作業療法では、作業分析を通じて対象者が適切な難易度で作業を遂行できるようにしていくことが大切であり、作業療法しの強みであると言えます。今回、塗り絵の難易度設定や段階づけの考え方、方法についてまとめて行きたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

作業療法と作業活動!塗り絵の難易度設定や段階づけの方法!

スポンサードサーチ

作業療法と作業活動についてのおすすめ記事

スポンサードサーチ

塗り絵の特徴と効果

塗り絵に関することは、以前にも記事にしたことがありました。
リハビリとしての塗り絵の効果的な活用法

塗り絵の作業分析と特徴

塗り絵の作業分析を行うと、以下のようなことが特徴として挙げられます。
・年齢や性別を問わない
・過去の経験を生かすことができ取り組みやすい
・図案が決まっている構成的作業
・身近な道具により行え価格も控えめ
・広いスペースを取らずに行える
・図案の細かさなどにより作業の段階付けが可能
・中断や再開がいつでもできる
・作品として残り、達成感も得られやすい
・線上に色をつけ縁取りする能力があれば行える
・縦横斜めへの様々な方向への往復運動

スポンサードサーチ

塗り絵と脳機能

塗り絵では、以下のような脳機能が使用されると考えられています。
・後頭葉で下絵を見定める
・前頭連合野で「ぬる」ことのプランを立る
・運動野で「ぬる」ことを遂行する
・過去にみた名画や色を混ぜたときの記憶も使いながら作業をすすめる(側頭葉)
・ぬったところを再確認し、必要なら修正を加え、作品を仕上げる(モニターや修正、加筆)

塗り絵の効果

塗り絵の効果としては、以下のようなことが挙げられます。
・知的な面への働きかけ
・集中力や注意力、手指の巧緻性や手と目の協調性への働きかけ
・現実世界との接点を得ることができる
・達成感を得られる
・本人の自信につながる
・他者からの賞賛の機会を得ることが可能
・趣味としての活動や楽しみ、充実感を得ることが可能

スポンサードサーチ

作業療法としての塗り絵の難易度設定と段階づけの考え方、方法

スポンサードサーチ

塗り絵の難易度の要素

塗り絵をリハビリテーションでの作業活動として用いる場合、塗り絵の難易度設定として以下のような要素を把握しておく必要があります。

・図柄の配色の量(多い>少ない)
・配色の複雑さ(グラデーションの有無)
・構成の緻密さ(パーツの重なり具合)
・題材のデフォルメ(リアル>単純化)の程度
・色見本の提示の有無
・色鉛筆の数(12色とするか24色とするか)
・塗り絵の作業遂行を対象者に任せるか、セラピストが選ぶか

塗り絵における失敗とは

「失敗」は良い面や悪い面の両方がありますが、「失敗」が対象者の意欲を削いでしまうことは避けなければなりません。
塗り絵における失敗には以下のようなことが考えられます。
・色の選択できない
・塗る場所を判断できない
・持続して取り組むことができない

これらの失敗に対しては、セラピストが介入をし、失敗を事前に防ぐことが求められます。
「色の選択できない」に対しては、色の選択をセラピストが行うことや、対象者が手に届かないような場所に色鉛筆を置いておく必要があります。
「塗る場所を判断できない」に対しては、塗る場所を指示することや、塗る場所以外を隠すなどの対応が必要です。
「持続して取り組むことができない」に対しては、手が止まりそうになったら都度声かけを行うことや、持続すること自体がストレスになる場合は、その日に行う範囲を伝えるなどの対応が必要になります。

スポンサードサーチ

塗り絵の難易度設定と段階づけの方法(まとめ)

以上のことから、塗り絵作業を導入する際においての難易度設定と段階づけは、以下の点に注意します。
・対象者のレベルが高い場合
→図柄の配色の量の多い課題
配色が複雑でグラデーションもある課題
パーツが重なっている課題
リアルさのある題材
色見本を提示しない(過去の記憶や想像力(イメージ力)を活用)
色鉛筆の数を多くする

・対象者のレベルが低い場合
→図柄の配色の量の少ない課題
配色が簡単でグラデーションがない課題
パーツが重なっていない課題
リアルさの低い(単純)題材
色見本を提示する(真似てもらう)
色鉛筆の数を少なくする

対象者のレベルに合わせるのであれば、能力がさらに低い場合は単純な課題において、例えば花の花びら部分を切り取ったものを渡し、それを1本の色鉛筆で塗ってもらい、後から貼り付けて作品として完成させるとい方法を取る場合もあります。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】