ADLを観察する上で、動作遂行上のエラーからどのような神経行動学的機能障害が関連しているかを考えることが大切です。この際、機能障害のパターンを知っておくことで、仮説がより信頼できるものに近づきます。今回、前大脳動脈支配領域における神経行動学的異常(機能障害のパターン)について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

ADL観察に役立つ!脳血管支配(前大脳動脈)と神経行動学的異常(機能障害のパターン) !

引用・参考文献

脳卒中と機能障害のパターンを知ることの重要性

脳卒中を引き起こす様々な動脈の障害は、種々の機能障害のパターンを引き起こします。
神経学的機能障害は、動脈のどの枝、どの大脳半球が影響を受けるかによって異なります。
ADLの観察から考えられる神経行動学的異常が、障害を受けた部位から引き起こされる機能障害のパターンと合っているかを考えることで、自分の仮説の裏付けをすることにつながります。
また、機能障害のパターンと異なる神経行動学的機能障害が考えられた場合は、過去の既往歴なども考慮することで、なぜそのようなことが起こっているかを考える一助とすることができます。

 

前大脳動脈(ACA)

脳は総頸動脈から分枝する左右の内頸動脈2本と、鎖骨下動脈から分枝する左右の椎骨動脈2本の、合計4本で栄養されている。

内頸動脈は主に前大脳動脈、中大脳動脈につながる。椎骨動脈は脳底動脈を経て後大脳動脈につながる。

前大脳動脈は大脳の内側を、中大脳動脈は外側表面を中心とした大脳半球の広範囲を、後大脳動脈は大脳の後部〜下内側面を灌流している。

 病気が見えるVol.7 脳・神経

前大脳動脈(ACA)は後頭葉以外の大脳半球の内側面(前頭葉頭頂葉の一部)を栄養しています。
また、帯状回脳梁を栄養しています。

 

【スポンサーリンク】

 

脳画像と血管支配

f:id:happyhealth:20170912071238p:plain

f:id:happyhealth:20170912071320p:plain

f:id:happyhealth:20170912071345p:plain

f:id:happyhealth:20170912071417p:plain

f:id:happyhealth:20170912071440p:plain

出典:中上 博之先生の脳画像資料より

前大脳動脈における機能障害のパターン

対側麻痺(特に足)
対側感覚障害(特に足)
左半側失行(脳梁離断による)
発話の不活性(超皮質性運動失語)、無言症
行動障害(補足運動野:強制把握、道具の強迫的使用、パーキンソニズム)
 前頭葉内側(補足運動野)では自己意志での運動制御困難(運動開始・停止)
 前頭葉外側(運動野)では外部刺激による運動制御困難(外部環境に依存して行為を 実行してしまう)
意欲低下(帯状回前部)

【スポンサーリンク】

 

前大脳動脈領域では、下肢の運動麻痺と感覚障害が重度になりやすいですが、臨床場面ではその症状は様々です。
これには中大脳動脈や後大脳動脈からの側副血行によりどの程度領域が保たれているかによります。
上の図でも、肩や肘(上肢近位部)も栄養しています。
アテローム血栓脳梗塞の場合中大脳動脈からの側副血行により保たれる場合があります。
心原性脳梗塞くも膜下出血の脳血管攣縮による梗塞では上肢近位(肩)も重い損傷が起こる傾向にあります。
頭頂葉内側は後大脳動脈からの側副血行路があり、運動野と比較して梗塞を免れやすい傾向にあります。
また、中・後大脳動脈からの側副血行が豊富だと運動野が残存し、運動麻痺が軽度になります。