「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
・・・ ・・・

Blog

運動失調(協調運動障害)における運動開始・停止遅延と反復拮坑運動障害における治療の考え方

運動失調は協調性運動の傷害ですが、今回は運動開始・停止遅延と反復拮坑運動障害における治療の考え方についてまとめていきたいと思います。

小脳における運動の調節と運動学習はどのように行われるか?

小脳は、運動調節や運動学習に関わりますが、実際にはどのような経路を経て、どのような情報のやり取りが行われているのでしょうか。今回、小脳における運動の調節と運動学習はどのように行われるかについてまとめていきたいと思います。

小脳の機能解剖と脳画像の読み方!失調症状はなぜ起こるのか!

小脳が損傷を受けると、失調症状が生じます。しかし、失調症状は小脳の問題だけではなく、他の部位の損傷によっても生じることがあります。今回、小脳の機能解剖と脳画像の読み方や失調症状はなぜ起こるのかについてまとめていきたいと思 …

下腿三頭筋の筋力低下や伸張性低下(短縮)が動作や疼痛に与える影響!

下腿三頭筋は、歩行や立ち上がり動作において重要な役割を担っており、その筋力や伸張性の低下(短縮)は、動作レベルを低下させたり、疼痛につながってしまうことが考えられます。今回、下腿三頭筋の筋力低下や伸張性低下(短縮)が動作 …

股関節と膝関節!膝関節内反と股関節外側の疼痛の関係性!

股関節と膝関節にはつながりがあり、股関節外側の痛みが膝関節由来のこともあります。今回、膝関節内反不安定性と股関節外側の疼痛の関係性についてまとめていきたいと思います。

股関節の動的安定性に関与する小殿筋の概要と評価、リハビリ方法!

股関節の安定性には、静的な安定化機構と動的な安定化機構が存在します。今回、股関節の動的安定性に関与するものとして、小殿筋の概要と評価、リハビリ方法ついてまとめていきたいと思います。

股関節の動的安定性に関与する腸腰筋の概要と評価、リハビリ方法!

股関節の安定性には、静的な安定化機構と動的な安定化機構が存在します。今回、股関節の動的安定性に関与するものとして、腸腰筋の概要と評価、リハビリ方法ついてまとめていきたいと思います。

股関節と痛み、バランスや歩行との関係性!殿筋に対する評価とアプローチ方法!

股関節において、殿筋の機能低下は痛みやバランス低下、歩行能力の低下につながります。今回、殿筋に対する評価とアプローチ方法についてまとめていきたいと思います。

股関節の動的安定性に関与する深層外旋6筋の概要と評価、リハビリ方法!

股関節の安定性には、静的な安定化機構と動的な安定化機構が存在します。今回、股関節の動的安定性に関与するものとして、深層外旋6筋の概要と評価、リハビリ方法ついてまとめていきたいと思います。

純粋失書はなぜ生じるのか?メカニズムを解説!

文字を書く能力だけに低下が生じるものを、純粋失書と呼びます、今回、純粋失書はなぜ生じるのか、そのメカニズムについてまとめていきたいと思います。

純粋失読はなぜ生じるのか?メカニズムを解説!

文字を読む能力だけに低下が生じるものを、純粋失読と呼びます、今回、純粋失読はなぜ生じるのか、そのメカニズムについてまとめていきたいと思います。

右半球損傷と認知コミュニケーション障害

今回、右半球損傷と認知コミュニケーション障害について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

超皮質性感覚失語症の特徴とコミュニケーション促進の関わり方

今回、超皮質性感覚失語症の特徴とコミュニケーション促進のための関わり方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

発語失行(失構音)の特徴とコミュニケーション促進のための関わり方

今回、発語失行(失構音)の特徴とコミュニケーション促進のための関わり方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

超皮質性運動失語症の特徴とコミュニケーション促進のための関わり方

今回、超皮質性運動失語症の特徴とコミュニケーション促進のための関わり方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

ウェルニッケ失語症の特徴と症状、コミュニケーション改善のための関わり方

今回、ウェルニッケ失語症の特徴と症状、コミュニケーション改善のための関わり方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

伝導失語症の特徴、症状とコミュニケーション改善のための関わり方

今回、伝導失語症の特徴、症状とコミュニケーション改善のための関わり方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

認知症発症の可能性を評価できる!兵庫県版認知症チェックシート(認知症リスク評価スコアつき)の紹介

認知症は進行性の病気ですが、その進行を遅らせるためには、早期発見早期治療が大原則になります。今回、認知症発症の可能性を評価できる、兵庫県版認知症チェックシート(認知症リスク評価スコアつき)を紹介していきたいと思います。

高次脳機能障害で動作の順序の間違いやペースに問題がある場合のリハビリテーション

高次脳機能障害の中で、動作の順序を間違えたり、ペースが速すぎて質的に問題がある(ペーシング)ような対象者に対するリハビリテーションの考え方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

空間関係(前後左右、図と地の判別など)の障害がある場合のリハビリテーション

高次脳機能障害の中に、空間関係の障害があります。今回、空間関係の障害のリハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

管理人は年収40万UP、年間休日30日増!転職には専門サイト利用がオススメ!*経験、職種、地域、領域などにより異なります

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.