「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • ニューロリハビリテーション

ニューロリハビリテーション

脳卒中片麻痺に対する感覚訓練の考え方

脳卒中片麻痺者の運動麻痺を改善するにあたり、ニューロリハビリテーションの考え方では感覚情報の処理を行えることが重要になります。今回、脳卒中片麻痺に対する感覚訓練の考え方についてまとめていきたいと思います。 脳卒中片麻痺に …

運動持続のメカニズムと筋紡錘、α-γ連関の役割!リハビリへの応用!

脳卒中片麻痺者において、関節運動が持続しにくいということを経験することが多いと思います。運動が持続するには、α-γ連関という機構の働きが重要になります。今回、運動持続のメカニズムと筋紡錘、&alp …

JMIQ-Rの概要と評価方法、結果の解釈

運動イメージの評価方法のひとつに、JMIQ-R(Movement Imagery Questionnaire-Revised Japanese Version) があります。今回、JMIQ-Rの概要と評価方法、結果の解釈 …

小脳の損傷と筋緊張低下のメカニズム-前庭脊髄路との関係-

教科書や専門書を見ると、小脳障害では筋緊張の低下が起こるということが書かれています。では、小脳が損傷されるとなぜ筋緊張低下が起こるのでしょうか。今回、小脳損傷と筋緊張低下のメカニズムについてまとめていきたいと思います。 …

大脳基底核の損傷とADL障害!「ブレーキ管理ができない」にどう対応するか?

大脳基底核が損傷を受けると、運動学習がうまく進まないことがあります。その結果、車椅子⇄ベッドでの移乗時に、「ブレーキが止められない」ということが起こることがあります。今回、大脳基底核の損傷とADL障害、その対応についてま …

身体イメージ、身体図式の違いは?概念と評価方法、リハビリテーションへの応用

リハビリテーションにおける身体図式、身体イメージ、運動イメージなどの概念と評価、リハビリテーションへの応用についてまとめていくことにします。 身体イメージ、身体図式の違いは?概念と評価方法、リハビリテーションへの応用 用 …

内包の機能解剖-脳画像の見方と運動麻痺の予測-

リハビリテーションを進めるにあたって、内包は重要な部位です。内包は皮質脊髄路の通り道であり、内包を損傷することにより様々な症状を呈するためです。内包と言っても、内包の前脚・膝・後脚では役割が異なるため、脳画像を見て、どの …

アクティブタッチの神経機構とニューロリハビリテーションへの利用

脳卒中片麻痺においては、運動機能の回復を促すためにアクティブタッチが重要だと言われています。今回、アクティブタッチの神経機構とニューロリハビリテーションへの利用について、まとめていきます。 アクティブタッチの神経機構とニ …

ニューロリハビリテーションと両手動作-半球間抑制の視点から-

脳卒中片麻痺者のリハビリテーションでは、両手動作が大切だと言われています。その理由がなぜだでしょうか。今回、両手動作訓練を、脳科学の視点から考えていきます。 ニューロリハビリテーションと両手動作-半球間抑制の視点から- …

ニューロリハビリテーションと情動-不快刺激は入れてはダメ-

ニューロリハビリテーションでは、不快刺激を入れてはいけないとされています。今回、ニューロリハビリテーションと情動について、まとめていきたいと思います。 ニューロリハビリテーションと情動-不快刺激は入れてはダメ- 参考 ニ …

1 2 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.