就労移行や職場復帰においては、リハビリテーション専門職は対象者の機能面や能力がどの程度あるのかを把握しておくことが求められます。評価結果をもとに、職場における働き方の工夫や環境設定などを検討することができるためです。今回、就労支援における神経心理学的検査はどのようなものが選択されるのかについてまとめていきたいと思います。

就労支援における神経心理学的検査はどのようなものが選択されるのか

就労にはどのような能力が必要か

就労支援において、対象者には以下のような能力が必要とされます。

なお、ここでは主に作業遂行のための能力を紹介します。

・知的機能
・記憶機能
・注意機能
・遂行機能
・情動、行動機能
・言語機能
・視空間機能
・認知的スキル
・基礎学力
・職業的側面
・心理的側面
・健康的側面

就労支援の評価で選択される神経心理学的検査など

知能検査

WAIS-Ⅲ:

16〜89歳に適応。

言語性IQ(VIQ)、動作性IQ(PIQ)、全検査IQ(FIQ)の3つのIQが測定可能。

「言語理解(VC)」、「知覚統合(PO)」、「作動記憶(WM)」、「処理速度(PS)」の4つの群指数も測定可能。

記憶検査

WMS-R:

言語課題と図形課題の計13の下位検査から構成。

「一般的記憶」「注意/集中力」、「言語性記憶」と「視覚性記憶」「遅延再生」指標を得ることが可能。

リバーミード行動記憶検査:

日常生活に似ている状況を課題として設定し、記憶を使う場面を想定して検査が可能。

注意機能検査

CAT:

総合的な注意機能検査。

標準プロフィールとの比較が可能で、各年齢におけるカットオフが設定されている。

Trail Making テスト:

注意機能や遂行機能を評価できるテスト。

Trail Making テストに関しては以下の記事を参照してください。
Trail Making Test(TMT)の理解と正しい実施方法、解釈に向けて

かな拾い(浜松式高次脳検査より):

指定されたかな文字にチェックを入れていくテスト。

遂行機能検査

BADS:

目標の設定、プランニング、計画の実行、効果的な行動という遂行機能の要素について検査可能。

本人用と家族用の遂行機能障害のための質問票もある。

標準値との比較が可能。

BADSに関しては以下の記事を参照してください。
BADS(遂行機能障害症候群の行動評価法)の概要と結果の解釈

情動、行動検査

CAS:

面接や質問紙、日常生活の観察などをもとに意欲の状態を評価する。

CASに関しては以下の記事を参照してください。
意欲の評価:CASの概要と評価、結果の解釈について

ギャンブリング課題:

前頭前野腹内側部損傷を呈している方の行動障害を直接的に捉えるための神経心理学的検査。

ギャンブリング課題に関しては以下の記事を参照してください。
ギャンブリング課題の概要と評価方法、結果の解釈

失語症検査

SLTA-ST:

軽度の失語症の症状把握やDeep Test(掘り下げテスト)を行う。

結果によりコミュニケーションに有効な手段を検討する際の資料となる。

SLTA:

「聴く」「話す」「読む」「書く」「計算」を26項目にわたり評価する。

視空間検査

BIT:

半側空間無視の検査。

通常検査(机上検査)と行動検査(より日常生活上の課題に近い)がある。

BITに関しては以下の記事を参照してください。
BIT行動性無視検査日本版(BIT)の検査項目の特徴と結果の捉え方

CST(認知スキル課題)

様々なものがあり、例えば旅行計画立案、数字拾い、百マス計算、間ちがい探し(文書、図柄)、全文写し、ハノイの塔など。

職業的側面

ビジネスマナー:

職業レディネステスト:

「職業興味」、「基礎的志向性」、「職務遂行の自信度」を測定することが可能。

基礎学力

読解力、計算能力、漢字の書き取りなど。

心理的側面

Y-G性格検査:

行動特性 (内向的か外交的か) 、情緒の安定、人間関係に関する特性、仕事に対しての取組姿勢、リーダー資質、集団や社会的な場面での適応性、知覚の特性がわかる。

東大式エゴグラム:

性格特徴や行動パターンを把握できる。

健康的側面

CMI健康調査票:

身体的・精神的自覚症状を把握できる質問紙。

神経心理学的検査を通じて得られるもの

神経心理学的検査を行うのは、就労のための訓練内容の決定や、就労上の課題を把握するために行われます。

さらに、どのような工夫を行えば就労上でうまく行動できるかを考える資料になります。