脳卒中片麻痺者の下肢のリハビリテーションでは、片方の足の運動が中心になりがちですが、運動機能の回復に合わせて両足がそれぞれ独立した運動を行うことも重要です。今回、脳卒中片麻痺者の下肢のリハビリ、自主トレとして、両足の分離した運動を獲得するためのトレーニングについてまとめていきたいと思います。

目標を決めることが訓練の原動力に!

何も目標がなく、ただ言われた訓練を行っているだけでは面白くもなにもなく、ただしんどいことをやっているだけという感覚に陥ってしまいます。
リハビリテーションでは目標を定めるのですが、そのことにより訓練意欲が増し、より積極的に訓練に取り組むことが可能になります。
腕のリハビリにおいては、腕の動きが良くなったらどんなことをしたいのかを自分の中で考え、それに向けて訓練を組み立てていくことが大切です。
作業療法士・理学療法士とともに考えることで、お互いに目標を共有しながら、それに向かって進んでいくことができます。
リハビリスタッフにはなんでも相談してみてください!

脳卒中片麻痺と筋力低下

脳卒中が起こると、脳の神経細胞が損傷を受けます。
すると、脳から脊髄までの運動指令がうまく行き届かず、腕が動きにくいという現象が起きます。
運動指令が今までは100%だったものが、30%、50%というように伝達されにくくなってしまいます。
これにより、筋肉の収縮量が減少(筋出力の低下)してしまいます。
この状態を神経原性筋力低下といいます。

脳卒中と筋力低下については、以下の記事を参照してください。
脳卒中運動麻痺〜一次運動野と皮質脊髄路による捉え方の違い〜

脳卒中片麻痺者の筋力低下のエビデンス

筋力トレーニンングで痙縮は増大するのか

脳卒中片麻痺の筋力低下を克服するには

運動指令が低下し、筋肉の収縮量が減っている状態に対しては、しっかりと動かして筋肉の収縮量を上げていく必要があります。
(うろ覚えではありますが)ラットを使った実験では、一つの部位の運動機能の回復を促すには、1日200回以上動かす必要があるとの報告があったように思います。
私は患者さまには「1日1000回動かすつもりでいてください」と伝えており、そのため患者さまに「鬼みたいやな」とよく言われています。

筋力強化の原理原則

筋収縮量を向上させるには、抵抗をかけることにより、通常よりもより筋肉を収縮させることを行う必要があります。
筋力強化の原理原則では、1回で持ち上げられる最大の重さの60%程度の重さを10回1セットで3セット行うことで筋力強化が行えるとされています。
脳卒中片麻痺者の自主トレーニングでは、そこまで考えられるのは軽度者かと思いますが、それでも自主トレーニングの中で上記のように抵抗や重りを使用してのトレーニングは非常に重要だと考えています。
脳卒中片麻痺者では神経性の筋力低下が起きていることから、しっかりと動かして鍛えていくことが大切になります。

筋力トレーニングの原理原則については以下の記事を参照してください。
筋力強化の原理原則!負荷の設定、頻度、回数の考え方!

脳卒中片麻痺者の下肢のリハビリ、自主トレ(両足の独立した運動)の方法と解説

脳卒中片麻痺者におけるトレーニングでは、運動麻痺がある側の足に対するトレーニングを中心に行っていくことが中心となっていると思います。

これは確かに大切なことで、運動麻痺の改善のためにはかなりの運動回数や負荷をかけていく必要もあります。

ある程度麻痺側の足の運動機能が回復してきたら、両足が独立した運動を行うことが重要になります。

寝返るときだって、両足は異なる運動をしています。

歩いている時も両足は異なる運動をしています。

そのように考えていくと、両足それぞれ独立した運動を行うことは、運動麻痺の改善には必要と考えられます。

 

では、両足の分離運動を促進するトレーニングについて解説していきます。

まずは、両足の足底が地面についている状態でのトレーニングです。

このトレーニングでは、麻痺側筋肉の筋出力が十分に高まっていない場合でも行うことができるはずです。

まずは両膝を曲げた位置が基本ポジションです。

そこから、まずは準備運動として両足同じ動きで運動を行っていきます。

例えば、
両足の曲げ伸ばし

両足を外に開く

両足を内に閉じる

などがあります。

これは、両足を動か際のコマンドは比較的単純だといえます。

 

両足が分離した、独立的な運動を行うには、

片方は曲げ、片方は伸ばす

足踏み運動

などがあります。

足踏み運動は、片方の足を空間で保つためにプレーシングなどとも呼ばれます。

この運動がうまく行えるためには、腹筋群での固定性と、腸腰筋による筋活動が必要になります。

注意点としては、麻痺側の筋出力が不十分だと、下肢を空間に挙げる際にブレが生じることがあります。

下肢を下ろす際も同様で、ブレないように、また、ゆっくりと下ろすことを心がけるようにします。

ゆっくりと足を下ろすのは、筋収縮の様式でいうと遠心性収縮になります。

遠心性収縮は、運動麻痺により筋緊張が低下している筋肉の筋緊張の高めていくためにも必要になります。

また、歩行においては腸腰筋の遠心性収縮が重要になります。

歩行の前段階のトレーニングとしても非常に重要なものとなります。

 

足踏み運動では、膝関節は曲がっています。そこで、次の段階としては、膝を伸ばした状態で足を同時に交互に動かしていきます。

このとき、浮かさない側の足は、床面に押し付けるようにしておくことでより独立した運動になります。

脳卒中片麻痺者の方においては、膝を伸ばした状態で股関節を持ち上げると、多くの方は膝が曲がってしまいます。

このような状態では、片足における分離運動がまだ不十分なので、まずは片足の運動において膝を伸ばしたまま股関節を曲げる(持ち上げる)ようにトレーニングを行う必要があります。

 

さらに難易度の高いトレーニングとしては、以下のようなものがあります。

言葉で言うと、一方の足で蹴っておき、一方の足で曲げ伸ばしをするというトレーニングです。

これを自主トレとして行うとすると、壁を利用する必要があります。

図のように、一方の足は壁を蹴り続け、もう一方の足は空間で保持しながら曲げ伸ばしを行います。

このトレーニングでは、空間で麻痺側下肢を保持しながら曲げ伸ばしを行うだけの分離性と筋出力や、両足に注意を分配する能力が高く必要になります。

また、空間での自転車漕ぎ様の運動も負荷が高く、独立した運動を促すのに最適です。

どのようなトレーニングにせよ、運動機能の改善に従って自分の状態に適したメニューを取り入れることが大切になります。

そのためにも、担当の療法士と相談しながら、どのようなことに困難さがあり、どのような動きを改善していきたいのかを常に共有していけるようにする必要があります。