橋といえば脳幹。そして橋には顔面神経があります。でも、どんな障害がでやすいのかなと迷うことも多いと思います。今回は、橋の損傷(梗塞、出血)における顔面神経の評価やアプローチの考え方についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

橋の損傷(梗塞、出血)における顔面神経の評価やアプローチの考え方!

スポンサードサーチ

脳神経についてのおすすめ記事

眼球運動に関わる脳神経と臨床症状!リハビリ評価における観察の視点!
橋の損傷(梗塞、出血)における前庭神経の評価やアプローチの考え方!
橋の損傷(梗塞、出血)における三叉神経の評価やアプローチの考え方!

スポンサードサーチ

脳幹の損傷では障害は同側に現れる

スポンサードサーチ

脳幹の損傷では、障害は同側性です。

橋よりも上の部位での損傷では、交叉するので障害は反対側に現れます。

橋から下の部位での損傷では、交叉はしないために障害は同側に現れます。

右の脳幹の損傷では右側に、左の脳幹の損傷では左側に障害が出現します。

脳幹の場合、障害は同側性と覚えておきましょう。

スポンサードサーチ

橋にはどんな脳神経がある?

脳神経の覚え方の語呂合わせで有名なのは、

「嗅いで視る動く車の三の外顔聞く舌は迷う副舌」

が有名です。

正確には、

①嗅神経
②視神経
③動眼神経
④滑車神経
⑤三叉神経
⑥外転神経
⑦顔面神経
⑧内耳神経
⑨舌咽神経
⑩迷走神経
⑪副神経
⑫舌下神経

となっています。

その内、橋に存在する脳神経としては、太字で示した、

⑤三叉神経
⑥外転神経
⑦顔面神経
⑧内耳神経

となっています。

スポンサードサーチ

顔面神経についての基礎知識

顔面神経は

・運動として表情筋をコントロールのコントロール

・感覚として舌前2/3の味覚

・唾液

に対しての関わりがあります。

表情筋

顔面神経は、目の上を中心とした上顔面と、口の周りを中心とした下顔面では違いがあります。

目の上を中心とした領域は両側支配になっています。

そのため、ウインクすることは両側支配から考えると高度なことになります(両側支配では片方の筋を収縮させると、もう一方の筋も収縮するため)。

口の周りを中心とした下顔面では、対側支配になっています。

そのため、口角を上げる際には片方ずつでも行えます。

スポンサードサーチ

対象者は流涎はあるが眼瞼下垂は少ない

対象者を観察していると、流涎がある方にはよく出会うと思います。

しかし、眼瞼下垂の人にはなかなか出会う機会がありません。

瞼の開閉のコントロールは両側支配の半分が交叉になっており、目の開閉に関しては行いやすいと言えます。

下顔面に関しては交叉性片側支配のため、例えば口輪筋などには片麻痺同様に麻痺が生じます。

そのため、同じ顔面神経の問題があっても、目は問題がみられないが、口には問題があるということが確認されます。

末梢神経の部分で損傷があると、目は開きませんが、中枢の部分で損傷があっても、目は開きやすいと考えられます。

対象者を観察してみて、上下差があれば神経核の問題、上下差がなければ末梢神経の問題と考えます。

顔面神経の問題で生じる味覚障害

臨床場面において、顔面神経の問題で生じる味覚障害で良く聞く訴えとしては、

「ご飯が美味しくない」という訴えです。

顔面神経は上行して視床に向かうので、視床の損傷においても同様のことは起こりえます。

このご飯が美味しくないという訴えですが、対象者の訴えはご飯の味気がなくて言っているのか、もしくは味覚障害があって言っているのかを判別する必要があります。

その場合、食べ慣れている、もしくは好みの料理を食べてもらい、その時の反応を見て行きます。

食べ慣れている、もしくは好みの料理であっても味が変わっていると感じるのであれば、それは味覚障害によるものといえる可能性が高くなります。

スポンサードサーチ

顔面神経で生じる唾液の問題

顔面神経の問題では、唾液の量にも影響を与えることがあります。

顔面神経は、涙腺、鼻腺、顎下腺、舌下腺におけるコントロールも行っています。

流涎に気づかないのは何の問題?流涎するのは何の問題?

流涎に気づかないということは、唾が垂れていることを、顔面の皮膚を通して感覚受容器が発火していない状態です。

その場合は、顔面の感覚の問題になりますから、主な原因としては三叉神経の問題になります。

三叉神経の評価やアプローチについては以下の記事を参照してください。
橋の損傷(梗塞、出血)における三叉神経の評価やアプローチの考え方!

流涎する場合は、運動の問題(口輪筋)ですから、これは顔面神経の問題になります。

そのため、流涎に気づかないのであれば、感覚入力を行い知覚して、よだれが出ているということを認知してもらうアプローチが必要になります。

スポンサードサーチ

顔面神経のリハビリテーションの考え方

顔面神経の運動レベルの問題では、運動麻痺が生じているため、基本的な戦略は筋収縮を起こして、起始と停止を近づけることです。

流涎を防ぐには、口輪筋の筋収縮の練習を行います。

前途した「ご飯がまずい」という問題ですが、本当に不味くて食べれていない場合には、家人に食べ慣れている料理を作ってきてもらうことで対応ができると思います。

流涎が多い場合にはどうしていくかですが、唾液が多く出るのを意識してコントロールすることは不可能なため、間接的に唾液の問題にアプローチしていくことになります。

それは、顔面神経の他の要素である、表情筋のコントロールを練習することで、副交感系である唾液のコントロールに好影響を与えることができないか試してみることです。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】