認知症の周辺症状(BPSD)の評価にCohen-Mansfield Agitation Inventry(CMAI)があります。今回、CMAIの概要と評価方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

CMAIの概要と評価方法、結果の解釈

参考

https://www.neurology-jp.org/guidelinem/degl/sinkei_degl_c_2012_03.pdf

http://www.ncgg.go.jp/hospital/iryokankei/documents/DST2016.pdf

 

CMAIの概要

Cohen-Mansfield Agitation Inventry(CMAI)は、Cohen- Mansfieldらによって開発された、介護者による評価方法です。
CMAIでは、攻撃的行動が11項目、非攻撃的行動が11項目の計22項目から構成されています(国立長寿医療研究センターの認知症・せん妄サポートチームマニュアルの資料では22項目から構成されていました)。
一定期間内の具体的な行動障害の出現頻度を7件法により介護者が評価を行います。
具体的な症状を評価できるため、実施しやすいことが特徴です。
Behave-ADの2つの下位尺度の代替として使用可能だとされています。

【スポンサーリンク】

 

CMAIの評価方法

1点:なし
2点:1週間に1回未満
3点:1週間に1ないし2回
4点:1週間に数回以上
5点:1日に1ないし2回
6点:1日に数回以上
7点:1時間に数回以上

攻撃的行動
つばを吐く
悪態をつく・攻撃的発言
たたく(自分をたたく場合も含む)
ける 
人や物につかみかかる 
押す 
奇声を発する 
叫ぶ
噛み付く
ひっかく
ものを引き裂く・壊す

非攻撃的行動
あてもなくウロウロする
不適切な着衣・脱衣
常に不当に注意を引いたり、助けを求める
同じ言葉を繰り返す・ひっきりなしに 質問する 
別な場所へ行こうとする 
不平不満を言う 
反抗的言動 
物を不適切に取り扱う 
物を隠す 
何度も同じ行為を繰り返す 
落ち着きのなさ

【スポンサーリンク】

 

CMAIの評価方法の結果の解釈

攻撃的行動の得点合計は11〜77点、非攻撃的行動の合計は11〜77点で、総合では22〜154点の範囲となります。
得点が高い方がBPSDが高頻度で現れていることを意味しています。
CMAIの評価結果は、リハビリテーション介入の効果検証や、対象者のBPSDの経時的な変化を見ていくことに役立ちます。

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加