カタボリックとアナボリックは聞きなれない言葉ですが、それぞれ「異化」と「同化」の意味があります。今回、カタボリックとアナボリックについて、血糖値とタンパク質の関係を見ていきながらまとめていきたいと思います。

カタボリックとアナボリック!血糖値とタンパク質の関係!

アナボリックとカタボリック

アナボリックは、体の組織が新たに合成されることをさします。
専門的には「同化」と呼ばれます。

カタボリックは、体の組織が壊され分解されることをさします。
専門的には「異化」と呼ばれます。
異化は、細胞が新しいものに入れ替わるのに必要な仕組みです。

同化>異化となると筋肉は増えます。
一方、同化<異化となれば筋肉は減少します。

血糖値低下とタンパク質

日常生活の中では、お腹の虫が鳴ったり、集中力が切れてきたりすることがありますが、これは血糖値が下がってきているサインでもあります。
血糖値が低下するということは、生命を維持するという視点からすると非常事態宣言のようなものです。
生命維持に必要なエネルギーを作り出すために、体脂肪の酸化を強め、同時に筋肉の構成物質であるタンパク質をアミノ酸に分解することで肝臓に運ばれて糖になります。
このように、タンパク質がエネルギー源として利用されてしまいます。
空腹時には前途したカタボリック(異化)が活発になります。

血糖値上昇とタンパク質

食事の摂取などにより血糖値が上昇すると、膵臓よりインスリンが分泌されます。
インスリンの作用は、糖質をそれぞれの組織に運ぶことですが、アミノ酸を筋肉に運ぶ作用も有しています。
インスリンが分泌されている最中は筋肉の合成が行われており、これは前途したアナボリック(同化)になります。

食後4〜5時間後には、血糖値低下を防ぐため、カタボリック(異化)状態になります。
すると、筋肉は減りやすい状態になります。
このように、日常では異化と同化を繰り返しています。

生活スケジュールとカタボリック、アナボリック

起床後、朝食をとることで膵臓よりインスリンが分泌されます。
朝食をとることでアナボリック(同化)状態になりますが、朝食を抜くとカタボリック(異化)状態となってしまうため、朝食は必ずとるようにすることが重要です。

どんな運動をしている最中でも、カタボリック(異化)になります。
運動を行うのであれば、その前後に栄養補給をすることが大切です。
これにより、運動後にもアナボリック(同化)状態に変わります。

昼食後、しばらくするとインスリンが平常時の基礎分泌量に戻るため、カタボリック(異化)状態に向いていきます。
そのため、昼食後3〜4時間経てば、小腹満たしに栄養補給をすることが望ましくなります。

睡眠中は絶食状態であり、睡眠中も筋肉は分解されます。
エネルギー不足であれば、カタボリック(異化)状態であり、肝臓で糖が作られるようになります。

まとめ

・カタボリック(異化)<アナボリック(同化)=筋肉が増える
・カタボリック(異化)>アナボリック(同化)=筋肉が減る
・空腹ではカタボリック(異化)状態になる
・食事摂取により血糖値が上昇すると、膵臓からインスリンが分泌され、その作用にはアミノ酸を筋肉に運ぶ働きがある