パーキンソン病では、その初期から要素的に認知機能障害が出現すると言われています。今回、パーキンソン病で評価するべき認知機能障害についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

パーキンソン病と非運動症状!パーキンソン病で評価するべき認知機能障害!

スポンサードサーチ

参考

立花 久大「パーキンソン病の認知機能障害」精神経誌(2013)115巻11号

スポンサードサーチ

パーキンソン病についてのおすすめ記事

 

 

スポンサードサーチ

パーキンソン病ではどのような認知機能障害が見られるか?

パーキンソン病で確認される認知機能障害の概要

パーキンソン病では、以下のような認知機能障害が確認されますが、その初期では、観察による評価では確認されないことも多く、評価バッテリーにおいて確認されるレベルの機能障害の程度になります。
・遂行機能
・作動記憶
・手続き記憶(記憶機能)
・視空間機能
・注意
・情報処理機能
・社会的認知

スポンサードサーチ

パーキンソン病で確認される遂行機能障害の特徴

パーキンソン病における遂行機能障害では、セットの転換や保持、問題解決能力に問題が見られることが多くあります。
セットの転換(認知の柔軟性)とは、最新の情報と以前の情報を頭に保持し、適切な対象・判断を選択しながらセットを維持し、さらなる情報に従って転換していくことを指します。
この機能は前頭葉背外側部が関係していると言われています。
ワーキングメモリとも関与し、短期間ある情報を保持し、注意を配分しながら次の情報と照らし合せていくことになります。

パーキンソン病で確認される記憶障害の特徴

パーキンソン病における記憶障害では、作動記憶(ワーキングメモリー)、長期記憶、手続き記憶に問題が見られることが多くあります。
ワーキングメモリーの問題では、処理資源の配分がうまくいかなかったり、処理資源容量が減少していることが要因だとも言われています。
特に、視覚的(視空間的)なワーキングメモリーに問題が生じやすくなっています。

長期記憶の問題では、記憶の想起(検索過程)や登録に問題が生じやすいとされています。
また、日常的なエピソード記憶は保たれやすいですが、その時間的な前後関係についてはエラーが生じやすいとされています。

さらに、パーキンソン病では手続き記憶やプライミングの障害も生じやすいと言われています。

スポンサードサーチ

パーキンソン病で確認される注意障害や情報処理機能障害の特徴

パーキンソン病における注意障害では、覚醒レベルや注意・集中の維持については保たれていることが多いと言われています。
効率よく課題を遂行していくために処理スピードを必要とされる課題などでは問題が見られやすくなります。
複数の課題を同時に行うときには、注意配分を分け合うことになりますが、そのときに活用できる注意の容量は個人によって決まっており、このことを注意資源と呼んでいます。
パーキンソン病では、この注意資源を自らどの程度振り分けるかというような調整が行いにくくなります。

パーキンソン病における社会的認知機能障害の特徴

パーキンソン病における社会的認知機能障害では、他者の表情や行動からその感情などを推測する機能が低下しますが、中でも嫌悪や恐怖の表情を見分けることが困難だとされています。
また視線を向けられているのを感知したり意思決定にも問題が見られやすくなるとされています。

スポンサードサーチ

パーキンソン病で認知機能障害が起こる理由

パーキンソン病では、よく大脳皮質-基底核ループの話が出てきますが、認知機能障害は、前頭前野ループが関与しているとされています。
前頭前野ループは、「背外側前頭前野-尾状核-前腹側核、背内側核」
「外側眼窩前頭皮質-尾状核-前腹側核、背内側核」
でループを形成しています。
遂行機能、問題解決、意思決定や衝動のコントロールを制御する役割があります。
また報酬予測にも関連するとされています。
前頭前野ループの機能低下では、これらの機能低下に加え、運動学習を阻害することも予測されます。

また、レボドパ治療により認知機能障害が必ずしも改善しないということから、上記ループに関するドパミン系の問題だけではなく、その他の系(アセチルコリン、ノルアドレナリン)の問題も、認知機能障害出現に関係していると言われています。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】