脳卒中片麻痺者のバランス障害の問題点とその評価、改善のためのアプローチ方法についてまとめています。脳卒中片麻痺者のバランスの問題点の評価と改善のための具体的アプローチ

スポンサードサーチ

バランスに関する参考文献

スポンサードサーチ

バランスに関するおすすめ記事

スポンサードサーチ

バランスの構成要素

バランスの構成要素は以下のものがあります。

  • 姿勢を保つ:支持基底面内に重心点を留める
  • 重心を留めるために必要な筋肉:抗重力筋(出力)
  • 重心を留めるために必要な感覚:前庭覚、視覚、体性感覚
    →視覚、体性感覚、前庭覚を統合することで自分の重心点がどこにあるかがわかる
  • 重心点が逸脱しないようにする反応:立ち直り反射
  • 重心点を移動可能にする:ストラテジー
  • 姿勢筋(抗重力筋)をある一定の張力に保:姿勢筋緊張

スポンサードサーチ

脳卒中片麻痺者の立位バランス障害の特徴

経験上、脳卒中片麻痺者のバランス障害には以下のような要因が考えられます。

・筋力低下
・筋緊張(非対称)
・感覚障害
・視覚依存した立位姿勢制御

ただし、感覚障害が重度であっても立位保持が安定している対象者は多いことを経験します。

スポンサードサーチ

脳卒中片麻痺者が安定した立位を取るために必要なこと

脳卒中片麻痺者が安定した立位保持を獲得する(立位の不安定性を最小にする)ためには、足圧中心を非麻痺側下肢に移動させることが一つの重要な要素です。

そのためには、非麻痺側下肢から状況に応じた環境情報や支持面情報の違いを知覚し、情報化してそれを利用しながら立位姿勢制御を行う必要があります。

これは、麻痺側下肢からの支持面情報を的確に捉えることができれば、もちろんより良好な立位バランス制御ができるということです。

先ほど、感覚障害が重度でも立位バランスが良い対象者がいることは述べましたが、非麻痺側下肢から状況に応じた環境情報や支持面情報の違いの知覚化や情報化が良好なことが考えられます。

しかし、脳卒中片麻痺者では適切な感覚の組織化や感覚情報の選択ができないことがあります。

そのような場合、一つの感覚情報の取得が不安定になっても、その感覚情報を利用し続けようとし、結果バランス不良状態となります。

ですから、脳卒中片麻痺者においては、姿勢制御において感覚の利用の仕方をいかに修正できるかという能力を鍛えることで、より安定した立位姿勢制御が可能になることが考えられます。

そのためには、脳卒中片麻痺者がどのような感覚情報に依存しているかを評価することも必要になります。

スポンサードサーチ

脳卒中片麻痺者のバランス評価で感覚情報の重み付けを評価する方法と結果の解釈

評価方法

開眼と閉眼、支持面を変化させながら視覚、体性感覚、前庭覚といった感覚情報の違いとその適応を評価します。

具体的には、指示面では硬い床面とバランスクッションのような柔らかい床面です。

その2つの指示面と開眼、閉眼を組み合わせてどの程度立位保持できるかを質と量で評価します。

すなわち、
①硬い床面、開眼
②硬い床面、閉眼
③柔らかい床面、開眼
④柔らかい床面、閉眼
の4つをテストします。

脳卒中片麻痺者では麻痺側と非麻痺側の違いもあることから、それぞれの下肢で支持面を変化させることでもより詳細な評価が可能になります。

スポンサードサーチ

結果の解釈

前途した、
①硬い床面、開眼
②硬い床面、閉眼
③柔らかい床面、開眼
④柔らかい床面、閉眼
のテストの結果から、

開眼よりも閉眼で動揺が大きくなる場合、姿勢制御において視覚情報に依存していることを示しています。

また、硬い床面よりも柔らかい床面での立位で動揺が大きくなる場合、体性感覚情報に依存していることをしめしています。

床硬い床面、閉眼条件よりも柔らかい面、開眼条件で動揺が大きい場合、視覚情報の変化よりも支持面の変化に対する適応が不十分なことを示しています。

脳卒中片麻痺者では、一般的に視覚や体性感覚情報の減少に伴って身体動揺がより大きくなりやすいことが知られています。

このようなことから、脳卒中片麻痺者がどのような感覚情報を主に利用して姿勢を制御しているかを評価することが可能になります。

なお、前庭機能が低下している対象者では、低下していない対象者と比較し、閉眼した状態で柔らかい床面での立位保持時の身体動揺が増大すると言われています。

柔らかい床面の上では、体重心の位置と足関節からの体性感覚情報との内的関連性が低下すると言われていることから、足関節の位置覚や運動覚についての評価結果とともに結果を解釈する必要があります。

スポンサードサーチ

脳卒中片麻痺者におけるバランス訓練の組み立て方

視覚情報依存(硬い床面で開眼よりも閉眼で動揺が大きくなる)では視覚情報限定し、薄暗いまたは見えづらい視野で、バランス課題を行います。

例えば、照明の暗い場所でリーチング課題を行う、明るい場所から暗い場所に移動する、歩きながら水の入ったコップを運ぶ(地面でなく、コップを見る必要がる)、会話をしながら歩く(お互いの顔を見ながら)などです。

体性感覚情報(硬い床面よりも柔らかい床面での立位で動揺が大きくなる)では、柔らかい床面上でバランス課題を行います。

例えば、バランスクッション上での立位保持、リーチ課題などです。

支持面の変化に対する不適応(床硬い床面、閉眼条件よりも柔らかい面、開眼条件で動揺が大きい)では、様々な支持面を用いてバランス課題を行います。

例えば、一側の支持面ともう一側の支持面が異なる環境(柔らかい、硬い)、布団の上で、砂利道の上でなどです。

前庭機能障害では、視覚または体性感覚に依存するので、前庭機能障害を引き起こす頭部の運動と位置を評価し、それを含むような課題を設定します。

床のカゴからタオルを取り出し物干し竿に干す、様々な高さにある物品を見て説明する、バスケットボールでドリブルしながら歩くなどです。

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】