今回、くも膜下出血の予後予測として、退院時のFIMを予測するための式の活用についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

くも膜下出血の予後予測!退院時のFIMを予測するための式を活用する!

スポンサードサーチ

文献

スポンサードサーチ

くも膜下出血や予後予測についてのおすすめ記事

スポンサードサーチ

くも膜下出血の退院時のFIMを予測するために必要な情報(材料)

この文献では、188例の急性期のくも膜下出血の対象者研究されています。
様々な変数が検討され、その中でも
・年齢
・Hunt &Kosnikのくも膜下出血の重症度分類
・Fisher分類
が退院時のFIMと強い相関関係があるとされています。

Hunt &Kosnikのくも膜下出血の重症度分類

Grade I:
無症状か、最小限の頭痛および軽度の項部硬直をみる
Grade II:中等度から強度の頭痛、項部硬直をみるが、脳神経麻痺以外の神経学的失調はみられない
Grade III:傾眠状態、錯乱状態、または軽度の巣症状を示すもの
Grade IV:昏迷状態で、中等度から重篤な片麻痺があり、早期除脳硬直および自律神経障害を伴うこともあるGrade V:深昏睡状態で除脳硬直を示し、瀕死の様相を示すもの
(Hunt WE, Hess RM. Surgical risk as related to time of intervention in the repair of intracranial aneurysms. J Neurosurg 1968;28:14-20)

スポンサードサーチ

Fisher分類

Group 1
血液の認められないもの
Group 2
びまん性または垂直の脳槽に1mm 未満の血液層
Group 3
局所的な血腫あるいは脳槽に1mm 以上の血液層
Group 4
びまん性くも膜下出血またはくも膜下出血がなくても、脳内または脳室内に血腫

Fisher group1-4は点数が大きいほど重症にはなっておらず,group1-3はくも膜下出血の程度に比例して点数が増えていますが,Fisher group4はくも膜下出血がないか非常に薄く,通常は脳内出血や脳室内出血だけがあることを示しています.

基本的にくも膜下出血があれば,脳内出血や脳室内出血の有無にかかわらず Fisher group1-3のどれかになります.
Fisherの原典の趣旨は,重度のくも膜下出血に症候性の脳血管攣縮は起こるが,脳内出血や脳室内出血だけで は脳血管攣縮は起こらない,言い換えるとFisher group3のみに症候性の脳血管攣縮が起こることでした.

小宮山他「Fisher group 4 の誤解」脳卒中の外科 43: 232 〜 233,201

スポンサードサーチ

くも膜下出血の退院時のFIMを予測するために必要な式

くも膜下出血の退院時のFIMを予測するために必要な式としては、

退院時FIM=226.05-1.33×年齢-8.02×Hunt &Kosnikのくも膜下出血の重症度分類-9.11×Fisher分類

となっています。
この予測式の自由度調整済み決定係数(重回帰式の適合性を評価する指標)は0.431となっています。

自由度調整済み決定係数も複数の重回帰分析の結果を比較するときに使用する決定係数ですが,こちらは説明変数(独立変数)の数が等しくなくても比較可能となります.決定係数は説明変数(独立変数)の数が多くなると自動的に大きくなるという欠点を補うため,説明変数(独立変数)の数で調整した決定係数を自由度調整済み決定係数と呼びます.

http://jspt.japanpt.or.jp/ebpt_glossary/coefficient-of-determination.html

退院時のFIMの予測が行えるので、ある程度の方向性を決定するための材料にしたり、目標設定のために使用できる可能性があります。

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】