「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
・・・ ・・・

精神科

アパシー(意欲障害)の定義とうつとの区別、うつ病がアパシーを引き起こすメカニズム!

今回、アパシー(意欲障害)の定義とうつとの区別、うつ病がアパシーを引き起こすメカニズムなどについて文献を参考にまとめていきたいと思います。

脳卒中後のうつ状態、アパシー(意欲障害)と血管性認知症との関係

脳卒中後にアパシー(意欲障害)を高い頻度で合併するものとして、血管性認知症が挙げられます。アパシーは脳血管障害の結果として起こりますが、これが廃用性認知症の原因となる可能性も指摘されています。今回、脳卒中後のうつ状態、ア …

アルツハイマー型認知症で見られる意欲障害!うつとの違いも考えながら!

アルツハイマー型認知症では、アパシー(意欲障害)は心理・行動症状(BPSD)のひとつとして数えられています。今回、アルツハイマー型認知症とアパシー(意欲障害)について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

パーキンソン病における意欲障害!パーキンソン病とアパシーや鬱との関係性!

パーキンソン病は運動症状の他に認知機能障害や精神症状を伴う疾患であり、うつやアパシーを合併しやすいと言われており、対象者のQOLや介護負担に影響を与えることがあります。今回、パーキンソン病とアパシーについて、文献を参考に …

うつ病とアパシー(意欲障害)は違う?同じ?うつ病の診断基準からアパシーを捉える!

うつ病において、意欲の低下は症状のひとつとして重要であり、アパシーの概念も一部含まれていると考えることができます。今回、うつ病とアパシー(意欲障害)について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

摂食障害の認知と情動パターン

摂食障害の人の心理的特徴として、承認されたいという欲求や、こうでありたいというような強迫的な思いがきっかけとなるアディクション(嗜癖)があります。この方法を使って人に認められて、自分の価値を確かめるというような歪んだ自己 …

依存症、アディクション(嗜癖)の回復にはステージ(段階)がある?!

依存症、アディクション(嗜癖)からの回復とは、病気や症状があっても、自分の価値を実感し、その上で自分の希望に沿った生き方を自分から追い求める姿勢がある状態といえます。今回、依存症、アディクション(嗜癖)の回復のステージに …

ICFをリハビリテーションに活かす方法!精神科から身障・老年期分野まで!

ICFをリハビリテーションに活かす方法について考えていきたいと思います。

管理人は年収40万UP、年間休日30日増!転職には専門サイト利用がオススメ!*経験、職種、地域、領域などにより異なります

カテゴリー

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.