迷路課題は、リハビリテーション馬場面においても認知課題として用いられることがあります。今回、迷路課題の特性と前頭葉機能の関係性についてまとめていきたいと思います。

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

迷路課題は何に効く?迷路課題の特性と前頭葉機能の関係性!

スポンサードサーチ

迷路課題の作業分析

迷路は、子供の頃から1度は行ったことはあるであろう課題です。
そのため、対象者に導入しやすいという利点はあります。

迷路という課題を分析していくと、
・注意の維持
・視空間能力
・計画性
・視空間情報の保持
・視空間情報の更新
・視空間情報の消去
などが必要になります。

迷路課題と注意の維持機能

迷路課題も含めて、様々な課題を遂行するには注意を維持しなければなりません。
迷路課題遂行中に、注意を維持できなければ、迷路の中で自分がどの部分を通っていたのかがわからなくなったりすることが予測されます。

注意機能は、前頭葉と関係のある機能になります。

スポンサードサーチ

迷路課題と視空間能力

迷路は、線の組み合わせでできていますが、そのパターンや刺激を知覚し、分析、探索するような視空間能力が必要になります。

迷路課題と計画性

BADSでは、動物園地図検査など一定のルールに従って道筋を計画するような能力を検査する課題があります。この検査においては、一度ルールが破られた場合に、その情報をフィードバックし、行動を修正していくような能力がひつようになります。
一般的な迷路課題においても、視覚的パターンをたどる力と見通し能力(計画性)が必要になります。
どのような道を進むべきかというように、計画的に物事を進める能力ということです。

この計画性は、前頭葉の機能(遂行機能)になります。

スポンサードサーチ

迷路課題と視空間情報の保持・更新・消去(ワーキングメモリ)

迷路課題では、迷路を進んで行ったときに道を間違えた場合、その道の手前まで戻り、次の道を探す場合には間違えた道を選ばないようにその情報を保持しなければなりません。
そして、次の道が進むことができれば進んできた道の情報を更新・消去していくことが必要になります。

このような情報の保持、更新、消去というのは、ワーキングメモリが関係しています。
迷路課題では、進む経路の入力と保持に加え、違う道を選択しから削除し、新しい道を選択するような処理機能が求められます。
ワーキングメモリを考えると、その機能として、
・情報の取捨選択や入力の機能
・情報保持の機能
・情報の更新や変更、消去に伴う情報の統合などの処理機能
・必要なところに情報を提供する機能
があります。

迷路課題は課題の内容によっても異なりますが、おおよそ上記の機能に加え、自己の進捗状況をモニターするようなワーキングメモリの機能を用いて課題が遂行されていると考えられます。

キャリアアップしたい!休日を多くしたい!給与を上げたい!バイトしたい!

 どちらもオススメ度☆☆☆☆☆ 【PTOT人材バンク】 PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】 登録することで非公開求人が確認できます!