高齢者において、筋肉量や筋力の維持・向上には栄養状態も考慮する必要性があるのはご承知の通りかと思います。今回、高齢者におけるサルコペニア・フレイルと運動タンパク質摂取の必要性についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

高齢者におけるサルコペニア・フレイルと運動、タンパク質摂取の必要性

スポンサードサーチ

介護予防についてのおすすめ記事

スポンサードサーチ

運動とタンパク質摂取の必要性

高齢者に関わらず、様々な年齢層において、運動とタンパク質摂取の必要性が近年では言われています。

その理由として、若年者と高齢者の、運動後のタンパク質合成を比較した研究があります。

この研究では、若年者と高齢者で、同じような内容(運動メニュー、タンパク質摂取量)でトレーニングを行うと、間違いなく、高齢者の方が若年者よりも筋肉がつきにくい(タンパク質合成が生じにくい)という結果が出ています。

そのため、高齢者が若年者と同等、もしくはそれ以上のタンパク質合成を得たいのであれば、若年者以上にトレーニングを行うのが良いということになります。

しかしながら、現実的には、高強度トレーニングを高齢者に行うことは困難です。

この問題を解決するには、高強度トレーニングを行うというよりも、タンパク質の摂取量を多くするということにります。

タンパク質摂取量を多くすることで、タンパク質合成を高めようという戦略になります。

そのような戦略により、高齢者でも若年者と同等、もしくはそれ以上の効果を期待できるようになります。

そのため、タンパク質摂取の重要性の理解を深めるとともに、摂取できる環境を整えていく必要がります。

スポンサードサーチ

多くのタンパク質摂取と運動を併用した場合の効果

ある臨床試験では、

・多くのタンパク質摂取と運動を併用した群
・運動のみを行なった群
・タンパク質摂取のみを行なった群

において、どの程度筋力の改善率に違いがあるか見るものがあります。

それによると、運動とタンパク質摂取を並行して行なった群において筋力の改善率が高かったとの報告があります。

この臨床試験では、運動単独で筋力改善の結果が出ていないことに着目する必要があります。

スポンサードサーチ

タンパク質摂取のタイミングはいつが良いのか

まずは以下の図を確認してください。

「サルコペニア診療ガイドライン2017」を踏まえた高齢者診療より引用

この図は、若年者と高齢者における、運動後の筋タンパク合成と食後の必須アミノ酸濃度についてまとめられています。

タンパク質を摂取した場合には,血中アミノ酸濃度が高まるまでにより時間が必要となり,若年者で約1時間後,高齢者では約3時間後にピークを迎える
つまり,若年者では運動直後にタンパ
ク質を摂取することで運動後の筋タンパク合成促進に寄与するが,高齢者では運動直後にタンパク質を摂取しても運動後の筋タンパク合成促進に寄与することが難しいことになる.

「サルコペニア診療ガイドライン2017」を踏まえた高齢者診療

高齢者におけるトレーニング効果をできるだけ高めるには、常に(1日を通して)血中アミノ酸濃度が高まっている事が重要になります。

そうする事で、運動後のタンパク質摂取の効果を高める事が期待できます。

常に(1日を通して)血中アミノ酸濃度が高まっているような状態を保つためには、バランスの取れた食事内容が非常に重要になります。

そのため、対象者の1日の食事内容を確認したり、必要に応じて栄養指導を取り入れるなど環境設定が大切になります。

特に、朝の時間のタンパク質摂取が不足する事が多いのが現状なので、対策を立てる必要があります。

スポンサードサーチ

トレーニング後の筋繊維系が小さくなる対象者がいる?!

筋繊維の太さを測定した研究では、トレーニング後の筋繊維系が小さくなる対象者が報告されています。

しかし、一方で、筋力に関しては増加しているとの報告があります。

その特徴に当てはまる対象者は、機能レベルが低いような、サルコペニアやフレイルの方が該当しています。

そのため、サルコペニアやフレイルに該当する方では、タンパク質摂取を積極的に行う必要があります。

健常高齢者においては、普段の食事からでも栄養状態が比較的良好な場合が多いので、追加でタンパク質摂取を行う必要性が少なく、筋力トレーニングのみでも効果が期待できると言えるでしょう。

サルコペニア・ダイナペニアの高齢者では、栄養状態が不良なことも多く、タンパク質摂取量が足りていない場合が多いため、筋力トレーニングのみでは効果が期待しにくいことになります。

そのため、3ヶ月以上のタンパク質摂取を併用しながらトレーニングを行うことが重要となります。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

各病院や施設は、全ての求人情報サイトに登録する訳ではないので、複数登録する事で より多くの求人情報に触れる事ができます。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】