骨粗鬆症では、骨折のリスクが高まるなど、日常生活に影響を及ぼす可能性が高くなります。骨粗鬆症改善方法のひとつとして、薬物療法があります。今回、骨粗鬆症改善のための薬物療法の基礎知識について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

骨粗鬆症改善のための薬物療法の基礎知識

スポンサードサーチ

文献

スポンサードサーチ

圧迫骨折についてのおすすめ記事

 

 

スポンサードサーチ

骨粗鬆症を引き起こす要因

骨粗鬆症は、その発症要因により2つに分けられます。

原発性
加齢、閉経など

続発性
糖尿病、関節リウマチ、副甲状腺機能亢進症、慢性腎不全、長期間のステロイド剤の服用、栄養吸収障害、運動不足、廃用症候群など

スポンサードサーチ

骨粗鬆症における薬物療法(骨吸収の抑制剤)

ビスフォスホネート

破骨細胞の働きを妨げ、骨吸収の作用を抑える目的があります。
骨内から血液に取り込まれるカルシウムのペースが遅くなり、骨内のカルシウム量が維持されます。

商品名は「ボナロン」「ベネット」「ボルテオ」「ボンビバ」などがあります。
副作用として、顎骨壊死や顎骨骨髄炎、非定型大腿骨骨折の問題があります。

スポンサードサーチ

抗RANKL抗体

骨粗鬆症や癌の骨転移では、RANKLと呼ばれる物質の値が異常に高いことがわかっています。
抗RANKL抗体はこれを抑制する目的があります。
商品名は「プラリア」などがあります。

選択的エストロゲン調節薬

骨以外の臓器に作用せず、乳癌や血栓の発生率を高めないとされています。
骨質(骨の強さ:しなり・復元力)の改善を目的とします。
商品名は「エビスタ」「ビビアント」などがあります。
副作用として乳房筋満があります。

スポンサードサーチ

カルシトニン製剤

注射薬で、骨吸収の抑制と骨形成の促進の作用があります。
骨粗鬆症による圧迫骨折での腰背部痛軽減作用があります。
副作用は頬の紅潮、悪心があります。

女性ホルモン製剤

エストロゲン補填により、骨吸収を抑制する作用があります。
商品名は「エルカトニン」「サケカルシトニン」などがあります。
副作用は乳癌、子宮体癌、血栓症があります。

スポンサードサーチ

骨粗鬆症における薬物療法(骨形成の促進薬)

スポンサードサーチ

副甲状腺ホルモン製剤

骨芽細胞と破骨細胞の作用を良好に保つ働きがあります。
骨量と骨質の両方に作用し、骨粗鬆症や骨粗鬆性骨折にも有効となります。
骨折治癒促進や抜釘後の骨強度増強の作用もあります。
副作用は、ラットでは骨肉腫の発生があり、使用期間が決められています。
商品名は「テリボン」「フォルテオ」などがあります。

活性型ビタミンD3製剤

腸管からのカルシウム吸収、腎臓でのカルシウム再吸収を促進する作用があります。
血中カルシウム濃度を高めます。
商品名は「カルシトリオール」「アルファロール」「ロカルトール」「エルデカルシトール」などがあります。
副作用には高カルシウム血症があり、急性腎不全、腎結石、尿路結石を引き起こす可能性があります。

スポンサードサーチ

ビタミンK2

骨基質の合成を高める作用があります。
商品名は「メナテトレノン」などがあります。
副作用として、ワーファリンの血液凝固作用を妨げます。

キャリアアップしたい!休日を多くしたい!給与を上げたい!バイトしたい!

 どちらもオススメ度☆☆☆☆☆ 【PTOT人材バンク】 PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】 登録することで非公開求人が確認できます!