「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
・・・ ・・・

Blog

トイレでのズボン着脱動作に向けたリハビリテーションアプローチ

新人教育用に、トイレ動作でのズボン着脱動作に向けたリハビリテーションアプローチについての資料を作成しました。

リハが知るべき大腿骨頚部骨折の骨接合術(CCS (CCHS)、ハンソンピン)の特徴と違い!

大腿骨頚部骨折においてはCCS (CCHS)、ハンソンピンが選択されますが、その違いは理解できているでしょうか。今回、リハが知るべき大腿骨頚部骨折の骨接合術(CCS (CCHS)、ハンソンピン)の特徴と違いについてまとめ …

リハビリテーション管理運営!医療機関でリハ科の収益性を確保するための視点!

リハビリテーション科の管理運営として大切なことは、従業員の労働環境を守りながらも、いかにして収益性を確保していくかということです。今回、医療機関でリハ科の収益性を確保するための視点についてまとめて行きたいと思います。

回復期リハ病棟における実績指数とは(計算式,除外基準,計算方法,求め方など)

回復期リハビリテーション病棟では、その効果を知るための指標として「実績指数」が用いられています。今回、リハビリ管理運営として、回復期リハ病棟における実勢指数についてまとめていきたいと思います。

リハが知るべき大腿骨転子部骨折の手術(CHS(SHS)、γ-nail(SFN))の特徴と違い!

大腿骨転子部骨折においてはCHS(SHS)、γ-nail(SFN)などが選択されますが、その違いは理解できているでしょうか。今回、リハが知るべき大腿骨転子部骨折の手術(CHS(SHS)、γ-nail(SFN))の特徴と違 …

リハのための股関節のレントゲン画像における骨や筋の各部位と作用について

股関節疾患では、術前や術後のレントゲン画像を確認することで、リスク管理や予後予測に役立てることができます。今回、リハのための股関節のレントゲン画像における骨や筋の各部位と作用についてまとめていきたいと思います。

大腿骨近位部骨折に対する術後画像所見(レントゲン、CT)読影のチェックポイント

大腿骨近位部骨折術後では、術後レントゲンから様々な情報を読み解くことが可能です。今回、大腿骨近位部骨折に対する術後画像所見(レントゲン、CT)読影のチェックポイントについてまとめていきたいと思います。

リハビリテーション職種の結婚事情!結婚後の生活費は賄えるのか?

リハビリテーション職種の方、もしくはリハビリテーション職種と結婚しようと思う方。リハビリテーション職種の結婚事情について、お金の面を中心にしてまとめていきたいと思います。

中堅作業療法士の年収は?本業収入や副業収入の実態を公開!

作業療法士などのリハビリテーション専門職に将来性はあるのかどうか。特に給与面が気になる方は多いと思います。今回、中堅作業療法士の年収について、本業収入や副業収入も含めて考えていきたいと思います。

股関節内旋の制限因子を推察する方法!筋肉や軟部組織を中心に!

股関節内旋の制限因子にはどのようなものがあるでしょうか。今回、股関節内旋の制限因子を推察する方法を、筋肉や軟部組織を中心にまとめていきたいと思います。

股関節外旋の制限因子を推察する方法!筋肉や軟部組織を中心に!

股関節外旋の制限因子にはどのようなものがあるでしょうか。今回、股関節外旋の制限因子を推察する方法を、筋肉や軟部組織を中心にまとめていきたいと思います。

股関節内転の制限因子を推察する方法!筋肉や軟部組織を中心に!

股関節内転の制限因子にはどのようなものがあるでしょうか。今回、股関節内転の制限因子を推察する方法を、筋肉や軟部組織を中心にまとめていきたいと思います。

股関節伸展の制限因子を推察する方法!筋肉や軟部組織を中心に!

股関節伸展の制限因子にはどのようなものがあるでしょうか。今回、股関節伸展の制限因子を推察する方法を、筋肉や軟部組織を中心にまとめていきたいと思います。

股関節外転の制限因子を推察する方法!筋肉や軟部組織を中心に!

股関節外転の制限因子にはどのようなものがあるでしょうか。今回、股関節外転の制限因子を推察する方法を、筋肉や軟部組織を中心にまとめていきたいと思います。

股関節屈曲の制限因子を推察する方法!筋肉や軟部組織を中心に!

股関節屈曲の制限因子にはどのようなものがあるでしょうか。今回、股関節屈曲の制限因子を推察する方法を、筋肉や軟部組織を中心にまとめていきたいと思います。

トレンデンブルグ・デュシャンヌ歩行の原因となる外転筋力と股関節内転可動域の関係性

股関節疾患の歩行においてよく確認されるのが、トレンデンブルグ歩行やデュシャンヌ歩行です。基本的には、どちらも股関節外転筋の機能低下が影響しますが、股関節内転筋も影響するとされています。今回、トレンデンブルグ・デュシャンヌ …

股関節障害とリハビリ!日常生活に必要な股関節可動域はどのくらい必要か?

股関節の可動域制限を有していると、日常生活上に支障が生じることが多くあります。リハビリテーションでは、日常生活に必要な股関節可動域を訓練で獲得したり、獲得できない場合には代償手段を探していくようにアプローチを行います。今 …

リハに役立つ、心房頻拍(AT)のモニター心電図の見方!

心房頻拍は、心房での異常興奮が生じ、心房が頻回に興奮している状態です。今回、リハに役立つ、心房頻拍(AT)のモニター心電図の見方についてまとめていきたいと思います。

リハに役立つ、上室期外収縮(非伝導性心房期外収縮)のモニター心電図の見方!

上室期外収縮(SVPC)は、心室よりも上にある部分の刺激伝導系の以上興奮が生じている状態です。その中でも、非伝導性心房期外収縮があります。今回、リハに役立つ、上室期外収縮(非伝導性心房期外収縮)のモニター心電図の見方につ …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

管理人は年収40万UP、年間休日30日増!転職には専門サイト利用がオススメ!*経験、職種、地域、領域などにより異なります

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.