります。
渡り鳥が長い距離を飛べるのは、イミダゾールペプチドが筋肉に豊富にあるためだとされています。

激しい(高強度)運動と筋肉の酸性化

激しい運動を行うと、筋肉中に乳酸が溜まり酸性に傾きます。
酸性に傾くと、骨格筋の収縮が行えなくなります。
筋収縮はカルシウムイオンが筋小胞体に出入りすることで起こりますが、酸性化するとカルシウムの出入りが阻害されてしまいます。
また、アクチントミオシンの並びが阻害されることもわかっています。

筋肉の酸性化と抗酸化・緩衝作用

イミダゾールジペプチドを摂取することで、疲労軽減予防、パフォーマンスが向上することがわかっています。また、トレーニングでは事前に摂取することで筋肉痛が抑えられるとの報告もあります。
イミダゾールジペプチドには抗酸化作用と緩衝作用があるとされています。

筋肉痛予防には抗酸化作用が関係しているとされています。
緩衝作用とは、人の体内環境をpHで中性に保たれるように働く仕組みがあり、これを緩衝作用と言います。

激しい運動を行うと、筋肉中に水素イオンが増加します。
水素イオン濃度が高くなるに伴い体は酸性に傾きます(pH低下)。
これは、トレーニングでいうともう運動が行えないような状態といえます。
運動中は筋肉内でカルノシンやアンセリンが緩衝に関わり、筋肉内の環境を中性に引き戻そうとします。
さらに、運動後には水素イオンを血液中に排出すると考えられています。
血液中では重炭酸イオンが水素イオンと結合して水と二酸化炭素に変わり、体外に排出されます。
激しい運動の前にはアンセリンやカルノシンの補給を行うことで、筋肉の疲労予防に効果的といえます。
スプリントトレーニングを行うことで、カルノシンは増えるという報告もあります。
アンセリンは、鶏肉やマグロ、カツオに豊富に含まれています。