脳卒中片麻痺者の下肢の訓練法として、ミラーセラピーがあります。ミラーセラピーは、重度の運動麻痺の方においても適応できるというメリットがあり、自主トレーニングとしても行うことができます。今回、脳卒中片麻痺の下肢に対するミラーセラピーの概要と方法について、紹介していきます。

脳卒中片麻痺の下肢(足首)に対するミラーセラピーの概要と方法(自主トレ)

脳卒中片麻痺と重度運動麻痺

脳卒中を発症すると、脳が損傷を受け、脳から脊髄までの神経伝達がうまく行われず、運動麻痺が生じることがあります。
足のトレーニングの方法は、足に動きがあれば取り組みやすいですが、動きが全くない、もしくは動きがわずかという重度の運動麻痺の場合では、どのように訓練を行えばよいかわからないことがあると思います。
病院に入院している場合、担当の理学療法士から足の訓練をしてもらえますが、訓練時間は1時間から1時間20分程度と思われ、1日の残りの時間をどのように過ごすかが、運動麻痺の回復に重要な要素となります。
リハビリにおいて、自主練習を行いたいと考えている場合、担当の療法士に尋ねてみてください。
それぞれの療法士の考え方はありますが、今の自分に合ったトレーニングの方法を教えてくれるはずです。

目標を決めることが訓練の原動力に!

何も目標がなく、ただ言われた訓練を行っているだけでは面白くもなにもなく、ただしんどいことをやっているだけという感覚に陥ってしまいます。
リハビリテーションでは目標を定めるのですが、そのことにより訓練意欲が増し、より積極的に訓練に取り組むことが可能になります。
リハビリにおいては、動きが良くなったらどんなことをしたいのかを自分の中で考え、それに向けて訓練を組み立てていくことが大切です。
作業療法士や理学療法士とともに考えることで、お互いに目標を共有しながら、それに向かって進んでいくことができます。
リハビリスタッフにはなんでも相談してみてください!

足首の動きの重要性

足首の動きは歩くときに非常に重要な役割を果たします。
足首には反る(背屈)、曲げる(底屈)、小指側に体重をかける(内反)、親指側に体重をかける(外反)があります。
たとえば、運動麻痺により足首を反ることができないと、そのまま歩いていると足の先が引っかかってしまい、転倒してしまうことが考えられます。
また、足首を曲げることは、足を振り出すときの前への推進力にもつながります。
脳卒中片麻痺者では、しばしば「内反尖足」と呼ばれる状態が生じ、そのために歩くことに困難さが生じます。
このような場合、足首に装具をつけ、足首を固定することでしっかりと地面に足が接地できるようにしています。

脳卒中片麻痺と筋力低下

脳卒中が起こると、脳の神経細胞が損傷を受けます。
すると、脳から脊髄までの運動指令がうまく行き届かず、腕が動きにくいという現象が起きます。
運動指令が今までは100%だったものが、30%、50%というように伝達されにくくなってしまいます。
これにより、筋肉の収縮量が減少(筋出力の低下)してしまいます。
この状態を神経原性筋力低下といいます。

脳卒中片麻痺の筋力低下を克服するには

運動指令が低下し、筋肉の収縮量が減っている状態に対しては、しっかりと動かして筋肉の収縮量を上げていく必要があります。
(うろ覚えではありますが)ラットを使った実験では、一つの部位の運動機能の回復を促すには、1日200回以上動かす必要があるとの報告があったように思います。
私は患者さまには「1日1000回動かすつもりでいてください」と伝えており、そのため患者さまに「鬼みたいやな」とよく言われています。
関節の動きを保っておくことも重要で、関節が柔らかいことは、後で筋収縮がみられた時のために重要なことなので、動くことを信じてトレーニングを行っていきます。

筋力強化の原理原則

筋収縮量を向上させるには、抵抗をかけることにより、通常よりもより筋肉を収縮させることを行う必要があります。
筋力強化の原理原則では、1回で持ち上げられる最大の重さの60%程度の重さを10回1セットで3セット行うことで筋力強化が行えるとされています。
脳卒中片麻痺者の自主トレーニングでは、そこまで考えられるのは軽度者かと思いますが、それでも自主トレーニングの中で上記のように抵抗や重りを使用してのトレーニングは非常に重要だと考えています。
脳卒中片麻痺者では神経性の筋力低下が起きていることから、しっかりと動かして鍛えていくことが大切になります。

重度運動麻痺の場合は、動きが全くみられない、もしくはわずかに見られる程度ですから、まずは筋収縮を誘発し、動きを発現しやすくすることがポイントになります。
徐々に動きが見られてきたら、上記のように負荷をかけていくようにします。
筋収縮を誘発するのに、ミラーセラピーが有効になる可能性があります。

ミラーセラピーとは

ミラーセラピーとは、簡単に言うと、鏡を見ながら運動をおこなうことです。
ただ、鏡は自分の真ん中に置き、麻痺側の足の動きは目で見ることはありません。
鏡には、自分の健康な側の足が映るのですが、それを見ることで、あたかも麻痺側の足が動いているように錯覚させています。
これにより、麻痺していない側の足が正常に動いているように視覚的な錯覚を作り出すことができます。
ミラーセラピーでは、足首の運動をイメージすることにより神経系の活動が高まることや、視覚からのフィードバックにより、ミラーニューロンと呼ばれる、運動の観察をすることで活動が高まる神経系のシステムが関与しているとされています。

足首の運動をイメージすると、運動に関する脳の部位に、実際に運動した際と似た脳血流が起こるとされています。
ミラーニューロンは運動のイメージや運動の観察により、実際に運動した際と似た脳の活動が起こるとされています。

脳卒中片麻痺者で重度の運動麻痺があると、足が動かない状況では、目から「自分の意思で自由に動いている」というフィードバックを受けることがなくなってしまいます。
この状態が続くと、「学習された麻痺」というような状態に陥ります。
ミラーセラピーでは、鏡像から、「麻痺側の足が動いている」という情報が得られるため、運動意欲も得られ、トレーニングを続けることにもつながります。
このことは、「学習された麻痺」の状態を防ぐことにつながります。

ミラーセラピーは元々、切断者の幻肢痛治療として考案されたもので、その後運動麻痺の治療への応用が報告されました。
メリットはその簡便さにあり、値段の高い機器を必要とせず、どの施設(環境)でも導入しやすく、自主トレーニングとしても行えることにあります。

ミラーセラピーは、重度の運動麻痺にも適応することができ、場所あまりとることがないので、例えば病院の自室におおいてもトレーニングとして導入することができます。

ミラーセラピーは、発症後間も無く(急性期〜回復期)だけでなく、慢性期(一般的に発症後6ヶ月以上)においても効果があるとの報告があります。

リハビリ、自主トレの方法と解説

足のミラーセラピーでは、鏡を使用します。
指に対するミラーセラピーは、小さい鏡でも大丈夫ですが、足のミラーセラピーでは大きな鏡が必要です。
家庭では姿見鏡を用いるのが良いと思います。

図のように、麻痺していない側の足が鏡に映るように、自分の真ん中(股の中心)に鏡を設置します。
麻痺している側の足は見ないようにし、鏡を覗き込むようにしながら、足首を反る運動(背屈)を行います。

ミラーセラピーでは、まだ確固たる根拠があるわけではないので、回数や動かし方などは文献によってバラバラです。
しかし、麻痺の回復を促すには、動かす量も重要であることから、数はこなしたほうが良いかもしれません。
例えば、30分間、200回などと設定して行います。

ミラーセラピーを行うことで、目から「自分の麻痺側の足が自由に動いている」という情報(錯覚の)が脳に伝わるため、「学習された麻痺」を防ぐことにつながります。

少しでも麻痺側の足首の動きが出現してきたら、足首の運動を繰り返すことで、筋肉の収縮力を高めれるようにします。
足首の動きが全範囲にわたり動かせるようになれば、抵抗や負荷をかえるなどして、筋力強化を図っていくことが重要です。

動きが回復してきたら、日常生活で参加させることが大切

足首の動きが回復してきたら、日常生活でいかに使用していくかが大切です。
これにより回復の程度が異なってくると言われています。
足首の動きにより、足首がある程度固定できれば、靴下を履く際に履きやすくなります。
また、靴を履く際にも履きやすくなるでしょう。
担当の療法士とともに使用場面を考えていくことで、幅が広がると思います。
ミラーセラピーだけでなく、他の自主トレーニングも同時並行的に行い、回復に合わせて日常生活場面で使用していきましょう。

関連記事