リハビリテーションで行われる評価の中で、腱反射はよく行われると思います。しかしながら、脳卒中の方に腱反射を行う意味にはどんなことが考えられるのでしょうか。今回、脳卒中片麻痺者に腱反射をする意義と、脊髄レベルの興奮性をみる理由について考えていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

脳卒中片麻痺者に腱反射をする意義!脊髄レベルの興奮性をみるのはなぜか!

スポンサードサーチ

筋緊張についてのおすすめ書籍

スポンサードサーチ

一般的に考えられる腱反射の意義と目的

一般的に知られている腱反射を行う意義や目的ですが、

・障害部位が中枢性(上位ニューロン)か末梢性(下位ニューロン)かの診断の手立て

・筋緊張亢進の有無・程度を知る

・身体機能の予後予測

などがあります。

スポンサードサーチ

腱反射のメカニズム

腱反射(伸張反射)は、腱を叩くことでそれに付いている筋が伸張され、刺激された筋が収縮する状態です。

腱反射は単シナプス反射(反射弓がひとつのシナプスで構成される)になります。

そのメカニズムは以下のようになります。

・腱が伸び、筋や筋紡錘も伸びる
・筋紡錘(筋の長さを感知する受容器)の興奮
・脊髄前角細胞に伝達され、筋が収縮(反応時間が短く、刺激された筋と同じ筋に出現)

もう少し詳しく説明すると、

・錘内繊維(筋紡錘にある)が受容器となり、Ⅰa繊維が求心性にインパルスを発してα運動ニューロンを興奮させ、筋収縮が生じる

ということになります。

スポンサードサーチ

腱反射と筋緊張の関係性は?

腱反射の亢進、減弱と筋緊張の関係性をみていきます。

腱反射が亢進している状態では、筋緊張は亢進していることが多く、

腱反射が減弱している状態では、筋緊張も低下していることが多いです。

また、筋緊張は低下、腱反射の軽度亢進が見られる場合、一見弛緩様と呼ばれます。

筋緊張が亢進しているが、腱反射の亢進が見られない場合、筋強剛または短縮の状態が考えられます。

筋緊張については以下の記事も参照してください。

スポンサードサーチ

伸張反射はなぜ亢進する?腱反射で何が評価できる?

伸張反射を亢進させるメカニズムとしては、

①Ia繊維の興奮性が増大する
②α運動ニューロンの興奮性が増大する
③シナプス前抑制機能の低下
④Ib抑制機能の低下
⑤Ia抑制機能の低下
⑥反回抑制機能の低下

が考えられます。

これらのうち、③〜⑥については随意的なシステムとなっています。

①Ia繊維の興奮性が増大する②α運動ニューロンの興奮性が増大するの2つについては、腱反射でその様子をモニタリングすることが可能です。

すなわち、Ia繊維、α運動ニューロンの興奮度合いをモニタリングすることが可能ということです。

腱反射を通じて、脊髄レベルのモニタリングが可能になるということです。

ということは、腱反射を評価として行い、その結果が(++)や(+++)では、脊髄レベルでの興奮性が高まっていると考えられます。

スポンサードサーチ

脳卒中片麻痺者の回復過程と腱反射の関係は?

我々が運動発現するまでの過程は大まかには、

一次運動野→皮質脊髄路→脊髄運動ニューロン→筋収縮

という流れになります。

このとき、例えば皮質脊髄路で損傷を受けたと過程した場合、損傷を受けた部位だけではなく、運動発現の流れの中でつながりのある一次運動野、脊髄運動ニューロンにも機能低下を生じる可能性が考えられます。

この、遠く離れた部位にも機能障害が現れることをディアスキシスといいます。

ディアスキシスは、損傷部位と神経繊維連絡がある部位にに可塑性の機能抑制を生じさせている状態です。

この場合、可塑性の機能抑制とある通り、一定期間が経てば活動が再開し、自然回復されるものだと考えられています。

ここで腱反射の話に戻りますが、腱反射は脊髄レベルの興奮性のモニタリングができることは前途した通りです。

皮質脊髄路の損傷でディアスキシスにより遠隔部位(一次運動野、脊髄運動ニューロン)に機能抑制が生じていて、それが一定期間経過したときに自然回復してくるのだとすれば、腱反射を通じて脊髄レベルの回復度合いを知ることが可能になります。

機能抑制が生じている場合、腱反射を行っても反応はあまりないかもしれませんが、腱反射により反応があれば、脊髄レベルにおいて自然回復が進んでいると捉えることが可能です。

スポンサードサーチ

腱反射の結果をリハビリテーションに反映させる方法

腱反射により、脊髄レベルにおける興奮性を把握することができれば、それを治療プログラムにも反映させることが可能になります。

たとえば、関節運動が生じていない状態でも、腱反射亢進が認められている場合、今後の筋緊張変化や腱反射の変化を丁寧にみていくことが必要になるでしょう。

分離ができていない方で、腱反射の亢進があまり見られていない方(経過を追っている中で腱反射の大きな変化がない)では、どんどんと分離運動のトレーニングを進めていくことが可能です。

また筋出力が低下している方で、同様に腱反射の亢進があまり見られていない方(経過を追っている中で腱反射の大きな変化がない)でも、どんどんと出力を上げるようなトレーニングを行っていくことが可能です。

しかし、分離運動または筋出力が低下しているるが、腱反射が経過を追っていく中で亢進していくような場合は、どんどんと出力を上げるようなアプローチを行うことで筋緊張が亢進してしまうことも考えられます。

そのような場合は、毎日の腱反射の変化を見ながらトレーニング内容を適宜変更していくことが必要になります。

脳卒中に対するトレーニングは以下の記事を参照してください。

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】