足こぎ車椅子「COGY」をご存知でしょうか。脳卒中やパーキンソン病、脊髄損傷などで筋力低下や関節拘縮があっても、残存能力を使い足こぎによる移動ができる車椅子です。最近、脊髄損傷の方が「COGY」を利用する機会がありました。驚きと感動もありましたが、もう少しここは改善されれば、など感じることがあったので、紹介していくことにします。

足こぎ車椅子「COGY」は、かなりの筋力トレーニングになるかもしれない

文献

岩下 篤司ら「ペダリング動作における体幹および股関節周囲筋の筋活動」理学療法学 Vol.31 Suppl. No.2 (第39回日本理学療法学術大会 抄録集)

足こぎ車椅子「COGY」とは

足こぎ車椅子「COGY」は、歩行が困難でも、左右どちらかの足の随意運動が少しでもあれば足こぎにより車椅子移動ができる可能性があります。

COGYは、脳卒中、パーキンソン病、脊髄損傷、脳性麻痺などにも適応可能です。
ただし、両足が完全に麻痺している、もしくは関節拘縮がある場合、不適応となります。

通常の車椅子は、手足の操作により車椅子を左右に回転させますが、COGYはハンドルがついており、ハンドル操作により左右への回転を行います。
足を前方にこぐと前進、足を後方にこぐとバックします。
ペダリングをやめると停止します。

後方にキャスターがついており、乗降時や走行時の転倒を防ぐ仕組みになっています。

COGYは、動く方の足でペダリングすることにより、脊髄の原始歩行中枢が活性化し、動かしにくい方の足に運動指令を出すことで、両足でペダリングができるようになると考えられています。

 

「COGY」の使用場面

 

【スポンサーリンク】

 

 脊髄損傷(第1腰髄レベル)の方に使用してもらいました。
本人からは掲載の許可をもらっています。
比較的平坦な屋外では問題なく使用可能でした。
MMTは2/5レベルです。

しかし、緩やかな坂道ではかなりの力が必要なようで、手でペダリングをアシストしながらなんとか登るといった感じでした。
一人での外出をイメージすると、大変な感じがします。

一人での使用を想定した場合、COGYへの移乗は行えるのですが、ペダルに足をセットし、ベルクロテープでとめるのがかなり大変です。
逆に、ペダルから足を外す際は簡単でした。
慣れれば楽に装着できるようになるのか、良い工夫や簡単に行える方法があるのか。
この意見はあくまで個人で全て行う場合を考えてのことで、介助者がいれば大丈夫です。

COGYを筋力トレーニングとして用いるには

COGYは平坦な道で使用すると、下肢筋にそれほど負荷がかかることはなく、心肺機能、筋持久力的な意味合いが強なると感じています。
坂道では運動強度が上がるため、瞬発的な力を発揮する必要があり、筋力増強に用いることも可能ではないかと感じました。
ペダリング動作では負荷量と回転数を上げると、体幹・股関節周囲筋の筋活動量は増加することから、筋力トレーニングとして用いることができるかもしれません。

【スポンサーリンク】

 

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加