寝違えると、首を動かそうとするととっても痛いですよね。あれはおそらく首、肩周りの筋肉が一時的にすごい緊張状態に陥ってしまうために起きてしまう現象だと思われます。そんな辛い寝違えを、自分でなんとかする方法があるので、紹介したいと思います。ポイントは僧帽筋上部線維と胸鎖乳突筋です。僧帽筋上部線維は首を左右に倒す動き、胸鎖乳突筋は首を左右に回す動きに関与しています。そのため、これらの筋肉を徐々に緩めていけば、寝違えが楽になる可能性が高くなります。

自分でできる寝違え解消法! 

 上部僧帽筋の復習

f:id:happyhealth:20160216190747j:plain

出典:ネッター解剖学アトラス原書第3版
首の付け根から肩の端(肩峰)についています。

 

緩め方

これをいきなり行うとかなり刺激的な痛みを伴う可能性があるので、徐々に緩めていく方法を紹介します。

右上部僧帽筋の場合(左に首を倒しにくい場合)
①左手で、上部僧帽筋上の皮膚をつまみます(肩の端から首の付け根まで順番に行います)。

f:id:happyhealth:20160308215606j:plain

②皮膚をつまんだまま、右の肩を回します(腕は上げなくて良いです)。また、肩を回す代わりに肩甲骨を背骨側に寄せるようにしても構いません(肩甲骨を背骨に寄せる=胸を張るような運動)。
f:id:happyhealth:20160308221206j:plain

一通り緩め終わったら、首を横に倒して痛みを確認します。痛ければ再び緩めていきます。

【スポンサーリンク】

 

胸鎖乳突筋の復習

f:id:happyhealth:20160306231909j:plain

出典:ネッター解剖学アトラス原書第3版

耳の後ろの骨(乳様突起)から鎖骨、胸骨にかけてついています。

緩め方

この場合も、首を回したり倒したりするのが痛くない範囲で徐々に行っていくとよいと思います。
さらに寝違えを楽にするには筆者の経験上、肩甲挙筋を緩めることで楽になる事を経験する事が多いです。

これも、いきなりすると痛い場合があります。

そんな時に徐々に緩める方法を紹介します。

右肩甲挙筋の場合(首を左に倒しにくい、回しにくい場合)
①右手の親指で、右の肩の付け根付近で、指を押し込むとくぼむ部分を探します。見つけたらくぼみに対し親指を押し込んでいきます。

  1. f:id:happyhealth:20160308221444j:plain

以上が、寝違えに対する対処法になります。あくまで無理しない程度の範囲から始め、徐々に徐々に範囲を拡大していくようにしてください。

【スポンサーリンク】

 

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加