膝関節に焦点を当てた評価ツールとして、膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)があります。今回、OKSの概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきたいと思います。

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)の概要と評価方法、結果の解釈

文献

上杉裕子 ,  藤田君支 ,  中村宣雄 ,  柿本明博 ,  黒田良祐 ,  菅野伸彦 . (2013) 縦断調査による Oxford Knee Score  日本語版の信頼性・妥当性の検証 ,  日本運動器看護学会 誌 . Vol8, 33 – 39.

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)の概要

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)は、膝関節疾患に焦点を当てた評価ツールです。

このようなある疾患のみに焦点を当てているものを「疾患特異的」と呼びます。

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)は、12の質問から構成され、対象者は自己記入により回答を行っていきます。

各項目は5件法によって評価され、痛みがない、もしくは機能的に良好な状態を「4」とし、痛みが強い、もしくは機能的に状態がよくないものを「0」としています。

 

【スポンサーリンク】

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)の評価方法

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)は質問紙を対象者に配り、対象者はそれに自分で回答(選択肢を選ぶ)していく自己記入式となっています。

質問項目

①通常感じた膝の痛みの程度
②体を洗ったり体を拭いたりする動作の行いやすさ
③車やバス、電車の乗降の行いやすさ
④歩くときの膝の痛みの程度
⑤ご飯を食べた後に椅子から立ち上がる動作での痛みの程度
⑥歩くときにどのくらい足を引きずることがあったか
⑦しゃがみこみ動作の後の立つ動作の行いやすさ
⑧寝ている時に膝の痛みでどのくらい睡眠を妨げらるか
⑨仕事や家事がどの程度妨げられたか
⑩膝折れや、膝の頼りなさをどの程度感じることがあったか
⑪一人で買い物をするときの行いやすさ
⑫階段を降りる動作がどの程度難しかったか

 

評価表は、以下を参照してください。
http://www.lab.kobe-u.ac.jp/ghs-ihny27/images/Oxford_Knee_Score.pdf

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)の結果の解釈

膝関節疾患特異的尺度(日本語版Oxford-knee score:OKS)は、各項目の点数を合計し、総得点を算出します。

スコアは、最低点0(最も状態が良くない)もの〜48点(最も状態が良いもの)となっています。

この評価表を通じて、セラピストは対象者がどのような動作に困難を感じ、また痛みを感じやすいのかを把握することが可能です。

それにより、対象者に合った動作方法の検討やリハビリテーションプログラムを立案することにつながります。

また、アウトカム評価としても利用することが可能です。

 

【スポンサーリンク】



ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加