「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
・・・ ・・・

リスク管理

早期離床のヒント!リハビリテーションにおける基準や指標は何か!

脳卒中などの発症後には、早期離床に伴うリハビリテーションを行うことの重要性が近年推奨されています。しかし、早期離床はリスク管理も重要になることから、その基準や指標を確認しながら離床を進めて行くことが大切になります。今回、 …

透析患者のリハビリテーションにおける基礎知識と腎臓のリスク管理

近年、腎臓機能障害に対するリハビリテーションが盛んになってきています。今回、透析患者のリハビリテーションにおける基礎知識と腎臓のリスク管理についてまとめていきたいと思います。

リハビリテーションにおける痙攣、てんかんのリスク管理、注意事項!

今回、リハビリテーションにおける痙攣、てんかんのリスク管理、注意事項についてまとめていきたいと思います。

脳血管障害とリハビリテーションにおけるリスク管理のポイント!

脳梗塞などの脳血管障害においては、病態を理解し、リスク管理をした上でリハビリテーションを展開することが求められます。今回、脳血管障害とリハビリテーションにおけるリスク管理のポイントについてまとめていきたいと思います。

心臓リハビリと虚血性心疾患、心不全!リスク管理のための症状の理解!

心臓リハビリテーションで押さえておきたい疾患として、虚血性心疾患と心不全があります。これらの病態がどのようにして起こるかを理解しておくことは、リハビリを行う上でのリスク管理につながります。今回、虚血性心疾患、心不全におけ …

心臓リハとリスク管理!血圧異常と不整脈の基準とリハ中止、ドクターコール!

心臓リハビリテーションを行う上では、リスク管理を適切に行うことが必要です。その中でも、高血圧、低血圧、徐脈、頻脈といった血圧と脈拍のバイタルサインは、客観的指標として有用なものとなります。では、それぞれの指標はどのような …

心臓リハビリテーションにおける運動強度!ATレベルの運動処方とは!

心臓リハビリテーションにおいては、運動強度を適切に設定することで、対象者のリスク管理を行なっていきます。今回、心臓リハビリテーションで大切なATレベルにおける運動処方についてまとめていきたいと思います。

循環器疾患リハ(心臓リハ)におけるリスク管理!運動が禁忌の病態を理解する!

循環器疾患に対するリハビリテーションでは、運動負荷量を適切に設定し、ATレベルでの運動処方が安全だとされています。今回、循環器疾患における運動負荷量の設定と、ATレベルでの運動がなぜ安全なのかについてまとめていきたいと思 …

呼吸器疾患におけるリハビリテーションのリスク管理の考え方!

リハビリテーションでは、疾患、合併症に応じたリスク管理を行いながらリハビリテーションを実践することが重要になります。今回、呼吸器疾患におけるリハビリテーションのリスク管理の考え方についてまとめていきたいと思います。

呼吸リハビリとADL指導のための知識と実践法!

呼吸リハビリテーションにおいては、リハビリで行っていることをいかに生活の場であるADL場面に汎化させていくかが大切になります。今回、呼吸リハビリにおけるADL指導のための知識と実践法についてまとめていきたいと思います。

1 2 »

管理人は年収40万UP、年間休日30日増!転職には専門サイト利用がオススメ!*経験、職種、地域、領域などにより異なります

カテゴリー

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.