今回、高位脊髄(頸髄)損傷とリハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 高位脊髄(頸髄)損傷とリハビリテーション

文献

高位脊髄(頸髄)損傷とは

高位頸髄損傷とは、C4頸髄損傷以上のことをいいます。
最重度ではC2〜4から出る横隔神経麻痺を伴い、上肢以下は完全麻痺となります。
症状として、
①運動障害
 上肢帯以下の完全麻痺〜角筋、上腕二頭筋のMMT3未満
②障害髄節以下の感覚障害
③膀胱直腸障害
④自律神経障害
⑤呼吸麻痺
があります。

 

呼吸筋麻痺とその対応

高位頸髄損傷では呼吸筋麻痺の状態は様々となります。
核上性麻痺(脳から脊髄の伝導路の障害による麻痺)や、核下性麻痺(脊髄の運動神経細胞とそれより抹消の障害による麻痺)があり、後者では、完全麻痺や不完全麻痺があります。

呼吸管理では気管切開をした上で、
・人工呼吸器の使用
・横隔膜ペーシング(横隔膜神経線維を電気により刺激し、横隔膜を収縮させる)と人工呼吸器の併用
・スピーチカニューレ挿入した上で自発呼吸を維持
・気管切開孔を閉鎖した上で自発呼吸維持
などの方法があります。

高位脊髄(頸髄)損傷と理学療法

呼吸訓練では、胸郭の拘縮予防、補助呼吸の指導(僧帽筋、胸鎖乳突筋を使用)を行います。

自律神経系の異常のため、座位耐久性が低い状態です。
直角に近い状態で座位が可能になるようにしていきます。
座位バランスはないため、体幹ベルトを使用し、はじめは腹圧を増すために腹帯も必要になります。

頸部の残存筋の筋力強化により、座位での頭部の運動がコントロールできるようにし、環境制御装置や電動車椅子操作の練習を行います。
車椅子の操作では、制御方法(頭部、顎、呼気、肩の動きなど)を学びます。

関節可動域を保つことは座位の安定や褥瘡予防、介護負担軽減につながります。

【スポンサーリンク】

 

高位脊髄(頸髄)損傷と作業療法

作業療法では、座位耐久性と頭頸部の制御力を高めながら、環境制御装置の操作方法を選択し、操作訓練も行います。

パソコンを利用する場合、入力方法(ヘッドランプの光線、呼気、トラックボール、顎など)を選択し、操作訓練を行います。

気管切開をし、気管切開孔から呼吸を行っている場合、発声が行えないためコミュニケーション手段の確率が必要です。
読唇術、文字盤の利用が考えられます。また、舌打ちを合図として利用できます。

C4では三角筋や上腕二頭筋の筋力が残存する場合があります。
その場合、スプリングバランサーによる机上操作訓練を行います。
C4の完全麻痺では適応外です。

高位脊髄(頸髄)損傷と言語療法

気管切開や人工呼吸器を使用する場合、言語療法が必要になります。

気管切開を行い、自発呼吸がある場合、肺活量を高めたり、発声のタイミングを知ることが必要になります。

人工呼吸器を使用する場合、発声を長らくしていないことから、声帯の動きを確かめ、発声練習を行う必要があります。

【スポンサーリンク】

 

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加