リーチ動作の評価では、肩甲上腕関節、肩甲骨運動、体幹運動、重心移動など、観察項目と分析の視点には様々なものがあります。今回、リーチ動作の評価と解剖・運動学的解釈として、胸椎運動に着目した分析方法についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

リーチ動作の評価と解剖・運動学的解釈-胸椎運動に着目した分析方法-

スポンサードサーチ

リーチ動作や姿勢についてのオススメ記事

スポンサードサーチ

リーチ動作と骨盤運動

リーチ動作と骨盤前傾運動

対象物に向かってのリーチ動作では、骨盤は前傾運動を伴います。

骨盤前傾は、腰椎の運動に伴うものと、股関節の運動に伴うものがあります。

腰椎の運動に伴うものとしては、腰椎前彎に伴う骨盤前傾で、股関節の運動に伴うものとしては、股関節屈曲に伴う体幹前傾(骨盤前傾)となります。

スポンサードサーチ

腰椎前彎と筋活動

腰椎の前彎運動では、第3腰椎の動きが重要です。

第3腰椎は水平な位置をとっており、前彎運動のスタートになるためです。

第4・5腰椎は、仙骨が傾いた方向と同じ動きをしますが、第3腰椎は水平のままで動きを切り替えていきます。

そのため、第3腰椎はモビリティーとスタビリティーが必要になります。

腰椎を前彎させるために必要な筋肉は、

・多裂筋
・腸腰筋(主に大腰筋)

です。

多裂筋が収縮(toneが上がる)すると腰椎を前彎させ、骨盤は前傾します。

大腰筋が収縮(toneが上がる)すると腰椎を前彎させ、骨盤は前傾します。

第3腰椎のモビリティーとスタビリティーが低下するとどうなるか

第3腰椎のモビリティーとスタビリティーが低下し、例えば第3腰椎が前に傾くと、それをとめるために背筋群は過剰に働いてしまいます。

また、胸椎を動かす筋は第3腰椎についており、第3腰椎が後ろに傾くと、それよりも上部にある筋群は作用しにくくなるため、胸椎は伸展できず屈曲位をります。

スポンサードサーチ

胸椎の多裂筋

胸椎に関する多裂筋は、第8・9胸椎を境として放射状に付着しています。

そのため、胸椎の伸展を作っていくのに重要なのは特に第8・9胸椎です。

対象者の方でよくみられるのは、対象者に「背中を伸ばしてください」と指示した際に、胸椎の伸展を腰腸肋筋などを使っているパターンです。

その場合、上部体幹の伸展は努力的には生じますが、第3腰椎は屈曲したままということが多いです。

理想的な胸椎の伸展は、第8胸椎が(おおよそ肩甲骨下角の位置)前方に移動するような動き方です。

また、胸椎の伸展が出にくい方では、後頭で筋緊張が亢進し、上位頚椎伸展、下位頚椎が前方移動し、目線が上に行くようなことが観察されます。

スポンサードサーチ

悪いリーチ動作のパターンを知る

胸椎屈曲でのリーチ

通常のリーチング動作では、第8胸椎が対象物に向かいまっすぐに前へ、水平に動いていくことが重要になります。

しかし、上部体幹の屈曲は、第8腰椎が水平に前方移動するのを妨げてしまいます。

これでは胸椎は下方向に向かい、肩だけで上肢屈曲を作ろうとしてしまいます。

また、代償的に上腕二頭筋の活動を高めて、リーチングで肘が屈曲パターンとなってしまうことも考えられるでしょう。

このような場合、第8胸椎が水平に前方移動すれば、上腕二頭筋の過緊張は軽減される事が考えられます。

これらのことから、リーチ動作では多裂筋が適切に働き、胸椎伸展できているかを評価する必要があります。

その際、胸椎は肋骨の可動域により影響を受けることも知っておく必要があり、肋骨の可動域確認も行う必要があります。

スポンサードサーチ

胸椎屈曲リーチによる弊害

リーチ動作で胸椎が屈曲すると、重心は前方移動しているようで、実は後方移動となっています。

胸椎伸展は、主に胸椎の多裂筋、両側の僧帽筋下部繊維の作用によってキープされます。

これが、最長筋や腰腸肋筋などの作用によって伸展を努力的に作ると、体幹回旋を伴うリーチ動作が行えなくなります(回旋動作を止めるように作用する)。

すると正中線を超えたリーチ動作が困難となります。

寝返りでは下部体幹のローテーション動作が生じにくくなり、胸椎屈曲位リーチでは着座時に下肢伸筋の遠心性収縮が用いにくくなります。

スポンサードサーチ

治療展開の具体例

胸椎屈曲位でのリーチパターンを変える

対象者は、筋の問題、関節可動域の問題などにより、上肢リーチ動作において、胸椎屈曲位でのリーチパターンにならざるを得なくなっています。

そのため、まずはそのパターンから脱却できるように治療展開していく事が大切です。

スポンサードサーチ

ストレッチポールの利用

ストレッチポールがなければ、バスタオルを2枚巻いた物でも利用可能です。

ストレッチポールの上で臥位となり、胸椎が伸展、肩甲骨内転位の状態から、天井に向かいまっすぐリーチ動作を行います。

これは、仙骨、第8胸椎、後頭隆起を一直線上に配置し、脊柱が屈曲位とならずにリーチ動作の学習を促す事ができます。

頭上リーチの利用

頭上リーチは、その名の通り、頭よりも上方へのリーチ動作です。

頭上リーチを行うためには、胸椎伸展運動が必要です。

胸椎屈曲での頭上リーチでは、屈曲姿勢の高齢者の方を見ているとわかりやすいですが、頭上にバンザイすることはできません。

胸椎屈曲を防ぐ(または胸椎屈曲しないように意識させる)ためには、壁を背にした座位や立位となり、頭上リーチを行う方法を選択する事があります。

頭上リーチでは、対象物を用いてリーチさせ、それを把持させる方がより自然なリーチ動作を促せることになります。

ちなみに、頭上リーチでは、中指が天井方向を向き、前腕回内しながら小指球が対象物に向かってリーチされます。

スポンサードサーチ

動画でさらに詳しい解説を確認(治療の具体例の映像あり)

チャンネル登録よろしくお願いします⇨https://bit.ly/37QHaWc

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

各病院や施設は、全ての求人情報サイトに登録する訳ではないので、複数登録する事で より多くの求人情報に触れる事ができます。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】