脳画像を観れるということは、脳画像上の傷部位からどのような症状が生じるかを予測できるということになります。今回、中脳レベルの脳画像と、損傷部位から予測される高次脳機能障害についてまとめていきたいと思います。

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

中脳レベルの脳画像と、損傷部位から予測される高次脳機能障害!

スポンサードサーチ

中脳レベルの脳画像をまずは確認

中脳レベルの脳画像を見つける際の目印になるのは、○ッキーマウスのような、犬の顔のように見えるものを見つけることが必要になります。

下図を見ると、画像の中心部に○ッキーマウスのようなものが見えるのがわかると思います。
図では赤丸線で囲んでいます。

このレベルの画像における、各脳部位は以下のようになっています。

そして、中脳レベルの血管支配も確認していきます。

出典:中上博之先生の勉強会資料

ここで、前脈絡叢動脈についてですが、この動脈は扁桃体、内包(膝、後脚、レンズ核後部)を栄養しています。
前脈絡叢動脈領域において出現する症状としては、運動麻痺や感覚障害、視野欠損(同名半盲)、情動障害、記憶障害などがあります。

中脳レベルにおける各脳部位や、血管支配を把握していることで、どこが損傷されているかを見たときに予測される症状を考えることが可能になります。

スポンサードサーチ

中脳レベルの脳画像と、損傷部位から予測される高次脳機能障害

下図は、中脳レベルの脳画像における損傷部位と予測される高次脳機能障害についての関係を示しているものです。

青:健忘
ピンク:健忘
オレンジ:純粋失読
紫:統合型視覚性物体失認
連合型視覚性物体失認
多様式失認
緑:街並失認
赤:相貌失認
水色:大脳性色覚障害

スポンサードサーチ

各症状の概要をおさらい

青の部分(前脳基底部)の損傷では、健忘(記憶障害)が生じます。
前脳基底部の損傷における健忘の特徴としては、

・短期記憶や注意機能は正常で、干渉刺激がなければ記憶可能
・What、Who、Whenの要素は覚えていても、その関係性にエラーがある
・エピソードの順序を記憶することが苦手
・自発会話にも作話がみられる(聞かれたときだけではない)
・プライミング刺激が有効なことが多い
などが挙げられます。

 

ピンクの部分(海馬付近)の損傷では、健忘(記憶障害)が生じます。
海馬付近の損傷における健忘の特徴としては、

・逆向性健忘は長い期間(数年から数十年)での出来事で障害されることが多い
・作話はなし
・病識はある程度保たれている場合が多い
などが挙げられます。

 

オレンジの部分(紡錘状回、海馬傍回)の損傷では、純粋失読が生じます。
純粋失読の特徴としては、

・書く、話すことはできるが、読むことだけができない
・自分の書いた字でも読めない
・仮名<漢字で読みにくい
・病識はある
・字性型(1文字でも正しく読めない)と逐次読み型(1文字ずつは読めるが、文字列は1字ずつ読む)がある
・字性型は文字を指でなぞる、他者が本人の手のひらに書き込む(体性感覚での代償)、他者が書くのを見る(視覚情報による代償)など読むことが可能(形の認知が障害される)
などが挙げられます。

 

紫の部分(左紡錘状回、左舌状回付近)の損傷では、統合型視覚性物体失認、連合型視覚性物体失認、多様式失認が生じます。
統合型視覚性物体失認の特徴としては、

・部分はわかるが、全体の形と関係づけにくい
・模写は可能だが時間がかかる
・見る時間の短縮や、見る対象に視覚的な雑音(網掛けなど)があるとよりわかりにくくなる
・色の明るさや質感、面積、動きはわかる
・形が似ているものと間違えやすい(部分と全体のおおまかな形は分かるため)
・それが何であるかを特徴的な動きからは認識可能
・対象物の把持は可能
などが挙げられます。

連合型視覚性物体失認の特徴としては、

・形の認識は可能
・意味記憶と結びつけることができない
・視覚以外の経路では意味記憶と結びつけることは可能
などが挙げられます。

多様式失認の特徴としては、

・視覚と触覚を用いて対象物が何であるかがわからない
・聴覚を通しての認識は可能
などが挙げられます。

 

緑の部分(右海馬傍回後部、舌状回、紡錘状回)の損傷では、街並失認が生じます。
街並失認の特徴としては、

・よく知っている場所(屋内、屋外)を見てもどこかわからない
・新規の風景を覚えることができない
・特徴的な音や建物の位置関係、看板、道順の記憶などをもとに移動を行えることがある
などが挙げられます。

 

赤の部分(右紡錘状回)の損傷では、相貌失認が生じます。
相貌失認の特徴としては、

・よく知っている人の顔をみても誰かわからない
・声、髪型、服装、仕草などからは誰かわかる
などが挙げられます。

 

水色の部分(紡錘状回後内側部、舌状回後外側部)の損傷では、大脳性色覚障害が生じます。
大脳性色覚障害の特徴としては、

・色を見ても何色かわからない
ということが挙げられます。

スポンサードサーチ

今回参考にしている専門書籍はこちら!

脳画像とそれに対応する高次脳機能障害が分かりやすく載っている!
各障害のメカニズムや、脳機能とのつながりが詳しく載っている!

キャリアアップしたい!休日を多くしたい!給与を上げたい!バイトしたい!

 どちらもオススメ度☆☆☆☆☆ 【PTOT人材バンク】 PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】 登録することで非公開求人が確認できます!