労災保険は、リハビリテーション職種であれば一度は聞いたことがあると思います。労災保険対象の方に対してリハビリテーションを実施する機会もあります。今回、セラピストが知っておきたい労災保険のことについてまとめていきたいと思います。

労災保険の基礎の基礎!これだけは知っておきたいこと!

労災保険について

労働者災害補償保険(ろうどうしゃさいがいほしょうほけん、ドイツ語: Arbeiterunfallversicherung)は、労働者災害補償保険法に基づき、業務災害及び通勤災害に遭った労働者(後述の特別加入者を含む)又はその遺族に、給付を行う公的保険制度である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%B4%E5%83%8D%E8%80%85%E7%81%BD%E5%AE%B3%E8%A3%9C%E5%84%9F%E4%BF%9D%E9%99%BA

労災保険は、業務中や通勤での傷害などに対して、必要な保険給付を行ったり、社会復帰を促進するための事業を行う制度です。

どんな保険給付があるのか

労災保険における保険給付には、

・葬祭料(死亡した場合)
・遺族給付一時金、または年金
・療養給付
・休養給付
・傷病給付
・介護給付

などがあります。

 

【スポンサーリンク】

療養給付とは

療養(補償)給付とは、業務中または通勤中に負傷や病気になった際に、療養(補償)給付が支給される制度です。

なお、療養補償給付は業務による災害のことを指し、

療養給付は通勤による災害のことを指します。

療養(補償)給付は

・療養の給付
・療養の費用と支給

に分かれています。

療養の給付は、労災病院や指定医療機関などで無料で治療などの支給が受けられる制度です。

療養の費用と支給は、指定医療機関以外で治療などを受けた場合に、どの費用を支給(現金給付)する制度です。

休業(補償)給付とは

休業補償給付とは、業務中または通勤中に負傷や病気になったことにより働くことができず、賃金を受け取ることができない場合に、その4日目から休業(補償)給付の支給が受けられる制度です。

その内容は、

・休業(補償)給付:給付基礎日額の60%×休業日数
・休業特別支給金:給付基礎日額の20%×休業日数

となっています。

給付基礎日額とは、原則的に、労働基準法による平均賃金に相当する額のことを指し、各年齢区分により定められています。

なお、4日までの間では、業務中の災害であれば事業主が1日につき平均賃金の60%の休業補償を支払います。

 

傷病(補償)年金

傷病(補償)年金とは、業務中または通勤中に負傷や病気になり、療養を開始した日から1年6ヶ月後以降に、

・負傷や病気が治っていない
・負傷や病気による傷害の程度が疾病等級表の等級に該当する

ことを条件に、傷病(補償)年金が支給される制度です。

等級に応じて、傷病(補償)年金、傷病特別支給金、傷病特別年金が支給されます。

障害(補償)年金

障害(補償)年金とは、業務中または通勤中での負傷や病気が治ったときや、一定の障害が残った場合に、障害(補償)給付が支給される制度です。

その障害が、障害等級表の等級に該当する場合、その程度に応じて支給されます。

第1〜7等級と、第8〜14等級では、支給されるものが異なっています。

第1〜7等級:障害(補償)年金、障害特別支給金、障害特別年金
第8〜14等級:障害(補償)一時金、障害特別支給金、障害特別一時金

障害(補償)年金は、障害認定日(基本的に1年6ヶ月)までの間は請求はできません。

 

【スポンサーリンク】



社会復帰促進事業

社会復帰促進事業とは、業務中または通勤中での負傷や病気により被災した労働者やその遺族に対して、給付に加えて社会復帰の促進や被災者、遺族の援護などを促進するための制度です。

社会復帰促進事業には、

・義肢等補装具購入(修理)に要した費用の支給
・アフターケア制度
・労災就学等援護費
・長期家族介護者援護金

などがあります。

義肢等補装具費支給制度

義肢等補装具費支給制度では、義肢等補装具の購入や修理に要した費用のほか、採型や装着訓練などのための医療機関受診にかかる交通費や宿泊費も支給されます。

支給種目は、上肢・下肢装具、車椅子、歩行車、ギャッジベッドなど20種目以上あります。

なお、各種目に支給対象者や支給の範囲が定められています。

アフターケア制度

アフターケア制度とは、業務中または通勤中での負傷や病気をした方が、そられが治ったあとも再発予防などを目的として、必要に応じて診察や検査などを受けることができる制度です。

対象となる病気や怪我には、脊髄損傷や頭部外傷など20種類があります。

申請後、アフターケア健康管理手帳が交付され、それを指定医療機関で提示することにより検査などを無料で受けることが可能になります。

労災就学等援護費

労災就学等援護費は業務中または通勤中での負傷や病気した方が亡くなり、残された遺族や、重度の障害によって長期療養を受けることになった方が、その子供の学費などを工面することが困難(と認められる)な場合に支給されます。

支給対象者や給付額が定められています。

労災保険について知っておくことは、対象者のためになる!

労災保険という言葉は知っていても、今回のように様々な制度や仕組みが整えられていることがわかりました。

私たちはただリハビリテーションを実施するというだけでなく、このような制度も知っておくことにより、対象者の方に有益な情報を知ってもらえることもあります。

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】