依存症、アディクション(嗜癖)からの回復とは、病気や症状があっても、自分の価値を実感し、その上で自分の希望に沿った生き方を自分から追い求める姿勢がある状態といえます。今回、依存症、アディクション(嗜癖)の回復のステージについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

依存症、アディクション(嗜癖)の回復のステージ

スポンサードサーチ

依存症、アディクションについてのオススメ書籍

スポンサードサーチ

依存症、嗜癖に関するオススメ記事

スポンサードサーチ

第1ステージ

第1ステージは、二次曙癖の行動変容です。
このステージでは、行動を止めきることができるアディクション (物質噌癖等)について、それを行わないようにすることの達成です。心理教育を受け、アディクションの問題を認めます。
アルコール依存では断酒を始め、薬物依存では薬物がない生活を始めることです。
社会資源(自助グループ・治療・相談機関等)につながりをもち、 その継続という次のステージにに進みます。
ギャンブル依存など特定できる行動ではそれを断つ生活をすることが始まりとなり、その生活を続けていくことになります。やめ続けられる人もいますが、多くはスリップ(再使用・再行動)があり、心理教育に加え精神科・心療内科での外来治療・リハビリテーションにより再発予防を行います。

スポンサードサーチ

第2ステージ

第2ステージは一次曙癖への関心になります。
このステージでは、自助グループなどにつながってから2、 3年後の時期となります。
人によってはこのステージに到達せずに別のアディクションへ移行することもあります。
アディクションを断つことで、 自分が抱える問題や傷、バランスの悪さ、行き詰り感などに関心を寄せるようになります。一次噌癖への関心とその解決や抱え方の工夫をするようになります。
しかし、 第2のステージの中でも再びスリップがあったり、第1ステージ逆戻りすることもあります。第1 ・第 2ステージは行きつ戻りつジグザグ過程をとります。

スポンサードサーチ

第3ステージ

第3ステージは社会におけるリカバリーになります。
リカバリーを求めた生き方と同時並行的に、人によっては社会のなかでアデイクション問題への解決を目指す段階に進みます(全員ではない)。
アディクションは社会-個人間に成立し、回復を妨げる要因として一部社会の側にあります。社会のなかでアディクション問題全体の解決に向けて自分役割を意識するようになります。
自分の経験をもとに、同じ境遇にいる対象者に道案内のようなピアカウンセラー(自分の体験を相手に参考にしてもらう)役割を自助グループのなかで担ったり、自助グループ運営に積極的に関わることが増えます。
他にも、病院や刑務所などで、自助グループとつながりのない人へ自己体験伝える役目割を担うこともあります。場合によっては、家族相談などの初期介入や危機介入に関わることもあります。これは自身の回復のためでもあり、社会の中での役割を果たすことにつながっています。
回復に向けた施設では当事者たちが自助グループの活動とタイアップして実践していることが多く、アルコール依存専門の作業所などにも当事者スタッフが関わっています。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】