病院で働くセラピストは、特に回復期勤務であれば、今後の生活に向けての介護保険利用に際し、担当患者さんにアドバイスを行うこともあると思います。今回、介護保険の利用者負担の知識についてまとめていきたいと思います。

セラピストが知っておきたい介護保険!利用者負担は1割?2割?3割?

ケアマネージャー資格取得のススメ!

私はケアマネージャーの資格を2017年に取得しましたが、普段の臨床場面で介護保険に対する知識の少なさを補おうとしたことがきっかけでした。

ケアマネージャーの資格取得に励むと、介護保険の知識は自然と身についていきます。

もちろん、知識は使わなければ忘れてしまいますから、復習することは大切になりますが。

年々ケアマネージャーの合格率は減少傾向にありますが、自分のスキルアップも行えるので、是非資格取得をお勧めします。

介護保険と利用者負担

介護保険では、様々なサービスがありますが、その種類には影響されず、定率の費用がかかります。

その費用は、サービス費用の1割負担が基本となっています。

しかし、ある一定以上の所得がある方は、サービス費用の2割負担となります。

そして、2018年8月からは、3割負担になる方もいます。

 

【スポンサーリンク】

2割または3割負担になるのはどのような方か

サービス費用の2割負担になる方のポイントとして、

・第1号被保険者のみ適用
・前年度の所得に準ずる
・決められた以上の所得がある方にのみ適用

が挙げられます。

まず1番目の、「第1号被保険者」から説明していきます。

第1号被保険者とは、簡単に言うと”65歳以上の方”が対象になります。

また、第2号被保険者とは、”40歳以上65歳未満の方”が対象になります。

上記のポイントから、利用者負担が2割になる可能性があるのは、65歳以上の方が対象になるということになります。

なお、第2号被保険者の方は、年齢が65歳を超えると、第1号被保険者となるので、その次の月から利用者負担が2割になる可能性があります。

 

2番目の「前年度の所得に準ずる」を説明します。

セラピストとしては、前年度所得の具体的な額までを知っておく必要はないと思います。

もし対象者の方に介護保険の説明をする際には、「前の歳の所得に応じて1〜3割に利用者負担がある」「詳しくは、担当になるケアマネージャーに確認する必要がある」ということを伝えておくべきでしょう。

この辺りの額面上の事については、以下の記事がわかりやすいので参照してもらいたいと思います。
https://news.yahoo.co.jp/byline/miyashitakumiko/20180622-00086702/

 

3番目の、「決められた以上の所得がある方にのみ適用」ということですが、

これは、同じ世帯で例えば2人介護保険を利用する方がいるとします。

一人の方が基準以上の所得である場合には、2割または3割負担になります。

もう一人の方が基準以上の所得でなければ、その方に関しては1割負担になります。

そのため、世帯全員に適用されるというわけではないということになります。

 

【スポンサーリンク】

介護保険やケアマネージャー資格取得のお勧め勉強法は

介護保険に詳しくなろうと思うのであれば、一番の早道はケアマネージャーの資格取得の勉強をすることです。

私の場合、晶文社の「ケアマネージャー基本問題集」のみで勉強していました。

この書籍では、上段に一つのテーマに関する問題がいくつか提示され、下段に問題の答えと解説が載っています。

問題の答えを覚えるのではなく、問題のどこが間違っていて、正しくはどうなのか、またそれに関連する事項を整理しながら覚えることが可能です。

それを繰り返し学習していくことで、1回目より2回目、、、5回目というように回数を重ねるごとに理解度が向上し、記憶も定着していっていることが実感できます。

 

 

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加