「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 神経解剖学・神経行動学

神経解剖学・神経行動学

リハビリテーションと感覚入力!感覚が入るとどのような変化があるのか!

リハビリテーションにおいては、「感覚入力」が重要だということが言われています。しかし、「感覚入力」ってそもそもどのようなことを示しており、それがどのような影響を与えるかを理解しにくい方もいるのではないでしょうか。今回、リ …

前頭葉損傷(遂行機能障害)に対する評価と作業療法、リハビリテーションアプローチ

前頭葉損傷で問題となるのは、注意障害、遂行機能障害、脱抑制による反社会的行為などが挙げられます。今回、前頭葉損傷(遂行機能障害)に対する評価と作業療法、リハビリテーションアプローチについてまとめていきたいと思います。

高次脳機能障害と作業遂行上のエラーに対する支援とアプローチの例

高次脳機能障害があると、作業遂行上のエラーを引き起こす可能性が高くなります。それは、職業生活上においてミスにつながり対象者の不利益となる可能性が高くなります。今回、高次脳機能障害と作業遂行上のエラーに対する支援とアプロー …

失行は左右どちらの手に現れるのか!パターンを知っておくと臨床推論につながる!

失行には、有名なものとして観念運動失行、観念失行などがありますが、これらは左右どちらの手に現れるのでしょうか。臨床観察において、そのパターンを知っておくと、疑問点の解消につながりやすくなります。今回、失行は左右どちらの手 …

移乗動作が上手くいかない原因!高次脳機能障害に着目して!

移乗動作がなかなか自立しない原因の一つに、身体機能的制限によるものと、高次脳機能障害によるものが考えられると思います。身体機能的なことに関してはわかりやすいですが、高次脳機能障害の視点から移乗動作を考えていくことも大切で …

更衣動作評価で観察するべき視点!高次脳機能障害を中心として!

更衣動作の評価では、どのような点に注目して観察をしているでしょうか。どの評価においても、「こういう点が観察されればこうかもしれない」というような基準があれば評価も行いやすくなります。今回、更衣動作評価で観察するべき視点に …

記憶障害のリハビリ:誤りなし学習と試行錯誤学習の使い分け

記憶障害のリハビリテーションでは、誤りなし学習の効果が高いとされています。しかし、対象者の状態や課題によっては試行錯誤学習を取り入れていく場面も必要になります。今回、記憶障害のリハビリテーションにおける誤りなし学習と試行 …

日本語版SRSIの概要と評価方法、結果の解釈

脳損傷者に対するアウェアネスの評価法として、日本語版SRSI(Self Regulation Skills Interview)があります。今回、日本語版SRSIの概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきたいと思い …

能動的注意と受動的注意!その違いと神経機構!

普段の臨床では「注意」と呼ぶことが多いですが、注意には能動的注意と受動的注意があります。このあたりの知識を整理し、把握しておくことで、臨床場面での症状観察に役立てることが可能です。今回、能動的注意と受動的注意の違いと神経 …

半側無視の行動評価CBSの概要と評価方法、結果の解釈

半側無視の行動評価として、CBS(Cathrine Bergego Scale)があります。今回、CBSの概要と評価方法、結果の解釈について、まとめていきたいと思います。

1 2 3 4 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.