「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 介護保険

介護保険

踏み間違い事故はなぜ起こる?高齢者・認知症者との関連性、予防について

直近ではニュースにはあまり出てきませんが、最近まで自動者の踏み間違い事故が話題になっていました。ここ最近は煽り運転の陰に隠れている印象でしたね。踏み間違いは、高齢者・認知症者のみに起こるのでしょうか、また、そのメカニズム …

地域住民用ソーシャル・サポート尺度の概要と評価方法、結果の解釈

対人関係、とりわけ他者からのサポートを得られるか、得られないかによっては地域生活の営み方も変わってきます。なんらかの疾患を抱えていたり、障害を負った方では社会的なサポートが必要になることも多くあります。今回、地域住民用ソ …

高齢者用ソーシャル・サポート尺度の概要と評価方法、結果の解釈

リハビリテーションやケアマネジメントにとって、高齢者の健康維持や社会的な関係性を維持していくことは大切な視点になります。サポートしてくれる人、手段があると身体的な制限があっても生活を維持していくことができるためです。今回 …

認知症を有する方の家族への支援とケアマネジメントの視点

認知症を有する方の家族で、認知症に対する知識不足から否定的な感情を抱いたり、認知症のネガティブなイメージが先に来てしまう場合があります。このような状態では、認知症を有する方の介護が不十分なものになってしまう可能性もありま …

興味関心チェックシートの活用(リハビリ、ケアマネジメントにおける目標設定支援ツール)

リハビリやケアマネジメントにおいて、対象者が自ら目標を設定することは、自立支援において重要な要素です。対象者によっては自ら生活の目標を述べるまたは決定することができない場合もあり、そのような際に興味関心チェックシートが役 …

リハビリ、ケアマネジメントにおけるニーズの評価(デマンドとニーズ、顕在・潜在ニーズについて)

リハビリテーションやケアマネジメントにおいてニーズを把握することは、対象者にとって意味ある作業を提供することにつながります。対象者自ら語ってくれる場合であっても、潜在化されているニーズが隠れていたり、認知症があり自らお話 …

看取りに関するケアマネジメントの視点

介護保険制度では、人生の終末における最後の時期を看取りと呼びます。看取りの段階では誰がどのように関わり、その人の死の瞬間まで支えていけるかをマネジメントしていくことが重要になります。今回、看取りに関するケアマネジメントの …

介護予防としての運動の種類と効果のエビデンスー虚弱高齢者への注意点も含めてー

運動は疾病予防や生活習慣病の危険因子の改善に有効とされています。高齢者では生理学的に運動機能の低下が起こり、心肺機能や筋力などの低下がみられますが、運動により改善が可能です。今回、介護予防としての運動の種類と効果のエビデ …

地域包括ケアシステムと地域ケア会議ー作業療法士の役割についてー

先日、和歌山県で開催された「地域ケア会議に資する人材育成研修会」に参加しました。その中で、地域ケア会議での作業療法士の位置付けとその役割について、個別会議での助言を行う際の考え方などを、グループワークを通じて学びました。 …

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.