ADLを観察する上で、動作遂行上のエラーからどのような神経行動学的機能障害が関連しているかを考えることが大切です。この際、機能障害のパターンを知っておくことで、仮説がより信頼できるものに近づきます。今回、中大脳動脈支配領域における神経行動学的異常(機能障害のパターン)について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

ADL観察に役立つ!脳血管支配(中大脳動脈の役割)と神経行動学的異常(機能障害のパターン)!

引用、参考文献

脳卒中と機能障害のパターンを知ることの重要性

脳卒中を引き起こす様々な動脈の障害は、種々の機能障害のパターンを引き起こします。
神経学的機能障害は、動脈のどの枝、どの大脳半球が影響を受けるかによって異なります。
ADLの観察から考えられる神経行動学的異常が、障害を受けた部位から引き起こされる機能障害のパターンと合っているかを考えることで、自分の仮説の裏付けをすることにつながります。
また、機能障害のパターンと異なる神経行動学的機能障害が考えられた場合は、過去の既往歴なども考慮することで、なぜそのようなことが起こっているかを考える一助とすることができます。

 

中大脳動脈(MCA)

脳は総頸動脈から分枝する左右の内頸動脈2本と、鎖骨下動脈から分枝する左右の椎骨動脈2本の、合計4本で栄養されている。

内頸動脈は主に前大脳動脈、中大脳動脈につながる。椎骨動脈は脳底動脈を経て後大脳動脈につながる。

前大脳動脈は大脳の内側を、中大脳動脈は外側表面を中心とした大脳半球の広範囲を、後大脳動脈は大脳の後部〜下内側面を灌流している。

 病気が見えるVol.7 脳・神経

中大脳動脈の上幹は前頭葉と側頭葉の外側面を栄養しています。
中大脳動脈の下幹は側頭葉と後頭葉の外側面を栄養しています。

脳血管支配と機能障害の関連などについては、以下の記事も参照してください。
ADL観察に役立つ!脳血管支配(前大脳動脈)と神経行動学的異常(機能障害のパターン)!
ADL観察に役立つ!脳血管支配(後大脳動脈)と神経行動学的異常(機能障害のパターン)!
ADL観察に役立つ!脳血管支配(内頸動脈)と神経行動学的異常(機能障害のパターン)!
ADL観察に役立つ!脳血管支配(脳底・椎骨動脈系)と神経行動学的異常(機能障害のパターン)!
内包の機能解剖-脳画像の見方と運動麻痺の予測-
脳の構造と機能:大脳基底核の働きと機能障害、部位の同定
リハに生かす脳画像の見方!側脳室体部が見えるレベルで注意すること!
小脳性運動失調のなぜ?症状が起こる原因とメカニズム
視床出血でなぜ運動失調が起きるのか!メカニズムと小脳との関係!
視床亜核の機能と脳領域の連絡、リハビリテーションへの応用
前頭前野(前頭連合野)の機能・役割とADLにおける観察ポイント
脳科学とリハビリテーション!脳の機能解離を理解すると、症状の把握につながる!
運動前野と補足運動野の役割!視覚誘導性運動と記憶誘導性運動!
上頭頂小葉と下頭頂小葉の役割の違い、画像での同定や損傷による症状
対象の認知とWhatの経路、Whereの経路との関係

脳画像と血管支配(中大脳動脈の役割)

f:id:happyhealth:20170912071238p:plain

f:id:happyhealth:20170912071320p:plain

f:id:happyhealth:20170912071345p:plain

f:id:happyhealth:20170912071417p:plain

【スポンサーリンク】

 

f:id:happyhealth:20170912071440p:plain

出典:中上 博之先生の脳画像資料より

中大脳動脈における機能障害のパターン

中大脳動脈上幹
 どちらの半球でも
  対側片麻痺(特に顔面、上肢)
  対側半側の感覚障害
  視野障害
  対側の共同注視低下
  観念性失行
  判断力低下
  保続
  場への依存
  行動の組織化の障害
  抑うつ
  不安定症
  感情麻痺、アパシー
 右半球障害
  左半側身体無視
  左半側視覚無視
  病態失認
  視空間障害
  左半側運動失行
 左半球障害
  両側運動失行
  ブローカ失語
  欲求不満

中大脳動脈下幹
 どちらの半球でも
  対側の視野欠損
  行動障害
 右半球障害
  視空間障害
  左半球障害
  ウェルニッケ失語症

中大脳動脈上幹、下幹の両方
 上幹、下幹の障害の両方に関連する機能障害

中大脳動脈領域では、レンズ核線条体動脈よりも近位での血管閉塞では運動麻痺は重度になる傾向が強くなります。
これは、内包上部〜放線冠にかけて皮質脊髄路が損傷されるためです。
レンズ核線条体動脈よりも遠位での血管閉塞では、皮質脊髄路の損傷は避けられるため、運動麻痺は軽度となる傾向にあります。

【スポンサーリンク】

 

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加