頚椎症はその障害部位から神経根症状と脊髄症状に分けられますが、その違いを説明できるでしょうか。今回、頚椎症における神経根症状と脊髄症状の違いと各特徴やリハビリで知っておきたい事についてまとめていきたいと思います。

line登録もよろしくお願いします

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

頚椎症における神経根症状と脊髄症状の違いと各特徴!リハビリで知っておきたい事!

スポンサードサーチ

脊髄に関するおすすめ記事

スポンサードサーチ

脊髄における白質と灰白質

脊髄は、中央に蝶のような形で位置しているのが灰白質で、その周りに位置しているのが白質になります。

スポンサードサーチ

頚椎症の神経症候

頸椎症では、神経根症候と脊髄症候に分けて考えられています。
脊髄症候では、髄節症候と索路症候にわけて考えられています。
髄節症候は、灰白質の障害で生じ、索路症候は白質の障害で生じます。

索路徴候として,手指巧緻運動障害,痙性歩行,腱反射亢進,病的反射出現などがある.

髄節徴候として,筋萎縮,腱反射の減弱などがある.筋力低下,知覚障害は,索路徴候および髄節徴候のいずれからも起こり得る.

佐藤紀他「頚部圧迫性脊髄症のリハビリテーションに必須の評価法と活用法Jpn JRehabil Med Vol.54 No.11 2017

スポンサードサーチ

高位診断における症状出現の特徴

頚椎と髄節レベルのずれがあり、髄節症候と神経根症状の出現の仕方に差があることを知っておくことが大切になります。

頸椎と頸髄のレベルには約 1.5 髄節のずれがあり,C3-4椎間はC5髄節,C4-5椎間はC6髄節,C5-6椎間はC7髄節,C6-7椎間はC8髄節におおむね相当する.

神経根はその髄節から約 1.5 髄節下方に走行して,椎間孔から脊柱管外に出るので,たとえば C5-6椎間高位においては,髄節症候としてはC7が出現し,神経根症候としてはC6が出現しえる.

スポンサードサーチ

神経根症候の特徴

神経根痛

神経根症候では、初期症状として重要なのが「神経根痛」です。
神経根痛は、前根(運動)や後根(感覚)の刺激、またはそのどちらもの刺激によって生じるものです。
後根の問題では、その感覚支配領域(デルマトームに従って)に刺すような激痛が生じるとされています。
前根の問題では、筋緊張の亢進とともに筋肉の感覚神経が刺激されることで支配筋に筋肉痛様の痛みが生じるとされています。
そして、前根の問題によって生じる疼痛は安静時でも変わりなく持続し、咳やくしゃみなどの脊柱管の内圧を高めるような運動により酷くなります。
また、頚椎の後屈運動や障害側への側屈運動によって疼痛が誘発されます。

初発症状としては頸部もしくは肩甲骨周囲部の疼痛が多く,神経根のレベルにより痛みの場所はことなり,C5,C6 では肩甲上部と上腕外側のことが多く,C7 では肩甲間部・肩甲骨部と上肢後側が,C8 では肩甲間部・肩甲骨部と上肢内側が多いという.

特殊な例として C7神経根障害例では,一側の大胸筋部に疼痛がみられるばあいがあり,左側のばあいには狭心症と類似しているので cervical anginaまたはpseudoangina pectoris と呼ばれる

安藤 哲朗「頸椎症の診療」臨床神経学52巻7号(2012:7)

スポンサードサーチ

神経根症候における感覚の問題

片側の上肢に対するしびれが問題となります。
しびれの特徴としては、感覚支配領域に一致しないこともあるということです。

また他覚的所見として、C5レベルでは三角筋部、C6レベルでは母指、C7レベルでは中指、C8レベルでは小指に感覚障害が生じていることが多くなっています。

神経根症候における運動の問題

支配筋の運動障害が生じます。
C5:三角筋、上腕二頭筋
C6:上腕二頭筋、腕橈骨筋
C7:上腕三頭筋
C8:短母指伸筋、母指内転筋小指外転筋、総指伸筋第一背側骨間筋
T1:短母指外転筋
の場合が多くなります。

スポンサードサーチ

神経根症候における腱反射の問題

障害レベルの腱反射の低下や消失し、他のレベルの腱反射は正常です。
腱反射では必ず左右差を比較するようにします。

スポンサードサーチ

脊髄症候の特徴

・索路症候(白質)としては手指巧緻運動障害、痙性歩行、腱反射亢進、病的反射出現、
・髄節症候(灰白質)としては筋萎縮、腱反射の減弱
が特徴的になります
筋力低下や感覚障害はどちらの症候にも起こり得るものです。

脊髄症候における感覚の問題

神経根症候における感覚障害と比較すると、脊髄症候では広範囲に感覚障害が及ぶことが多くあります。
これは、脊髄症では多くの椎間をまたがって障害が生じていることが多くなるためです。

C3-4椎間:C5領域+上肢全体、時に両手指の深部感覚障害(後索障害)
C4-5椎間:C6領域+手全体
C5-6椎間:4本の指(母指除く)
というような傾向になっています。

また脊髄の障害がより外側に広がると、下肢体幹の感覚障害が生じます(末梢からのパターンが多い)。

スポンサードサーチ

脊髄症候における運動の問題

筋力低下や筋萎縮が見られます。
多くの椎間をまたがって障害が生じている場合、上肢の広い範囲で筋力低下や筋萎縮が見られます。
脊髄の中心部よりもより外側に障害が広がれば、下肢の痙性麻痺が生じます。

脊髄症候における腱反射の問題

原則的には障害髄節レベルの腱反射は低下、障害髄節レベルよりも下位の腱反射は亢進します。

PTOTSTが今より給料を上げる具体的方法

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

とにかく行動(登録)!管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】