今回、赤ちゃんの発達の目安とこどもの発育の遅さとして、0〜1歳の発達遅滞のチェックポイントを表にまとめていきます。

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

 赤ちゃんの発達の目安と子どもの発育の遅さ!0〜1歳の発達遅滞のチェックポイント

スポンサードサーチ

文献

スポンサードサーチ

0〜1歳の時期の特徴

0〜1歳の時期は発達過程の基礎形成の時です。身体的成長が著しい時期で、身体的発達に問題がある場合、早期からの対応が必要になります。

約1週目の発達過程と発達遅滞症状

左が健常、右が発達遅滞症状です。

約1週目⚫筋緊張が出現し、原始反射が出現してくる⚫筋緊張の出現がなく、活発性にかける

スポンサードサーチ

約4週目〜2ヶ月までの発達過程と発達遅滞症状

4週目⚫視線は正中線上で固定が可能となる

⚫電気などの明るい光や揺れ動くものを注視するようになる
⚫抱かれているときに、大人の胸に顔を押し付け左右に動かすようになる
⚫筋収縮や弛緩のコントロールが不十分な状態で、general movementsが活発になる
⚫背臥位で上下肢の抗重力筋活動が活発になる

⚫常時、右または左方向を向いている傾向がある

⚫注視することが少ない

⚫顔は一方向に向いている傾向がある

⚫ general movementsが少ない

⚫抗重力筋活動が少ない

general movementsについては、

全身を含む粗大運動で出現した時点で複雑であり,個々の運動に分化する.

〜中略〜

自発運動のひとつで,自発運動の中で最も頻回にみられる代表的な全身運動といえる.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ojjscn1969/34/2/34_2_122/_pdf/-char/ja

とあります。

スポンサードサーチ

2ヶ月ごろ〜3ヶ月までの発達過程と発達遅滞症状

2ヶ月頃⚫乳児は抱かれて授乳しているときに、母親に向かってクーイングを始める
⚫レム-ノンレム睡眠が短い周期で一定である
⚫大人の口の動きを模倣するようになる
⚫抱かれていて頭部を挙上してくる
⚫抱いているとき、母子との一体感がある⚫抱いていると、下肢で繰り返し蹴ってくる
⚫立とうとして下肢で支えるときがあるが、すぐに崩れてしまう
⚫おむつ交換のとき、下肢の屈伸が活発になる
 

⚫哺乳が下手である
⚫クーイングがない
⚫睡眠が不規則か眠っていることが多い。または眠りが浅い
⚫頭部の挙上はほとんどない
⚫一体感が少なく、棒を抱いているような感じかクタクタしていて不安定
⚫一度蹴ってくると、そのまま突っ張ってしまう
⚫下肢で支えようとしないか、または支えたまま突っ張って立っている
⚫股関節の開排が悪く、時に泣くことあり

赤ちゃんが落ち着いていてご機嫌のいいとき、「アー」「ウー」「クー」といった声を出すことがあります。
これがクーイングです。
クーイングは泣き声や叫び声とは違い、口やのどの形が変化したために発せられます。
口や唇を使わずに発せられ、くつろいだようなゆったりとした声である点が特徴です。

https://benesse.jp/kosodate/201706/20170611-1.html

3ヶ月〜4ヶ月ごろまでの発達過程と発達遅滞症状

3ヶ月⚫原始反射が徐々に消失し、随意的に背臥位から頭を上げるようになる
⚫対人交流の始まりを示すがごとく笑うようになり、母音のような発声が始まり、乳児と母親との音声による相互作用の大切な時期が始まる
⚫乳児が言葉を獲得していくにあたり、母親によるフィードバックは周囲から物事を学ぶ第一歩となる
⚫母親からの聴覚的な働きかけがないと、乳児は短い間隔で連続的に発声することが多くなり0.5 秒以内に反応しているともいわれている
⚫原始反射が出始めるかまたは強まる

⚫反り返りやすい、あるいは筋緊張が低い

⚫目を合わせることが少ない

⚫発声がほとんどない

スポンサードサーチ

4ヶ月以降の発達過程と発達遅滞症状

4ヶ月ごろ

5ヶ月

6ヶ月

8ヶ月

9ヶ月

10ヶ月

1歳ごろ

⚫定頚がなされ、立体視が始まる。離乳食の始まりの時期でもあり、ロ腔機能が発達し、身体的成長が著明になってくる
⚫物を握るようになり、背臥位の状態で手で足を持って口に入れたりして、身体知覚の発達の時期になってくる。対人交流においては、声を出して外に向かって働きかけるようになってくる
⚫背臥位から腹臥位に寝返り、座位がとれるようになり、片言を言うようになる
⚫母親の顔のシェマができてくる時期といわれている
⚫母指を伸展し、たとえば大きな箱にキューブを入れることができるようになる
⚫這い這いからつかまり立ちになり、また模倣が始まり、聴いた言葉によって反応が分化してくるようになる
⚫部屋中を這い回り、歩き始め、お尻から1 人で床に座れるようになり、単純な命令をはっきりと理解するようになる
⚫定頚がなされにくい
⚫哺乳が下手である
⚫物を持たせても持っていられない
⚫口に手を持っていかない
⚫人に呼びかける反応が少ない
⚫寝返り、座位がとれない
⚫母指を屈曲している傾向
⚫這い這いができない
⚫模倣ができない
⚫反応が少ない
⚫立ち上がれず歩けない
⚫単純な命令がわからない

スポンサードサーチ

発達に関するおすすめ記事

 

 

キャリアアップしたい!休日を多くしたい!給与を上げたい!バイトしたい!

 どちらもオススメ度☆☆☆☆☆ 【PTOT人材バンク】 PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】 登録することで非公開求人が確認できます!