脳卒中を発症すると、脳が損傷されることで運動麻痺が生じる場合があります。運動麻痺が重度だと、動きがないか、少し動く程度なので、自主トレとしてどのようなことを行ってよいかわからない場合が多くあると思います。今回、脳卒中片麻痺者における、重度運動麻痺の手指の自主トレについて、紹介していきます。

脳卒中片麻痺者の手指のリハビリ・自主トレ方法(重度運動麻痺の場合)

脳卒中片麻痺と重度運動麻痺

脳卒中を発症すると、脳が損傷を受け、脳から脊髄までの神経伝達がうまく行われず、運動麻痺が生じることがあります。
指に動きがある場合は、トレーニングの方法はわかりやすいですが、動きが全くない、もしくは動きがわずかという重度の運動麻痺の場合では、どのように訓練を行えばよいかわからないことがあると思います。
病院に入院している場合、担当の作業療法士や理学療法士から肩や腕の訓練をしてもらえますが、日常生活動作の訓練も同時並行的に行う必要があるため、そちらに時間がとられ、指の訓練の時間が短くなることもあります。
何より、長くても作業療法の時間は1時間から1時間20分程度と思われ、1日の残りの時間をどのように過ごすかが、運動麻痺の回復に重要な要素となります。
リハビリにおいて、指の訓練が短いと感じたら、遠慮せずに担当の療法士に尋ねてみてください。
それぞれの療法士の考え方はありますが、今の自分に合ったトレーニングの方法を教えてくれるはずです。

目標を決めることが訓練の原動力に!

何も目標がなく、ただ言われた訓練を行っているだけでは面白くもなにもなく、ただしんどいことをやっているだけという感覚に陥ってしまいます。
リハビリテーションでは目標を定めるのですが、そのことにより訓練意欲が増し、より積極的に訓練に取り組むことが可能になります。
指のリハビリにおいては、指の動きが良くなったらどんなことをしたいのかを自分の中で考え、それに向けて訓練を組み立てていくことが大切です。
作業療法士・理学療法士とともに考えることで、お互いに目標を共有しながら、それに向かって進んでいくことができます。
リハビリスタッフにはなんでも相談してみてください!

脳卒中片麻痺と筋力低下

脳卒中が起こると、脳の神経細胞が損傷を受けます。
すると、脳から脊髄までの運動指令がうまく行き届かず、腕が動きにくいという現象が起きます。
運動指令が今までは100%だったものが、30%、50%というように伝達されにくくなってしまいます。
これにより、筋肉の収縮量が減少(筋出力の低下)してしまいます。
この状態を神経原性筋力低下といいます。

脳卒中片麻痺の筋力低下を克服するには

運動指令が低下し、筋肉の収縮量が減っている状態に対しては、しっかりと動かして筋肉の収縮量を上げていく必要があります。
(うろ覚えではありますが)ラットを使った実験では、一つの部位の運動機能の回復を促すには、1日200回以上動かす必要があるとの報告があったように思います。
私は患者さまには「1日1000回動かすつもりでいてください」と伝えており、そのため患者さまに「鬼みたいやな」とよく言われています。
肩や腕の筋収縮がなくても、動かすことで関節の動く範囲を保つことができます。
関節が柔らかいことは、後で筋収縮がみられた時のために重要なことなので、動くことを信じてトレーニングを行っていきます。

筋力強化の原理原則

筋収縮量を向上させるには、抵抗をかけることにより、通常よりもより筋肉を収縮させることを行う必要があります。
筋力強化の原理原則では、1回で持ち上げられる最大の重さの60%程度の重さを10回1セットで3セット行うことで筋力強化が行えるとされています。
脳卒中片麻痺者の自主トレーニングでは、そこまで考えられるのは軽度者かと思いますが、それでも自主トレーニングの中で上記のように抵抗や重りを使用してのトレーニングは非常に重要だと考えています。
脳卒中片麻痺者では神経性の筋力低下が起きていることから、しっかりと動かして鍛えていくことが大切になります。

重度運動麻痺の場合は、動きが全くみられない、もしくはわずかに見られる程度ですから、まずは筋収縮を誘発し、動きを発現しやすくすることがポイントになります。
徐々に動きが見られてきたら、上記のように負荷をかけていくようにします。

リハビリ、自主トレの方法と解説



重度運動麻痺で指の動きが全く見られない、もしくはわずかに見られるような場合、まずは筋収縮を発揮できるようにしていく必要があります。
脳卒中の回復過程において、まずは全部の指を曲げる動きが最初に回復してくる方が多いと思います。
そして、全部の指を伸ばす動きが回復し、個別の指の運動が回復していくようなパターンになります。
指が握れると、何か物をしっかりと握り・掴めるようになり、指が伸ばせるとつかんだ物を離せるようになります。
まずは、全体的な指の曲げ伸ばしが獲得できるようにしていく必要があります。

指が動かないことを弛緩性の麻痺といいますが、この状態の場合腕のどの部分でもよいので、とにかく筋収縮が入る状況を作り出すことが大切です。
「連合反応」と呼んでいる現象を利用します。
「連合反応」は、例えば片方の腕に思いっきり力を入れた場合、もう片方の腕にも自然と力が入ってしまうような現象のことです。
片麻痺の方があくびをした時に、腕が動く現象も連合反応になります。
運動麻痺により筋収縮が入らない場合、これを利用していきます。
つまり、動く側の指に力を思いっきりいれることで、麻痺側の指に筋収縮が入るのを期待するのです。
ポイントは、とにかく思い切りです。血圧には注意する必要がありますが、余力を残さないくらい行うことに意味があります。
この方法は療法士と一緒に行うことが多いのですが、自分で行う方法を紹介します。
ベッド柵に健康な側の腕をかけ、ベッド柵をしっかりと握り、肘を思いっきり曲げます。その時、麻痺側の指もしっかりと握ることをイメージしながら力を入れます。

良い反応があると、麻痺側の腕に反応があります。見逃さずに取り組んでください。

【スポンサーリンク】




筋収縮を促す他の方法としては、低周波治療器を利用したものがあります。
重度運動麻痺の場合、筋収縮がないことから筋肉が萎縮してしまうことがあります。
それを少しでも防ぐという意味でも、低周波治療器はその助けになる可能性があります。
私が使用している低周波治療器はオムロンの「エルパレス HV-F125」です。
 

 

低周波治療器の禁忌事項として、心臓ペースメーカーを使用されている方は使用しないようにします。
またけいれん発作をおこした方、妊娠中の方、皮膚疾患がある方、悪性腫瘍がある方は医師と相談の上使用するようにしてください。
皮膚の傷や瘢痕、感覚が全くない部位への使用も控えるようにします。

頻度は1セット15分を2セット、1日午前と午後で使用します。
モードは「おす」を選択してください。
低周波での筋肉の動きに合わせて、自分でも動かそうと意識しながら力を入れることが大切になります。
必要以上の強さや回数を行うと電気火傷を引き起こす場合があるため注意が必要です。

パッドの貼り付け位置を示していきます。
指を伸ばす場合の貼り付け位置です。
①手のひらを下に向けテーブルに乗せます。肘の端にパッドを1枚、指1本分あけてもう一枚パッドを貼り付けます。
強さは手首と指が軽く伸びる程度にしてください。

f:id:happyhealth:20160702113115j:plain

指を曲げる場合です。
①腕を回外(親指を外側に回す)させ、手のひらが天井に向くようにします。手首の端に1枚貼り付け、指1本分空けてもう一枚を貼り付けます。
強さは指が軽く曲がる程度にしてください。

これらは、手首の自主トレ、リハビリとしても行われる方法です。
作業療法士や理学療法士が電気治療を行う場合、もっと細かいパッドなどを用いて個別の指の動きを促していくのですが、市販のものはパッドが大きいこともあり、複数の関節が動いてしまいます。
低周波治療器を用いると、自分の麻痺している側の指が動いていることが、目から脳へ情報として伝わるため、「学習された麻痺」の状態を防ぐ役割があることも考えられます。
学習された麻痺とは、麻痺側の腕や指を使用しないことで、脳が麻痺側の腕はもう使わなくてもよいと学習してしまうことです。
すると、麻痺側の指の動きを司る脳の部位の機能は低下していってしまいます。
このような状況を防ぐのにも、低周波治療器は意義があるのではないかと思います。

【スポンサーリンク】




ミラーセラピーも、重度運動麻痺者に適応できる治療法で、自主トレとしても最適です。
ミラーセラピーとは、簡単に言うと、鏡を見ながら運動をおこなうことです。

ただ、鏡は自分の真ん中に置き、麻痺側の指の動きは目で見ることはありません。
鏡には、自分の健康な側の指が映るのですが、それを見ることで、あたかも麻痺側の指が動いているように錯覚させています。
これにより、麻痺していない側の指が正常に動いているように視覚的な錯覚を作り出すことができます。
視覚的な錯覚が脳に情報として伝わると、実際に運動した時と似た脳の活動が起るとされています。
この方法であれば、指の動きが見られなくても行え、様々な指の動きを行うことができます。

写真に写っている物はミラーボックスと呼ばれる物ですが、これはダンボールと鏡があれば手作りすることができます。
①ダンボールを分解していたら、底はテープをしっかりと貼り付けます。
②図のように、ダンボールの側面に2つ穴を開けます。自分ははさみを突き刺し、そこから切っていきました。
 この穴は、両腕を通すための穴です。

③いらない部分をはさみで切り取ります。この場合、上部右側は、鏡を支えるのに必要なため残しています。

④鏡が支えられるのが確認できたら、両腕を入れて動かしてみます。

指の動かし方は、重度運動麻痺の場合は、基本的に「グーパー運動」で良いと思います。

ミラーセラピーは確固たる根拠がまだないのですが、1日30分程度行う場合が多いと思います。
ミラーセラピーも、「学習された麻痺」を防ぐことが期待できます。
また、錯覚ではありますが、自分の指が動いているように見えることは、動かない状態でトレーニングを行うよりも意欲的に取り組める可能性は高くなります。
頑張って動かしても、動いていないのをみると「だめか〜」というネガティブな気持ちになることが多いと思います。

指の動きが回復してきたら、次に日常生活で使用できる場面はないかを考えいきます。

日常生活でいかに指を使うかが回復の鍵になる

脳卒中の回復には、日常生活でいかに麻痺側の指を使用できるかによって、その度合いが変わってくるとされています。
そのため指の動きがでてきたら、日常生活で使用できる場面はないかを考える必要があります。
親指の動きが出てきたら、人差し指との間に物を挟むことができるかもしれません。
指を使用する場面は、担当の作業療法士と共に考えることができます。

関連記事