CDR(Clinical Dementia Rating)は臨床的な認知症の重症度を評価することを目的としている評価方法です。今回、CDRの概要、使用方法と結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

CDR(Clinical Dementia Rating)の概要、使用方法と判定方法、結果の解釈

引用・参考文献

CDRの概要

CDRは臨床的な認知症の重症度を評価することを目的としています。
この評価方法では、対象者の協力が得られない場合でも、認知症にみられる臨床症状を把握、評価することで重症度の判定が可能になります。

認知症に対する評価スケールに関しては、以下の記事も参照してください。
認知症のADL評価:SCR-DEの概要と評価方法、結果の解釈
認知症者のADL評価:DADの概要と評価方法、結果の解釈
認知症のQOL評価:ARS、改変ARSの概要と評価方法、結果の解釈
認知症のQOL評価:おだやかスケールの概要と評価方法、結果の解釈
認知症のQOL評価:DHCの概要と評価方法、結果の解釈
認知症のQOL評価:生活健康スケールの概要と評価方法、結果の解釈
認知症のQOL評価:日本語版DQoL (DQoL-Japanese version)の概要と評価方法、結果の解釈
認知症者のQOL評価:QOL-Dの概要と評価方法、結果の解釈
認知症の行動障害評価:TBSの概要と評価方法、結果の解釈
認知症の評価:DASC-21の概要と評価方法、結果の解釈
認知症のADL評価:PSMSの概要と実施方法、結果の解釈
IADLを用いた認知症の日常生活行動評価の概要と使用方法
認知症行動観察評価:FAST(Functional Assessment Staging)の概要と結果の解釈
BPSDの評価:阿部式BPSDスコアの概要と評価方法、結果の解釈
BPSDの評価:CMAIの概要と評価方法、結果の解釈
DBD-13(Dementia Behavior Disturbance Scal短縮版)の概要と評価方法、結果の解釈
BEHAVE-ADの概要と評価方法、結果の解釈
DBDスケールの概要と使用方法、結果の解釈
NMスケールの概要と使用方法、結果の解釈
CDR(Clinical Dementia Rating)の概要、使用方法と判定方法、結果の解釈
N式老年者用日常生活活動動作能力評価(N-ADL)の概要と結果の解釈
N式精神機能検査の概要と採点方法、結果の解釈

 

CDRの使用方法

対象者本人への面接または対象者の日常生活を把握している家族もしくは介護者からのできる限り詳しい情報をもとに、6項目(記憶、見当識、判断力と問題解決、社会適応、家庭状況及び趣味、介護状況)それぞれについて5段階(健康、認知症の疑い、軽度認知症、中等度認知症、重度認知症)の重症度で評価します。
各項目はできるだけ独立して評価するようにします。
これらの総合から、健康(CDR0)、認知症の疑い(CDR0.5)、軽度認知症(CDR1)、中等度認知症(CDR2)、高度認知症(CDR3)に評定します。

【スポンサーリンク】

 

判定方法と結果の解釈

6つの項目が全て同じ評定レベルの場合、そのレベルでの判定(CDR0〜3)となります。
判定には記憶障害の程度を基準にしており、記憶障害以外の少なくとも3項目が記憶障害と同程度であれば、CDRは記憶障害の程度に相当します。
記憶以外の3項目以上が記憶障害のレベルよりも重症のレベルであれば、3つ以上の項目の障害レベルで示されるCDRとなり、記憶障害以外の3項目以上が記憶障害のレベルよりも軽度であれば、3つ以上の項目の障害レベルで示されるCDRとなります。
記憶以外の3つの項目が記憶障害レベルよりも軽度で、2項目が重度の場合、記憶障害のレベルでCDRを判定します。

記憶の障害レベルが0.5のとき、ほかの少なくとも3つの項目が1かそれ以上であれば(この場合には介護状況の項目は考慮しない)CDRは1となる。記憶障害のレベルが0.5であればCDRが0になることはない。0.5あるいは1のどちらかとなる。記憶障害のレベルが0であり、ほかの2つ以上の項目の障害レベルが1であればCDRは0.5となる。

高齢者のための知的機能検査の手引き P68


認知症の疑い(CDR0.5)では、軽度のうつ状態もしくはごく軽度のアルツハイマー型認知症と考えられる例が存在しますが、日常生活に支障をきたすほどではありません。6つの項目の合計得点(0〜18点)を算出することで、数量的な評価も可能となります。

【スポンサーリンク】

 

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加