脳卒中のリハビリテーションでは、病院での作業療法、理学療法のみでは時間が短く、練習量としては足りないのが現状です。1日24時間のうち、訓練以外の時間をどのように過ごすかが重要で、自主訓練に積極的に取り組み、成果が出てくると、自宅に帰ってもさらなる機能向上に向けて取り組むことが可能になります。

自分でできる脳卒中片麻痺の上肢(肩・腕)のリハビリ・自主トレ(中〜軽度運動麻痺の場合)

自主トレに関してオススメの書籍

 

目標を決めることが訓練の原動力に!

何も目標がなく、ただ言われた訓練を行っているだけでは面白くもなにもなく、ただしんどいことをやっているだけという感覚に陥ってしまいます。
リハビリテーションでは目標を定めるのですが、そのことにより訓練意欲が増し、より積極的に訓練に取り組むことが可能になります。
腕のリハビリにおいては、腕の動きが良くなったらどんなことをしたいのかを自分の中で考え、それに向けて訓練を組み立てていくことが大切です。
作業療法士・理学療法士とともに考えることで、お互いに目標を共有しながら、それに向かって進んでいくことができます。
リハビリスタッフにはなんでも相談してみてください!

脳卒中片麻痺と筋力低下

脳卒中が起こると、脳の神経細胞が損傷を受けます。
すると、脳から脊髄までの運動指令がうまく行き届かず、腕が動きにくいという現象が起きます。
運動指令が今までは100%だったものが、30%、50%というように伝達されにくくなってしまいます。
これにより、筋肉の収縮量が減少(筋出力の低下)してしまいます。
この状態を神経原性筋力低下といいます。

脳卒中と筋力低下については、以下の記事を参照してください。
脳卒中運動麻痺〜一次運動野と皮質脊髄路による捉え方の違い〜

脳卒中片麻痺者の筋力低下のエビデンス

筋力トレーニンングで痙縮は増大するのか

【スポンサーリンク】

脳卒中片麻痺の筋力低下を克服するには

運動指令が低下し、筋肉の収縮量が減っている状態に対しては、しっかりと動かして筋肉の収縮量を上げていく必要があります。
(うろ覚えではありますが)ラットを使った実験では、一つの部位の運動機能の回復を促すには、1日200回以上動かす必要があるとの報告があったように思います。
私は患者さまには「1日1000回動かすつもりでいてください」と伝えており、そのため患者さまに「鬼みたいやな」とよく言われています。

筋力強化の原理原則

筋収縮量を向上させるには、抵抗をかけることにより、通常よりもより筋肉を収縮させることを行う必要があります。
筋力強化の原理原則では、1回で持ち上げられる最大の重さの60%程度の重さを10回1セットで3セット行うことで筋力強化が行えるとされています。
脳卒中片麻痺者の自主トレーニングでは、そこまで考えられるのは軽度者かと思いますが、それでも自主トレーニングの中で上記のように抵抗や重りを使用してのトレーニングは非常に重要だと考えています。
脳卒中片麻痺者では神経性の筋力低下が起きていることから、しっかりと動かして鍛えていくことが大切になります。

自主トレに関する記事

次の章で肘のリハビリや自主トレのことが書かれていますが、他の部位のリハビリについては以下の記事を参照してください。
脳卒中片麻痺者の回復を促すリハビリ・自主トレ!両手動作の練習が絶対に大事!

脳卒中片麻痺者の箸操作獲得に必要な要素とリハビリ法(自主トレ含む)

脳卒中片麻痺者の手指のリハビリ・自主トレ方法(中等度〜軽度運動麻痺の場合)

脳卒中片麻痺者の手指のリハビリ・自主トレ方法(重度〜中等度運動麻痺の場合)

脳卒中片麻痺者の手指のリハビリ・自主トレ方法(重度運動麻痺の場合)

脳卒中片麻痺の下肢(足首)に対するミラーセラピーの概要と方法(自主トレ)

文献レビュー:脳卒中片麻痺者の自主トレと家族の役割を考える

ミラーセラピーの方法(脳卒中片麻痺の指、手首、前腕のリハビリ、自主トレ

脳卒中片麻痺の手関節(手首)のリハビリ、自主トレ方法

脳卒中片麻痺の前腕の運動(回内、回外)のリハビリ、自主トレ方法

脳卒中片麻痺の上肢(肩・腕)のリハビリ・自主トレ方法(重度運動麻痺の場合)

脳卒中片麻痺者の握力の鍛え方、リハビリ、自主トレ方法

脳卒中片麻痺者の上肢機能訓練の課題設定と段階付け(変更の基準)の考え方

肩のリハビリ、自主トレの方法と解説

軽度運動麻痺とは、「肩を90度以上挙げられる」方を対象とします。
このレベルの方では、例えば120度程度肩を挙げることも可能ですが、肩の上げ方によっては関節に痛みを引き起こしてしまうため注意が必要です。
特に座って訓練を行う場合、肩を挙げる際には手のひらが常に顔を向いているように注意しておく必要があります。
手のひらを顔に向けることで、肩関節は外側に回旋し、この状態になると上腕骨の骨の一部が肩関節内をスムーズに通過しやすくなります。
自主トレは重要ですが、無茶なやり方を続けていては、逆に機能低下を招いてしまいます。
繰り返しますが、肩を挙げる時には手のひらは自分の顔の方に向いていることを意識する必要があります。

軽度の運動麻痺の場合、ある程度自由度の高い運動が行えるレベルなので、積極的に筋力強化を行う必要があります。
筋力強化を行うことで余力ができ、普段使用する範囲の腕の運動には余裕をもって取り組むことが可能です。

まずは座った姿勢で行うトレーニングです。
このレベルの場合、ある程度肩が上がっても、まだ重力に負けてしまい、図のような腕の使用になることがあります。

これは、肩を挙げる筋(三角筋)が働きやすい位置に持ってきているためか、もしくは腱板筋という、肩を安定させる筋肉の働きが弱く、重力に負けてしまっているためだと解釈されます。
腱板筋を鍛えるには、座っての方法が行いやすいです。
①輪ゴムを3つつなげます。両手の手首付近に輪ゴムを通し、肩を外側に回旋させます。

*輪ゴムが抵抗となり、筋力を鍛えることができます。
 脇は閉めた状態で行い、肩が外に開かないようにすることが重要です。
②机の前に座り、肩が90度上がる状態で保てるように箱などをセットします。
 肩を外側に回旋します。

③机に対して横向きに座り、肩が90度上がる状態で保てるように箱などをセットします。
 肩を外側に回旋させます。

*上記のトレーニングも含め、外側に回旋させてから戻る時はゆっくりブレーキをかけながら戻すようにしてください。
このブレーキをかけながら戻す動きを筋肉の「遠心性収縮」というのですが筋力強化ではこの収縮様式を用いることが一番効果的だとされています。

上記トレーニングにより、腕を上げる際に下図のような上げ方ができてくれば、肩周りの筋肉は相当力がついてきている証拠です。

そして、この肩の動きをトレーニングするのに良いのが、キャッチボールです。
ボールは柔らかいものを使用してもらって構いません。
ボールを投げる瞬間の格好、先ほどのトレーニングと似ていませんか。
そうです、この動きは肩を上げながら回旋させるという、脳卒中片麻痺の方に対するトレーニングの要素をかなり含んでいるといえます。
そのため私は機能の高い患者様にはこのキャッチボールを行ってもらいます。
難しい所は、運動する関節の数が多いために、コントロールがつきにくくなることです。
ボールを投げる瞬間にはうまく手の指も離していかなければなりません。
注意点ですが、立ちながら行うとバランスを崩すことがあるので、最初は座って行う方が無難です。

そして、次に天井に向けて手を伸ばせる力を強化していくようにします。
天井に向けて手を伸ばすことは、完全に重力に打ち勝つことを意味します。
この動きができてくると、「孫を抱っこして持ち上げたい」というような目標にも近づくことが可能です。
どこまで大きな赤ちゃんや子供を抱っこするかによって異なりますが、両手で脇を抱えて5〜10kg程度上げることができると達成できると思います。

最初のトレーニングでは、腱板筋と呼ばれる深い場所にある筋肉(肩を安定させる働きがある)を収縮させることが目的でした。
次に、肩の外側の筋肉(主に三角筋)を鍛えていきます。
腱板筋と三角筋がダブルで働いてこそ、腕は天井まで伸ばすことができるようになります。

サンディングという課題で三角筋や前鋸筋(肩甲骨を外側に突き出す)を鍛えていきます。
市販品は医療用なのでかなり高額です、いや、詐欺だとおもうくらいのびっくりする値段です。
このように周りにDIYが得意な方はぜひとも作成してもらうと良いと思います。

サンディングボードを使用する場合、三角筋、前鋸筋の筋力を向上させたいのであれば、腕を上げた時の角度が、肩関節60度となるような設定で行うと効果的だと思われます。

上腕三頭筋(肘を伸ばす筋肉)、棘下筋(腱板筋:肩を90度以上あげるのに必要)の筋力を向上させたいのであれば、腕を上げた際の肩関節の角度が120度となるような設定で行うと効果的だと思われます。

また、肩を外側に向ける動きも取り入れると、三角筋全体の強化につながります。

*10回行って余力がある場合は、負荷が足りていません、その場合は手首付近に重りを巻きつけて負荷を増やして行います。
*先ほどのトレーニングと同じ注意点ですが、戻す時はゆっくりです。「遠心性収縮」を利用して、筋肉をとことんイジメてあげることで筋力向上が望めます。

サンディングボードがない場合、そんなこともあると思います。
そのときは平らな机を利用します。
平らな机で、手首に重りを巻きつけて行います。前、斜め前(左右)、横方向など、様々な方向に腕を押していきます。

指が握れるのであれば、雑巾の上に重りを置き、それを握りながら押し進めることで握力強化にもつながります。
注意点は、戻すときに体ごと後ろに戻さないことです。体ごと後ろに戻しているということは、腕の力が使えていない証拠になります。

次に、壁サンディングがあります。
その名の通り、壁に向かってサンディングをするというものです。
この課題を通して、三角筋の強化と、肩甲骨を外に突き出す前鋸筋の強化が期待できます。
肩甲骨は腕を支える土台であり、土台がしっかりしていないと腕はその機能を発揮できません。
とても大切なトレーニングになるので、しっかりと行ってください。
壁に向かって立ち、雑巾を手に持ち、できるだけ高い位置めがけて雑巾で拭いていきます。

その後下に下げますが、楽にできる所まで下げてはいけません。中途半端な位置でとめ、筋肉が収縮している状態を保持させます。その後また上げていくという作業を繰り返していきます。
10回で限界になる程度の負荷が必要です。余力があるならば、手首付近に重りを巻いて上に上げていきましょう。
この課題は今までのトレーニングの中で一番負荷が高いトレーニングです。肩に痛みが生じてきたらすぐに中止し、負荷を減らすなどの対策を講じてください。

ここまでのトレーニングがこなせるようになってくると、かなり筋力が向上していると考えられます。
先ほど「孫を抱っこしてやりたい」という話がありましたが、これを行うために私がよく患者様に取り組んでもらっているトレーニングがあります。
椅子の持ち上げです。
4脚の椅子の脚の付け根を子供の脇の部分に見立て、それを持ち上げてもらうという課題です。

椅子の重さはそれぞれですが、子供の重さに満たなければ重りを巻いてもらっています。

ここまでくるともはやリハビリというよりもトレーニングというふうなイメージに変わってきましたね。
最後に紹介するのは、プッシュアップです。
リハビリ室にはプッシュアップ台があるため、私はたまに利用しています。
図のようにプッシュアップ台を握り体を持ち上げます。

この運動では、肩、肩甲骨周りの筋肉が強く収縮し、筋力増強効果が期待できます。
私の経験上、このトレーニングを取り入れてから握力がかなり向上したことがあります。
おそらく、かなり踏ん張ろうとするので筋収縮力が向上するのだと思います。

 

【スポンサーリンク】

日常生活でいかに腕を使用できるかが今後のポイント

中〜軽度の片麻痺者の場合、ある程度腕の自由度はあることが想像できるので、日常生活の様々な場面での使用が想定されます。
日常生活で腕を使用・参加させないことには機能回復の道は開けません!といっても良いくらい大切なことです。
担当の療法士と相談しながら、どのような場面で腕が使えそうか、試しながら、実践していってください。

・アイロンをかける
・傘をさす
・灯油の入ったポリバケツを持つ
・雪かきをする
・包丁を使う
など、パワーがいることから、繊細なことまで、様々な活動があります。
自分の目標は何なのかを決め、その目標に向かってトレーニングを行うことで、達成していってください!

 



ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加