脳卒中片麻痺の方においては、利き手が不自由になることで箸操作や書字操作が行いにくくなるということが日常生活面で問題になります。リハビリテーションにおいて麻痺側上肢・手指の改善が見込まれない場合、利き手交換を行っていく必要があります。今回、書字の利き手交換用の練習が載っているパンフレットを作成しました。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

書字の利き手交換用パンフレット〜自主的なリハビリテーションで行ってほしいこと〜を作成しました!

スポンサードサーチ

脳卒中片麻痺者における上肢運動麻痺の予後予測について

利き手交換を進めていく上では、対象者の運動麻痺がどの程度良くなるのかという予後予測をしておくことが、利き手交換を提案する過程においては重要になります。
対象者の運動麻痺がかなり改善することが見込まれれば、運動麻痺改善のためのリハビリテーションを進めていくべきですし、回復が見込まれないのであれば利き手交換を進めていかなければならないからです。

脳卒中片麻痺者における上肢運動麻痺の予後予測についてですが、麻痺側上肢で箸操作を行うためには実用種に回復するかの予後予測が必要になります。
いくつかの予後予測の指標がありますので紹介していきます。

福井による予後予測
実用手(stageⅥ)に達するには、発症直後にstageⅢ〜Ⅳレベルが保たれている不全麻痺、もしくは発症後1〜3ヶ月で上肢、手指がともにstageⅤに入ることが必要としている(1-3-5の法則)。
実用手になるための必要条件(上肢、手指)としては、N÷(3+3/4m)≧1としている(N:Br-stage、m:発症後月数(0.5≦m≦4))。これが十分条件となるには、知覚障害、不随意運動、小脳生失調がないことを加える。

補助手と実用手
補助手以上の回復には、発症4ヶ月以内でBrunnstrom Stage上肢4、手指4以上が必要と言われている。
実用手に達するためには、3ヶ月以内に上肢、手指がともにstage5に達し、深部感覚、失調、不随意運動がないものと限定されている。
なお実用手とは、Brunnstrom Stage手指、上肢とも正常、感覚ほぼ正常、不随意運動なし、簡易上肢機能検査で健側の90%以上の成績、の4点を全て満たし、日常場面で意識しなくても自然に手が出て、書字、箸操作が行え、その耐久性があるものとされている。

SIASを用いた予後予測(道免による)
発症1ヶ月の時点で、
手指SIAS3:5割以上の確率で実用手
手指SIAS4以上:8割が実用手

様々な予後予測がありますが、最悪準実用手レベルで、自助箸を使用できると考えられるため、それ以下の予後予測に終わるようであれば利き手交換を進めていくことが必要になります。

スポンサードサーチ

書字の利き手交換の進め方

正しい筆記用具(鉛筆、ペン)の持ち方

dav

①人差し指は指腹で上から押し当てる
②中指のつめの根元の鉛筆を支える
③人差し指と箸の間に隙間が出来ないようにする
④人差し指よりも上に親指が来て、親指は力を加えず指腹で添える程度に箸を支える
⑤手のひらは、卵をにぎったような空間をつくる

スポンサードサーチ

平仮名、カタカナ、漢字、どれから練習するか

上記3つの文字の種類のうち、文字全体としてのバランスがとりやすいのが漢字になります。
その理由としては、平仮名やカタカナは文字数が少なく、線のバランスや長さに歪みが生じると、全体的なバランスが崩れて見えやすくなるためです。
漢字は、日常的に自分の名前をサインする機会もあることから優先順位も高いと言えると思われます。

実際の練習の順序としても、
①線引き
②文字の基礎練習
③ひらがな
④漢字かな混じりの文
⑤ボールペンの使用
⑥数字や英文字
が理想的になります。

線引き課題

線引きでは、縦、横、斜め、曲線の練習を行います。

スポンサードサーチ

文字の基礎練習

文字の練習ではマスを利用し、始めは「三、川、止、目、曲、星」などの直線的で等間隔の文字から行います。

基本画(一、イ、ノ、宀、シなど)の練習

スポンサードサーチ

パンフレットと練習帳のダウンロード

パンフレットと練習帳のダウンロードはこちらから。

利き手交換についてのおすすめ記事は以下も参照してください。
利き手交換としての書字訓練における作業療法の工夫
箸操作の利き手交換用練習パンフレット〜自主的なリハビリテーションで行ってほしいこと〜を作成しました!

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】