身体障害、精神障害、認知症など、リハビリテーション対象者には様々な方がおられますが、精神症状の主観的な評価を実施することで、より対象者の全体像を捉えやすくなることがあります。今回、精神症状の主観的評価として”気分と疲労のチェックリスト”を紹介していきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

精神症状の主観的評価〜”気分と疲労のチェックリストを用いて”〜

スポンサードサーチ

筆者の経験

私は以前、統合失調症が既往歴にある脳卒中の対象者を担当させていただく機会がありました。
運動麻痺は重度でしたが、リハビリテーションを行うことでADLなどの活動レベルは改善し、対象者の様子から、気分状態なども調子が良さそうという判断をしていましたが、突然一過性の健忘に陥るということを経験しました。

私がこの方から学んだことは、身体的機能・活動面の回復と、精神状態の改善は必ずしも一致しないということでした。
その時に、主観的な精神状態や気分状態の評価をしておく必要があると強く感じました。

スポンサードサーチ

精神症状が再燃するきっかけ

では、精神症状が再燃するきっかけとしてはどのようなことがあるのでしょうか。
大きくは2つの要因に分けることができます。

現実の問題に直面した時:否定的な感情や将来への不安、絶望感
不安の増強:入院している事を負担に感じる、退院後の社会生活を心配

私が経験した対象者の場合、不安の増強が、精神症状の再燃のきっかけになったのではないかと、今振り返るとも思います。

スポンサードサーチ

精神症状の主観的評価の重要性

次に、精神症状の主観的評価が大切になる理由を考えていきます。
まず知っておきたいこととしては、他者評価と自己評価にはズレが生じている事があるということです。
筆者の経験した症例を振り返ると、対象者は表面上は落ち着いており、コミュニケーション面においても特に問題があるようには私は感じませんでした。
しかし、一過性の健忘を生じた事実からすれば、外面上の他者評価と、内面上の自己評価にはやはりズレが生じているということでしょう。

よくあるパターンとしては、
患者の様子観察:他患との交流もあり、病棟内で落ち着いて穏やかに過ごしている
内面:じつは虚しさや焦りを感じている、他患との交流を煩わしく感じている
などということが挙げられます。

スポンサードサーチ

気分と疲労のチェックリストの概要と検査項目

気分と疲労のチェックリストは、主に視覚的アナログスケールを用いていることが特徴になります。
気分状態、疲労感、回復感の3つのカテゴリー、13項目から構成されます。
それぞれ「感じない」〜「強く感じる」(他の選択肢もあり)の間で、視覚的に当てはまる所にチェックを入れていきます。
また、具体的なことを記入する項目もあります。
検査項目が少ないことから、所要時間も短く実施できます。

検査項目は、
気分状態:緊張・不安、抑うつ・自信喪失、イライラ・ムシャクシャ、混乱・当惑、あせり・たいくつ感
疲労感:疲れやすさ、人疲れ、頭・思考疲れ、身体疲れ
回復感:体調、意欲・活力、回復状態

気分と疲労のチェックリスト(Ver.2)

スポンサードサーチ

気分と疲労のチェックリストの臨床的な用い方

筆者の場合、精神状態や気分状態に何か問題があると感じた場合には、気分と疲労のチェックリストを用いています。
その上で、ある程度の期間を設けながら主観的な状態の変化をチェックしていくことで、こちらのアプローチや対象者を取り巻く環境が、対象者の精神・気分状態に影響を与えていないかを判断する材料にすることがあります。

また、気分と疲労のチェックリストを用いることで、対象者自身が自分の精神・気分状態を知ることにも役立てることができるかもしれません。
強く感じるような項目があれば、それがどこから来るのかを対象者とセラピストで共有することも可能で、改善可能なことがあればアプローチもできます。

スポンサードサーチ

精神症状や気分状態に関するお勧め記事

 

 

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】