呼吸器疾患の対象者では、呼吸器の問題により呼吸困難を示すことがあり、その評価方法にも様々なものがあります。今回、呼吸困難の評価に用いられている評価バッテリーにおける、概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

呼吸困難(息切れ)に用いられる評価バッテリーの概要と評価方法、結果の解釈

スポンサードサーチ

呼吸困難感とは

呼吸困難感について、

呼吸困難とは様々な強度のいくつかの質的に異なる感覚によって構成される「呼吸の不快感の主観的な経験」を指し示す用語である。

この経験は多くの生理学的、心理学的、社会的、あるいは環境的要因の相互作用によって生じ、また二次的な生理学的、行動反応を引き起こすであろう。

ATS statement 1998

呼吸困難感は、複合感覚であり、過去の記憶や感情なども加わって形成されます。

スポンサードサーチ

呼吸困難のメカニズム

呼吸困難の発生機序としては、以下のような要因があります。

・換気能力の低下
・換気仕事量の増大(呼吸補助筋の増大)
・換気需要の病的亢進

さらに細かくみていくと、

換気能力の低下に関連する因子としては、
・気流制限
・動的過膨張
・肺、胸郭のコンプライアンスの低下

が挙げられます。

息を(換気)をする時、呼吸筋(横隔膜・肋間筋など)は、吸気に筋肉を収縮させて胸郭を拡げて息を吸い込み、次に筋肉を弛緩させて呼気を排出します。

それが、COPDになると気流制限(1秒量の低下)が起こり、吸い込んだ息が十分排出されず、 肺に空気が溜ることで肺胞壁が破壊 されていきます。これが 「肺気腫」で、肺が空気で腫れると書きます。

このために肺は過膨張し、横隔膜が下へ進展されて動きが制限され、 吸い込みが浅く大きな呼吸ができなくなります。

https://www.fukuda.co.jp/medical/inhome_medical/pdf/hotikiiki001.pdf

肺のコンプライアンスとは、簡単に言うと肺の膨らみやすさのことを指します。

肺や胸郭のコンプライアンスが低下するということは、肺がふくらみにくくなるということです。

コンプライアンスが低下している状態では、1回換気量(1回の呼吸により肺を出入りするガスの総量)が低下します。

換気仕事量の増大(呼吸補助筋の増大)に関連する因子としては、
・動的過膨張による弾性仕事量の増大
・末梢気道抵抗の増大

が挙げられます。

過膨張している肺では、COPDの方でみられるように、肺胞壁が破壊されている状態です。

胞壁が破壊されると肺胞内に空気が換気されていても、酸素を血液中に取り込むことが出来ず、二酸化炭素の排出も出来なくなります。

逆に、肺胞構造と血流が保たれて いても、喀痰や気道狭窄にり気道が閉塞されれば肺胞低換気となり、酸素を血液中に取り込むことが出来ず、二酸化炭素の排出も出来なくなります(ガス交換障害)。

ガス交換能の低下は、安静時も運動時も同じ量の酸素を体内に取り込むのに、健常人の倍以上の空気を換気することが必要となります。

https://www.fukuda.co.jp/medical/inhome_medical/pdf/hotikiiki001.pdf

これが、呼吸筋の仕事量が増え、エネルギーを消費しやすい状態になる原因といえます。

末梢気道抵抗の上昇ですが、例えば気管支喘息であれば末梢気道の抵抗上昇によって、呼吸仕事量は増大します。

また、喀痰などが気管内に付着すると気道半径が小さくなり、気道抵抗は気道半径の4乗に反比例するので、 気道抵抗が急激に増大します。

気道抵抗が大きくなるということは、それだけ抵抗に逆らって空気を肺内に吸い込むことが必要になるため、呼吸筋の仕事量が増大します。

スポンサードサーチ

呼吸困難の評価に用いられる評価バッテリーの概要と評価方法、結果の解釈

NRS(numerical rating scale)の概要と評価方法、結果の解釈

NRS(numerical rating scale)は、 0と10を最端とし,間に数値によるアンカーポイントが記載されています。

0を「まったく苦しくない」10を最大に苦しいとし、その中でどの数値に当てはまるかを選択してもらいます。

スポンサードサーチ

VAS(visual analogue scale)の概要と評価方法、結果の解釈

VAS(visual analogue scale)は、両端が最大もしくは最小の主観的感覚(全く苦しくない・最大に苦しい)を示す 100mmの直線分上に、自分の状態に当てはまる所を自身で印をつけ、その点を下端より測定します。

修正ボルグスケールの概要と評価方法、結果の解釈

自分の息切れの程度を0の「何も感じない」から10の「非常に強い」の10段階で表します。

0 何も感じない0.5非常に弱い

1 やや弱い

2弱い

3ちょうど良い(楽である)

4ややきつい

5きつい( 強い )

6

7 かなりきつい

8

9

10非常にきつい
最大

活動遂行時に得られる主観的な息切れの程度から、休息のタイミングなどを図っていきます。

一般的には、3〜4程度で休息を入れるのがベターになります。

スポンサードサーチ

MRC(medical research council)息切れスケールの概要と評価方法、結果の解釈

日本呼吸器学会発 行のガイドラインに掲載されているもので、「Lung Function Tests (editedbyJMB Hughes & NB Pride) 」 に掲載されたMRC息切れスケールを邦訳したものです。

呼吸困難によって日常の活動がどの程度制限(影響)されるかによって6段階のスケールにより評価を行います。
グレード1:息切れを感じない
グレード2:強い労作で息切れを感じる
グレード3:平地を急ぎ足で移動する,または緩やかな坂を歩いて登るときに息切れを感じる
グレード4:平地歩行でも同年齢の人より歩くのが遅い,または自分のペースで平地歩行していても息継ぎのため休む グレード5:約1 0 0ヤード(91.4m)歩行したあと息継ぎのため休む,または数分間,平地歩行したあと息継ぎのた      め休む
グレード6:息切れがひどくて外出ができない,または衣服の着脱でも息切れがする

文献:MRC息切れスケールをめぐる混乱 ―いったいどのMRC息切れスケールを使えばよいのか?―

Baseline/Trannsition Dyspnea Index(BDI/TDI)の概要と評価方法、結果の解釈

BDIは、呼吸困難による機能障害、呼吸困難が生じる仕事量、呼吸困難が生じる作業の程度の3つについて、面接により0〜4の5段階で評価を行います。

TDIは、BDIで得られた点数をもとに、その変化を-3から+3の7段階に分けて評価し、リハビリテーション効果を測定するために用いられます。

Grade4:息切れを感じることなく普通の活動ができる(No impairment)
Grade3:息切れを感じて若干活動能力が落ちてしまう(Slight impairment)
Grade2:息切れを感じて普通の活動が出来ず、作業を変えたり、あきらめることがある(Moderate impairment)
Grade1:息切れを感じて普通の作業ができない(Severe impairment)
Grade0:息切れを感じて全ての作業ができない(Very severe impairment)

スポンサードサーチ

酸素消費ダイアグラム(oxygen cost diagram:OCD)の概要と評価方法、結果の解釈

OCDは、VAS(visual analogue scale)を応用したものです。

VASの線分上に、様々な日常生活活動を提示させ、どの所に当てはまるのかを評価します。

OCDは、各活動における酸素必要量がどの程度なのかということが、おおよその感じてして把握できます。

スポンサードサーチ

呼吸器疾患におけるオススメ記事

呼吸リハビリとADL指導のための知識と実践法!

呼吸器疾患で用いられるADL評価バッテリーの概要と評価方法、結果の解釈

呼吸器疾患におけるリハビリテーションのリスク管理の考え方!

COPDと食事、栄養!リハビリテーションで知っておきたい事!

COPDの重症度、生命予後評価!BODE indexの概要と評価方法、結果の解釈

スポンサードサーチ

呼吸器疾患のリハビリテーションに関するオススメ書籍

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】