「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 神経解剖学・神経行動学

神経解剖学・神経行動学

視床出血でなぜ運動失調が起きるのか!メカニズムと小脳との関係!

視床出血ではなぜ運動失調が起きるのでしょうか?対象者の方が失調様の症状を呈しているときに、それが運動失調による物なのか、運動麻痺によるものなのかについての考えることができると、アプローチも最適なものが選択できます。 視床 …

視床亜核の機能と脳領域の連絡、リハビリテーションへの応用

視床は様々な亜核により構成されており、それぞれの機能が異なり、脳への連絡もそれぞれです。今回、視床亜核の機能と脳領域の連絡、リハビリテーションへの応用について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

相貌失認とリハビリテーション、その対応

相貌失認があると、知っているはずの人を見てもだれであるかがわからなくなります。今回、相貌失認のリハビリテーションとその対応について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

触覚失認の概要とリハビリテーションの考え方

触覚失認があると、ファスナーを閉めることが難しいなどの症状が確認されます。今回、触覚失認の概要とリハビリテーションの考え方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

遂行機能障害と介入方法、その方略における具体的なアプローチ

遂行機能障害があると、日常生活や仕事など、様々な活動に制限をきたしてしまうことが考えられます。今回、遂行機能障害と介入方法、その方略における具体的なアプローチについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

記憶障害に使用できる電子機器と支援者に対する方略

記憶障害の代償と日常生活の遂行のために、電子機器を使用した支援技術により成功する例があります。また、記憶障害の対象者を取り巻く重要な他者を、リハビリテーションの介入に含めることが重要です。今回、記憶障害に使用できる電子機 …

記憶障害と日常生活への汎化に向けたリハビリ(メモリーノート、エラーレス学習)

記憶障害に対するリハビリテーションでは、記憶そのものの改善を目指すもの、方略訓練、補助具の利用に分類されます。今回、記憶障害とリハビリテーションアプローチについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

記憶の段階、記憶障害の関連用語と日常の行動例〜生活の視点から記憶障害をみる〜

記憶障害には様々なものがあり、それぞれが日常生活を送ることの困難さを生じさせます。今回、記憶の段階、記憶障害の関連用語と日常の行動例について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

注意障害に対するリハビリや介助の際の支援の視点

注意障害があると、日常生活の遂行に支障をきたします。今回、注意障害に対するリハビリや介助の際の視点について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

高次脳機能障害で、空間関係の障害がある場合のリハビリテーション

高次脳機能障害の中に、空間関係の障害があります。今回、空間関係の障害のリハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

1 2 3 4 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.