先日、A-ONEの講習会を受けた際に講師の先生が、「イギリス(?)では根拠がないにも関わらずボバースアプローチを用いている。これは良いことなのか(ニュアンスが違っていたらすみません)。」と言っていました。私自身ボバースアプローチの事を知らないので、今回、ボバースアプローチが批判される理由を調べてみました。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

 ボバースアプローチが批判される理由

スポンサードサーチ

文献

スポンサードサーチ

初めに

これから書く事はあくまで文献上のことで、私個人の意見ではありません。
ボバースアプローチを行っている方には、誤解を招く表現があるかもしれないですが、ご容赦ください。

スポンサードサーチ

ボバースアプローチの成果研究

「脳卒中のリハビリテーション 生活機能に基づくアプローチ」では、文献の比較で、ボバースアプローチの有効性を、通常のケア、課題に基づく治療法、整形外科的アプローチと比較しています。
7つのRCTと2つの質の高い非無作為化試験の結果とコメントが掲載されています。
なお、研究の年代は2000年〜2007年のものです。

9つの研究のうち、1つは脳卒中リハに関するボバースアプローチと整形外科的アプローチの比較、2つはボバースアプローチと従来の作業療法と理学療法の比較、5つはボバースアプローチと課題指向型アプローチまたは問題指向型運動療法(課題指向型の1つの変法)となっています。

ボバースアプローチは、脳卒中リハビリテーションにおいて選択される治療法ではない。

脳卒中のリハビリテーション

と文献の中でははっきりと断言されています。

整形外科的アプローチよりもわずかに成果が良い。
従来の作業・理学療法に比べると、ボバースアプローチは機能障害と活動制限の成果において、より良好ではない。
ボバースアプローチは6つの研究のうち4つにおいてはっきりと成果が乏しい(2つの例外あり)。
2つの研究には成果がみられたが、課題指向型アプローチと比較して、ボバースアプローチの効果が圧倒的に低い。

ボバースアプローチの有意性に対して根拠がないことを3つの系統的レビューが報告しており、報告では、脳卒中リハにおいてボバースアプローチの使用について再考する必要があることを示しています。

新しい運動制御と運動学習の知識を、神経発達学的治療と融合させることは臨床での実践において有用ではないとしています。
それよりは、課題指向型訓練を行う方がよいとしています。

脳卒中とエビデンスに関する記事は、以下を参照してください。
重度運動麻痺にも適応!ミラーセラピーの概要と実施方法、エビデンス

肩手症候群のリハビリテーションとエビデンス

脳卒中片麻痺者の亜脱臼におけるエビデンスとリハビリテーション

脳卒中上肢機能訓練と回復のためのエビデンスとリハビリテーション指針

脳卒中片麻痺者の筋力低下のエビデンス

スポンサードサーチ

ボバースアプローチは本当に有用ではないのか

以前、ボバースのインフォメーションコースを受講した際に、対象者のどこの伝導路がやられているから、このように考えなければならないというように、神経科学的な知識をもとに治療をしているような印象でした。
以前はボバースは手技というイメージでしたが、現在は「ボバースコンセプト」というものを提唱していた記憶があります。

そして、これら手法は今も残り、流行っている現実を知った方がいい。

何故残り、何故流行っているのか。それは時代が必要としているからである。これら手法は今も昔も必要とされるよう変改しているのだ。

明確な概念があり、時代の変化に対する柔軟性があり、且つそれをしっかりと伝えていく仕組みがあること。これがボバース法やPNFなどの神経促通手技が今も残り、且つ流行っている理由だと思う。

ボバース法やPNFの神経促通手技が今も残り、流行る理由 – お手上げ療法士予防派

このような考え方もあり、ボバースを実践して良好な治療成績を残していらっしゃるセラピストも多くいると思います。
私自身、作業療法士としては、「作業をベースとした」「信頼性、根拠のある」評価、治療を実践していくことが大切だと感じます。

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】