脳卒中の方において、眼球の動きが悪くなることがしばしばみられますが、どの脳神経に問題があるかを考えたときに迷うこともしばしばです。今回、眼球運動に関わる脳神経と臨床症状についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

眼球運動に関わる脳神経と臨床症状!リハビリ評価における観察の視点!

スポンサードサーチ

脳神経の覚え方

脳神経の覚え方の語呂合わせで有名なのは、

「嗅いで視る動く車の三の外顔聞く舌は迷う副舌」

が有名です。

正確には、

①嗅神経
②視神経
③動眼神経
④滑車神経
⑤三叉神経
⑥外転神経
⑦顔面神経
⑧内耳神経
⑨舌咽神経
⑩迷走神経
⑪副神経
⑫舌下神経

となっています。

その内、眼球運動に関する脳神経としては、太字で示した、

③動眼神経
④滑車神経
⑥外転神経

となっています。

スポンサードサーチ

動眼神経と外転神経の脳画像における部位

動眼神経は中脳レベル、外転神経は橋下部に位置しています。

スポンサードサーチ

眼球運動を見る順番

眼球運動と脳神経の関係性を考えていく上で、眼球運動を見る順序を理解しておくと評価がはかどります。

そのためには、

③動眼神経
④滑車神経
⑥外転神経

がどの筋肉を支配しており、その筋肉がどの眼球運動に関与しているかを理解しておくことが大切です。

脳部位と脳神経、眼球運動と関係する筋肉

以下の表は、脳外臨床研究会の山本先生がまとめていたものです。

脳部位筋肉眼球運動脳神経
中脳内側直筋
上直筋
下直筋
下斜筋
上眼瞼挙筋
瞳孔括約筋
内側
上内側
下内側
上外側
瞼を上げる
縮瞳
 

 

動眼神経

中脳(反側)上斜筋下外側  滑車神経
外側直筋外側  外転神経

スポンサードサーチ

眼球運動の評価

この中で、眼球運動はほとんどが動眼神経支配となっています。

眼球運動を観察していて、私たちが知りたいのは、その原因がどこにあるかということになります。

動眼神経、滑車神経、外転神経のどれが問題かということです。

よく臨床では、様々な方向に眼球を動かしてもらって、眼球運動の質を評価しますが、上記の表をみていると、ほとんどが動眼神経支配となっています。

そのため、区別をするためには、表の中で一つの動きしかないものを優先的に評価することで、それがどの脳神経に問題があるのかを把握することに役立ちます。

眼球運動における追視の評価は、まずは眼球を外側に向けることができるか

ということをはじめに行うことがポイントになります。

そのときに外側に向けることができないのであれば、動眼神経に問題があるということになります。

滑車神経は反対側に障害が出現する

上記の表にも書いてありますが、滑車神経のみ反対側に障害が出現します。

たとえば、滑車神経以外の脳神経は、右の出血があれば、右の眼球運動に障害が起こります。

これは脳神経は同側性に障害が出現するためです(核より上ですでに交叉しているため)。

ちなみに、核よりも上の損傷は対側性となっています(例:右の皮質出血で左麻痺が出現する)。

 

滑車神経のみ反対側に障害が出現すると先ほど述べました。

右の脳出血があれば、右眼球の外転運動が行えませんが(右の脳幹の障害)、

滑車神経は左の眼球運動に障害が出現します。

スポンサードサーチ

眼球運動を見る順番まとめ

①横方向(外転方向)の動きを見る
ー動く→中脳の問題
ー動かない→橋の問題

②滑車神経の問題を確認
ー障害側と反対側の斜め下の動きをみる

両方の眼球運動を確認することがポイントになります。

スポンサードサーチ

動眼神経における目の障害を考えるときのポイント

動眼神経の障害があるときに、対象者の方がよく訴えることとして、縮瞳の問題があります。

動眼神経の損傷があると、縮瞳が生じなくなります。

またもうひとつの問題として、眼瞼下垂の問題(瞼が挙げられない)があります。

これらの問題があるときに、対象者は「まぶしい」と訴えます。

まぶしいと感じるため、対象者は目を開けることをためらいます。

すると、廃用的に上眼瞼挙筋は筋力低下を起こします。

急性期において、ベッド上リハビリ介入する場合、天井を見ている中で眼球運動トレーニングをすると、対象者からすればたまったものではないでしょう。

そのため、暗い環境を用意する中でトレーニングをしたりすることも必要です。

環境設定として、眩しさを軽減できるようにベッドの配置を廊下側に変えてもらったり、間接照明に変える、サングラスを使用することもポイントになります。

眼球運動を見るさいに中脳の問題が大きいと感じたら、次にライトを当てて縮瞳の出現を確認することがポイントになります。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】