「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます

Blog

脳卒中片麻痺者の回復を促すリハビリ・自主トレ!両手動作の練習が絶対に大事!

脳卒中のリハビリでは、運動麻痺により動かしにくくなった上肢(腕)や手指のリハビリを行いますが、その時に両手を用いての訓練を意識しているでしょうか。もちろん片方の手足が動かしにくくなっているため、麻痺側の手足を訓練するのは …

小脳性運動失調のなぜ?症状が起こるメカニズム

小脳性運動失調と聞くと、「揺れる」イメージが多いのではないかと思います。しかし、定義から見ていくと、「揺れる」ことだけではないことがわかります。症状が起こるメカニズムを知ると、評価の視点を得ることができ、正しい評価が行え …

コアトレと重度運動失調におけるリハビリテーションの可能性

コアスタビリティートレーニングは、リハビリの現場だけでなく、スポーツ分野、今や一般の方々もメディアを通して知っている人が多いと思います。今回、文献レビューを通して、重度運動失調者とコアスタビリティトレーニングの関係性を考 …

視床出血でなぜ運動失調が起きるのか!メカニズムと小脳との関係!

視床出血ではなぜ運動失調が起きるのでしょうか?対象者の方が失調様の症状を呈しているときに、それが運動失調による物なのか、運動麻痺によるものなのかについての考えることができると、アプローチも最適なものが選択できます。 視床 …

脳卒中片麻痺者の箸操作獲得に必要な要素とリハビリ法(自主トレ含む)

脳卒中片麻痺者では、運動麻痺により手の機能が悪くなり、細かな動きが行いにくくなります(巧緻性低下)。箸操作は、指の細かな動きだけでなく、肩関節、肘関節、手関節など全ての関節が協調的に働くことで達成されるものです。今回、脳 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.