脳梗塞片麻痺などの方において、手指対立位が作れたら物品操作練習ができるのに。というようなことを思ったことはないでしょうか。今回、手指対立位を実現するCMバンドの紹介と、その使い勝手についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

手指対立位を実現するCMバンドは低価格で使い勝手が良い!

スポンサードサーチ

脳卒中片麻痺者の上肢運動麻痺に対するおすすめ記事

 

 

スポンサードサーチ

手指対立位とは?

手指対立位は、手の操作において、大小様々な物品を把持するという点において、重要な役割を果たします。

手の機能を考えた場合には、機能的肢位をまずは知っておくことが大切になります。

手の機能的肢位ですが、

母指対立位、MP、PIP、DIP関節屈曲20度、手関節伸展30度、前腕90度回内位、肘関節屈曲90度、肩関節外転50度、屈曲20度、内旋15度

とされています。

この中で、手指に着目すると、

母指対立位、MP、PIP、DIP関節屈曲20度

ということになります。

スポンサードサーチ

脳卒中片麻痺者は、低緊張でも高緊張でも手指対立位をとりにくい

脳卒中片麻痺者は、手指対立位がとりにくく、そのため、物品操作訓練にたどり着けないということをよく経験します。

手指筋群が低緊張で随意収縮がない状態では、自ら対立位をとることができません。

また、随意収縮が可能であっても、手指筋群が高緊張で、痙縮の影響があればそれもまた手指対立位をとることは難しくなります。

CI療法にしても、HAND療法にしても、装具を使用することによって、物品操作を可能にし、治療効果を上げるようにしています。

スポンサードサーチ

CMバンドとは?

そこで登場するのがCMバンドです。

ここで紹介するものは、軟性装具と呼ばれるもので、市販されているものです。

もちろん、その方に一番適しているものは、オーダーメイドで作成した硬性装具にはなると思います。

しかし、この軟性装具も使用してみると、微妙な調節も行えることから、かなり重宝しているアイテムになります。

写真を見てもらえるとわかるのですが、ただのゴムバンドという感じです。

装着は、慣れればものの10秒程度で行えます。

これを装着すると、下図のようになります。

ゴムバンドを回すことによって、母指を対立位まで持ってきているのですが、そのひっぱり具合によって母指の位置決めも可能です。

用いたい物品の大きさによって、母指と他指の空間距離(ウェブスペース)を調節しやすいというのも、使い勝手の良さになります。

スポンサードサーチ

対象者の手の状態に応じてCMバンドを使いわけよう!

脳卒中片麻痺者は、その状態により低緊張で随意収縮が生じにくい、痙縮があり適した位置にコントロールしにくいなど、様々な難しさを抱えています。

例えば、前途したCMバンドの場合は、低緊張で随意収縮が生じにくい場合において使用することが多くなります。

その中で、手指の随意収縮(屈曲)が生じなければ、そのウェブスペースに適合する物品を用いることによって、物品移動課題を行うことが可能になります。

またCMバンドには、以下のようにアルミステーが入っているものもあります。

このアルミステー入りのCMバンドは、より強固な固定作用を有しています。

上図を見てもらうと、母指の部分にアルミステーが入っています。

このアルミステーにより、例えばMP関節やIP関節が屈曲しすぎないようにコントロールすることが可能になります。

ちなみにアルミステーの角度は変えることができるので、痙縮が強い方に対してはアルミステーを調節して、物品操作に適した手指対立位をとるようにします。

スポンサードサーチ

CMバンドは手指の伸展や対立運動を促すことができる?!

これは、大阪府立大の竹林先生が言っていたことなのですが、

対立位をとる(またはとらせて課題を行う)ことで、手指伸展や対立運動が促されると言っていました。

そのメカニズムとしては、軟性装具での対立位の調整により手の構えを作ることで(対立位をとると)、背側骨間筋の緊張が落ちるためということでした。

背側骨間筋は母指を内転させる作用もあると言われています。

筋緊張が抑制された状態で、適切な運動が行われれば、つまみ動作に必要な運動が促通されると思われます。

スポンサードサーチ

オススメのCMバンドは?

オススメというか、私が購入しているものです。

最近は楽天やアマゾンからの購入も可能なので、本当に便利な世の中です。

値段ですが、ワンタッチバンドが1200円、ケルバンロックが2500円となっています。

これらは、説明してきたものと同じ商品となります。

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】