筋肉のトリガーポイントが原因で痛みが生じている場合、マッサージやストレッチ、リリースを行い痛みの軽減を期待します。しかし、なかには処置が上手くいかなかった場合や、悪化させる場合もあります。今回、そのような時の考え方、対応方法について文献を参考にまとめていきたいと思います。

マッサージ(ストレッチ)後の悪化(揉み返しなど)の原因とその対処方法

参考文献

トリガーポイントマッサージ(ストレッチ)で期待できる効果

筋肉のトリガーポイントにマッサージ(ストレッチ)を行うことで期待できる効果としては、1回の処置で痛みが消失することもあります。
場合によっては複数回の処置により徐々に痛みが軽減されていくこともあります。
治療が成功しているならば、その後数日から数週間の間の症状の発生や再発はなくなります。

 

上手くいかなかった場合の考え方:アプローチの問題

トリガーポイントマッサージが上手くいかないと、痛みの増悪、疲労、新しい症状やあざができるなどが見られることがあります。またこわばりの増加により関節可動域制限が出ることもあります。
マッサージ後24時間で悪化することもあり、これは圧が強すぎる、トリガーポイントへの長時間の処置があったか、全体への処置が長すぎたかなどが考えられます。
腹筋や腰部へのアプローチ後に吐き気を催すこともあり、胸鎖乳突筋では吐き気やめまいを感じることがあります。
上手くいかなかった理由としては、痛みの主たる原因となるトリガーポイントを見逃していることが挙げられます。また、主たるトリガーポイントでないサテライトトリガーポイントを治療した結果、痛みの原因となる箇所を増やしてしまうこともあります。
主なトリガーポイントがサテライトトリガーポイントを活性化させることもあり、症状が数時間後にぶり返してしまうこともあります。
このことから、間違った部位の治療をしてしまったのか、もしくはトリガーポイントを見逃したのかという視点で考えていくことが必要です。
マッサージによって新しい症状が出てきても、それが隠れた痛みだったということもあり、この場合新しい症状は痛み解消のための進歩ととらえることもできます。

【スポンサーリンク】

 

上手くいかなかった場合の考え方:患者の動きやセルフケアの問題

治療アプローチだけが上手くいかない原因ではありません。
患者が負担のかかる動作をしたり、繰り返し運動を必要とする動作を行っている可能性もあります。
不良姿勢、精神的ストレス、胸式呼吸の習慣などが定着している場合、患者自らが悪循環を作っていることになります。
ストレッチを行うことも注意が必要で、トリガーポイントが非活性化してからストレッチをする、強引にストレッチをやりすぎないことも大切になります。
強引なストレッチはトリガーポイントを再活性化させることにつながります。また、筋の短縮はトリガーポイントから起こっていることも知っておく必要があります。
トリガーポイントの非活性化により筋は元の適切な長さとなり、粘弾性も獲得され関節可動域も拡大します。

悪化させた場合の考え方

適切な圧でない、また長時間行う過剰なマッサージはトリガーポイントに悪影響を与え、筋肉の痙攣を引き起こすこともあります。
そのような場合、まず軽くこするように筋肉をほぐし、一定時間そのままにして別の部位のアプローチを行います。後で元の部位に戻る時は、愛護的にアプローチする必要があります。
最後に悪化させた箇所をアイシングやホットパックを行うことで症状の軽減に役立つこともあります。

【スポンサーリンク】

 

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】